生命保険は海外で死亡したらどうなるの?保険金は払われる?

 

「今入っている生命保険って海外で死んだときも保険金払われるのかなぁ?」

「日本の保険会社だから日本に住んでる場合だけだったりして…」

 

海外の地で生活をすることになった…出国するまではいろいろと準備などで忙しく、また慣れない土地での暮らしに不安を感じることもありますよね。

 

そんなときに、ふと気がついた…そう!生命保険のことです。

 

万が一の場合にそなえて入っている生命保険ですが…仕事の都合や留学などで海外に住むようになった場合、入っている保険はそのまま海外でも保障されるのでしょうか?

 

死亡した場合の保険金が日本の国内では支払われても、海外で死亡した場合は無効なんてことがあったりして…。

 

そこで…

  • 加入している生命保険は海外でも保障されるの?
  • 海外で死亡した場合、保険金の請求はどうすればいいの?
  • 海外に住むことになった場合、生命保険に関してなにか必要な手続き気をつけた方がいいことは?

など、

 

海外転勤や留学などで海外に暮らすことになった場合の、現在入っている生命保険についての疑問をまとめてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

海外で死亡しても保険は払われる?

 

今まで保険料をかけてきた生命保険、転勤や留学などで海外に住むようになって、もしものことがあったときに保険金は払われるのでしょうか?

 

答えは…

 

海外で生活しているあいだに万が一のことがあって死亡したとしても、生命保険の死亡保険金は支払われます

 

日本の国内で入った生命保険だから、日本で死亡した場合しか保険金が出ないとか海外で生活している間に死亡しても保険金が支払われない、などということはありません。

 

海外で生活していても国内に居ても、約款(やっかん)といって、それぞれの保険の保障の内容などについて細かく書かれている生命保険の規定に出ているとおりに保障されているのです。

 

 

ただし海外に滞在することになったとき、入っている生命保険について…

  • 保険会社に提出する書類がある
  • 保険料の払い込み方法を変えておいたほうが良い場合がある
  • 海外に滞在している間、保険の契約について気をつけたほうが良いこと
  • 海外に滞在している間、保険の契約について取り扱いしてもらえないこと

など、事前の手続きや覚えておいた方がよい点があります。




 

海外に渡航する前にしておくこと

 

転勤や留学などで海外に住むことになった場合でも、入っている生命保険は日本にいるときと同じように、契約している内容の保障があります。

 

ただし、海外に滞在することになった場合には保険会社に提出しておく書類、場合によって必要な手続きがあります。

 

「海外渡航届」を提出する

 

転勤や留学などで海外に滞在することになったときには、そのことを保険会社に届ける書類があります。

 

それは…

  • 海外渡航届(それぞれの保険会社で書類が用意されています)
  • 免許証などの本人確認書類

です。

 

「海外渡航届」で届ける項目は、

  • 加入してる生命保険の証券番号
  • 契約者の氏名
  • 渡航予定日
  • 帰国予定日
  • 渡航先の住所や電話番号、Eメールアドレス
  • 渡航中の国内での代理人の氏名と住所・連絡先

などです。

 

この海外渡航届は海外勤務や留学する場合のように長期で海外に滞在するときに提出しますが、海外旅行の場合は提出する必要はありません。

 

 

海外渡航届に記入する「代理人」は、国内にいる家族などに指定することになると思いますが、代理人に指定された人は、

  • 保険会社からの通知の受け取ったり、連絡先になる
  • 保険料を振り込みで払う場合に金融機関で払込をする

ことなどを本人に代わってします。

 

海外渡航届は「手続き」というよりも、海外に行くことになったことと渡航している間の連絡先などを保険会社にしらせておく、という感じの書類です。

 

また、海外勤務や留学を終わって日本に帰ってきたときには、「帰国届」というものを保険会社に提出します。

 

保険料の払い込み方法を変更する

 

海外に滞在している間、毎回の保険料が確実に払い込まれるように、変更が必要な場合は手続きしておきます。

  • 銀行口座からの引き落としだったが、その口座は使わなくなる
  • クレジットカード払いだったが、そのカードやそのカードの引き落し口座を使わなくなる
  • 給与天引き(団体扱い)だったが、異動後は会社で天引きしてもらえない

などの場合には、渡航後に保険料の払い込みができなくなってしまうので、払い込みができる方法に変更しておきます(銀行口座は使わなくなるので、海外に行ってからも使えるクレジットカードの支払いに変更するなど)。

 

 

また、海外に滞在しているあいだ銀行などからの引き落としが難しい場合には、「代理人に振り込んでもらう」「保険料を前納する」という方法があります。

 

  • 代理人に振り込んでもらう
    海外渡航届で名前を届けてある「代理人」に毎回の保険料を保険会社あてに振り込んでもらいます。
  • 保険料を前納する
    「前納(ぜんのう)」というのは、保険料を前もって先々の分まで払ってしまう方法です。出国する前に保険料を「前納」して払っておけば、途中で保険料が払い込みがなくて保険が失効してしまうのを防ぐことができます。

 

 
スポンサード リンク


 

保険金をもらう場合は?

 

海外勤務や留学中に万が一のことがあって海外で死んでしまった場合でも、入っていた生命保険から死亡保険金は支払われます。

 

では、海外に滞在している間に病気や事故などで死亡した場合、保険金をもらうためには手続きをどのようにすればいいのでしょうか?

 

死亡保険金を受け取るための手続きには、

  • 死亡診断書(または死亡検案書)
  • 亡くなっていることが記載されている(除籍といいます)戸籍謄本または戸籍抄本
  • 災害や事故などで死亡した場合に保険金を割り増して支払う保障などがついている保険の場合は、災害や事故で死亡したことがわかる現地の新聞記事や交通事故であれば交通事故証明書、保険会社の受傷状況報告書

などの書類が必要になります。

 

 

死亡保険金の受取人が、国内にいる家族などの場合であれば…

  • 死亡診断書や死亡検案書、災害・事故のときの新聞記事、交通事故証明書を現地の病院や警察から取り寄せる
  • 役所で死亡届を出して除籍(じょせき)の手続きをする

 

死亡保険金の受取人が一緒に海外へ渡航していた家族の場合は…

  • 現地で死亡診断書や死亡検案書、新聞記事や交通事故証明書などの必要書類をそろえておく
  • 帰国してから役所に死亡届を提出、除籍(じょせき)の手続きをする

 

そして保険金の手続きに必要な書類がそろったら、保険金の請求手続きの用紙などと一緒に保険会社に提出をします。

 

生命保険の死亡保険金は海外の口座には送金してもらうことができないので、日本国内で開設してある口座に振り込んでもらうことになります。

 

海外に移住している場合や外国に帰化した場合は、保険会社の取り扱いが違う場合があるので、コールセンターなどを通じて個別に保険会社へ問い合わせましょう。

 

海外に渡航する場合に注意しておきたいこと

 

生命保険の保険金は海外で死亡した場合でも、国内の場合と同じように支払われますが、海外に滞在中は受付をしてもらえない手続きがあるので注意が必要です。

 

海外に渡航している間は…

  • 加入している契約の保険金を増額する
  • 加入している生命保険の契約に特約をつける
  • 契約が失効してしまった場合の復活(契約を元に戻すこと)

などの手続きの取り扱いをしてもらえません。

 

 

このなかでも契約の「失効」にはとくに注意が必要です。ふつうは保険の契約が失効してしまった場合は、医師の診査を受けたり健康状態を告知(告知書という書類に申告する)をして、健康状態などに問題がなければ、遅れている保険料を払い込んで契約はもとに戻ります。

 

ところが海外では、この「医師の診査」や「健康状態の告知」を保険会社が取り扱わないので、保険の契約を復活したくてもできないことになり、大事な保険の保障が無効になってしまいます。

 

海外に渡航する前にしておくこととして「保険料の払い込み方法を確実な方法に変更しておく」のは、保険料の払い込みが途中で遅れてしまい契約が失効してしまうのを防ぐためです。

生命保険の失効と復活についてはこちらの記事へ

 

保険会社に確認する

 

海外勤務や留学などで海外に行く前は、いろいろな手続き、引っ越しなどで何かと忙しいですが、生命保険の関係の手続きなどについても漏れのないようにしましょう。

 

それぞれの保険会社では、海外に渡航予定の人向けにホームページなどでも情報を提供しています。

 

また保険会社によっては、渡航前、渡航後の手続き、海外からの問い合わせ先、海外渡航届などの手続き書類の記入見本などが出ている「海外渡航のてびき」という冊子を用意しているので、海外へ行く前の準備にもらっておきましょう。

 

個別の契約についての問い合わせや不明な点は、保険会社のコールセンターを通じて、渡航前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

 

ところが、いざ渡航してから万が一のことがあった場合に大事な保険が役にたたなかった…ということでは大変ですので、渡航する前には十分に確認をしておくようにしましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

他人の車を運転中に交通事故!?保険の補償はどうする?

 

「いや~この先ず~っと渋滞かぁ…」

「疲れたでしょ。運転代わろうか?

 

朝の出発からハンドルを握りっぱなしだったドライバーを気づかったつもりのひと言が、こんな悲惨なことになるとは…。

 

これ…

 

他人の車の運転を代わって交通事故を起こしてしまった時の恐ろしい話です。

 

事故を起こしてしまった車は自動車保険に入っているのに…その保険を使うことができない?!

 

そして…

 

多額の賠償金、治療費や修理代をすべて自分が払う責任を負うことになってしまった…。

 

なんていうことがあり得るのです。

 

交通事故のことなんか想像したくありませんが、起きてからでは遅いので…

  • 友達の車に乗せてもらって旅行をするけれど、途中で運転を代わるかもしれない
  • 彼の車でドライブするときには運転を代わることがある

など、

他人の車の運転を代わることがあるなら、ぜひ確認しておきたいことと、万が一の事故に備えての対策についてまとめてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

運転していた車の保険が使えない?!

 

自動車保険は万が一の事故のためにかけているんだから、大丈夫でしょ!」

そう思いたいところですが、他人の車の運転を代わって事故を起こしてしまったとき…その車の保険が必ず使えるとは限らないのです。

 

運転する人や年齢が限定されていた

 

ドライブの途中で運転を代わった車で、交通事故を起こしてしまった…。

 

警察を呼んで現場検証をしてもらって、そうだ!とりあえず保険会社に連絡をして…現場でバタバタと事故の対応をしていたら大変なことが発覚!!

 

「今回の事故には、この車の自動車保険は使えない…」

 

想像しただけでも恐ろしくなりますが、実際にあり得る話なのです。

 

 

運転を代わって事故を起こしてしまった車が入っていた自動車保険が、「リスク細分型」というタイプの自動車保険だった場合などがまさにそうです。

 

車を運転する人を持ち主の家族に限定したり、運転する人の年齢を「〇〇才以上」などと限定している自動車保険の場合には、運転をしていた人がその条件に入っていなければ、その事故は保険の対象として補償されないのです。

 

事故の損害の補償に自動車保険が使えないということは…自分で賠償しなければいけないという、なんとも恐ろしいことになります。

 

自動車保険に限定がなくても

 

運転を代わって事故を起こしてしまった車の自動車保険に「家族限定」や「本人限定」「年齢による限定」がついていないとしても、車の持ち主がその自動車保険を使うことを嫌がることも考えられます。

 

例えば、ほかの車と接触事故を起こしてしまった場合に、運転していた車が加入している自動車保険を使うことができれば、相手の車の修理費用を保険でカバーできます。

 

 

また車両保険に入っていれば、運転していた車の修理費用も保険でまかなうことができます(免責といって一部自己負担がある場合があります)。

 

ところが「保険を使うと来年から等級が上がって保険料が高くなるから嫌だ!」とか「運転していたのだから修理代は自分で払って!」などと言われて、自動車保険をつかうことを嫌がられることも考えられます。

 

そうなれば、修理代その他の費用を自分で払わないといけないことになります。

 

対人の場合は「自賠責保険」があるけど…

 

人身事故を起こしてしまった…という場合には、死亡や後遺障害などの補償に自賠責保険」が使われます。そして「自賠責保険」の補償では足りない分について自動車保険(任意保険)が使われるという仕組みになっています。

 

「自賠責保険」は車にかかっている保険なので、事故を起こしてしまった時に運転していた人が「誰か」は関係なく補償されますし、翌年の保険料が上がるということもありません。

 

他人の車の運転を代わって事故を起こしてしまった場合には、その車の自賠責保険を使うことになりますが、補償の対象になっているのは「人身事故」だけなので、物損事故や車両の修理費用は自分で払わなければいけないことになります。

 

また「自賠責保険」で補償される金額は、死亡の場合で3,000万円まで、後遺障害の場合で4,000万円まで、傷害が120万円までです。

 

「自賠責保険」の補償では足りないということになった場合、自動車保険(任意保険)を使うことができなければ、その差額はすべて自分が払わなければいけないということになります。

 

 
スポンサード リンク


 

自分で車を持っている

 

他人の車の運転を代わって事故を起こしてしまったとき、その車の自動車保険を使うことができなければ、自分で多額の補償を払うことになる…考えただけでも恐ろしい話です。

 

ところが自分や家族が車を持っていて、自動車保険に加入していれば、話が変わってきます。

 

それは…

 

ほとんどの自動車保険には「他車運転特約」「他車運転危険補償特約」というような名前の特約がついています。

 

自動車保険にこの特約がついていると、他人の車を運転しているときに起こしてしまった事故も補償してもらうことができるのです。

 

他車運転特約

 

「他車運転特約」(保険会社によっては他車運転危険補償特約という名前のところもあります)は、ほとんどの自動車保険に自動でセットされている特約です。

 

友達など他人の車を借りたり、運転を代わった時に事故を起こしてしまった場合に、自分の車にかけている自動車保険を事故の補償に使うことができる、というありがたい特約です。

 

友人知人の車だけではなく、レンタカーや車検などのときの代車を借りた場合の事故にも使うことができます。

 

 

また自分の車に車両保険をかけている場合は、その車両保険の保険金額の範囲内で、事故を起こしてしまった車の修理にあてることができます。

 

この他車運転特約を使った場合は自分の自動車保険の等級は次の年から3等級下がることになりますが、事故を起こしてしまった車の持ち主の保険は使わないので持ち主の等級が下がることもありません。

 

補償されない場合もあるので注意!

 

他人の車を運転しているときに起こしてしまった事故を補償してくれる、とても助かる「他車運転特約」ですが、どんな場合にも使えるわけではなく対象にならない場合もあるので注意が必要です。

 

  • 営業用の車などは対象外
    「自家用」の車はほとんどの車種が補償を受けられるのですが、運送業などで使われる「緑ナンバー」「黒ナンバー」の車、建設用の車両、2トンを超える車両、法人が持ち主になっている車などを運転していた時の事故は対象外です。
  • 走行中の事故のみが対象
    走行中に起きた事故のみが対象で、駐車中、停車中の事故は対象外です。たとえば駐車、停車していたときの「当て逃げ」などは補償されません。
    車が停まっていても信号待ちや踏切での列車通過待ちをしている間の事故は対象になります。




 

家族が車を持っている

 

家族が車を持っている場合は、その車の自動車保険についている「他車運転特約」を使うことで、他の車に乗っていたときの事故に対応することができます。

 

ただし家族がかけている自動車保険の場合、車を運転する人を限定していたり、運転する人の年齢を限定していたりすると「他車運転特約が使えない!」ということがあるので注意しましょう。

 

加入している自動車保険で、車を運転する人や運転する人の年齢を限定したりしていなければ…

  • 「記名被保険者」といって主にその車を運転する人
  • 記名被保険者の配偶者
  • 同居している親族
  • 別居している未婚の子ども

の範囲の人が「他車運転特約」を使うことができます。

 

 

ところが…

 

家族がかけている自動車保険に「本人限定」や「夫婦限定」などの限定特約がついていると、同居している子どもでも「他車運転特約」は使えないということになります。

 

同じように「26歳未満不担保」など運転する人の年齢条件を限定していた場合に、自分がその年齢の条件に入っていないと「他車運転特約」は使えません。

 

また「別居の未婚の子ども」は他車運転特約の対象になるので、実家を離れて暮らしていても自分が独身であれば、親の自動車保険の「他車運転特約」を使えますが、結婚していて実家を離れている場合は対象になりません。

 

「1日分の自動車保険」

 

他人の車の運転を代わった時に起きてしまった事故…。

 

そんな「まさか」の事態に使うことができる、ありがたい他車運転特約ですが、

  • 自分自身も家族も車を持っていないので、自動車保険に入っていない
  • 家族が自動車保険に入っているが、運転する人や年齢が限定されていて、自分は保険の対象になっていない

というような場合、手軽に備えることができる自動車保険があります。

 

それは「24時間単位型自動車保険」というもので、1日分から入れる自動車保険です。

 

特長としては…

  • 保険料は1日500円~
  • 最大7日間まで契約できる
  • スマホやコンビニで簡単に契約できる
  • 他にも運転する人がいる場合、最大4人まで追加できる(保険料は変わります)
  • 渋滞などで運転する時間が延びそうなときはスマホで契約を延長することができる
  • 車両保険をセットするプランを選べば、運転していた車の修理費用などが補償される(上限300万円)
  • 事故の時にはロードサービスをうけることもできる

ということで使い勝手のよい自動車保険です。

 

 

ただし…

  • レンタカーやカーシェアリングの車は対象になりません(レンタカーの契約には対人・対物が無制限、車両の補償、人身傷害の補償などが含まれています)
  • 自分の車や家族の車は対象外です
  • 申し込みの時に登録番号(車のナンバー)の入力が必要です

 

他人の車の運転を代わったときに、とにかく怖いのが、

  • その車の自動車保険には家族限定などの限定特約がついていて自分は対象外だった
  • 家族が自動車保険に入っているが、本人限定や年齢限定があって自分は対象外だった

などが原因で、人身事故や大きな対物事故の賠償に自動車保険の保障がないことです。

 

「24時間単位型自動車保険」に入っておけば、「自動車保険の保障がないまま運転していた」ということがなくなるので安心です。

 

 
スポンサード リンク


 

ドライブや旅行の前には保険をチェックしよう!

 

友達などと車で旅行に行く、週末にドライブに出かけるなどの予定があるときには、「自動車保険はどうなのか?」を一度チェックしておきましょう。

 

自分で車を持っている人、家族が車を持っている人は、自動車保険の保険証券を見てみたり家族に聞いてみる、または保険会社のコールセンターに問いあわせてもよいかと思います。

 

 自分の車を持っている場合
 「他車運転特約」はほとんどの保険会社で自動車保険にセットになっていますが、念のため特約がついているかどうか、保険証券を見てみるかコールセンターに問い合わせて確認しておきましょう

 

 家族が車を持っている場合
 家族が加入している自動車保険に「本人限定」や「夫婦限定」「〇〇才以上補償」などの限定条件がついていないかどうかを確認しましょう

 

 家族の保険に条件がついていた場合
 家族と話して「限定」の条件をはずす手続きをしてもらう(保険料が上がります)か、条件をそのままにする場合、出かけるときには忘れずに「24時間単位型自動車保険」に加入しておきましょう

 

 自分も家族も車を持っていない場合
 車を出してくれる人に前もって確認できるなら、自動車保険の補償について聞いてみましょう。わからない、聞きにくい…などの場合には出発前にスマホで「24時間単位型自動車保険」に加入しておきましょう

 

 

ドライブや旅行の話をしていて盛り上がっているときに「補償の条件はどうなっているの?」などと保険の話をするのは、シラケるような感じがするかもしれません…。

 

ただ…

「たぶん大丈夫!」は交通事故には通用しません。命にかかわるような事故を起こしてしまった後に「こんなはずじゃなかったのに…」ということにならないためにも、自動車保険の補償はかならず確認することをおすすめします。

 

「24時間単位型自動車保険」は手続きも簡単で、保険料も1日500円~と手ごろです。結果的に運転を代わることがなかったとしても、安心して旅行やドライブが楽しめるように、万が一に備えて加入しておきましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

クーリングオフのやり方は?生命保険をキャンセルしたい!

 

「少し考えさせてくださいって言えばよかった…話を聞くだけっていうことだったのに…」

「できるならばクーリングオフしたい…」

 

生命保険の勧誘で、ついつい営業の人のペースに巻き込まれて申し込んだものの、冷静になって考えてみたら「これでよかったのか?」と感じる点がいろいろ出てきた…できればクーリングオフしてあらためて検討しなおしたい…。

 

そう思ったものの、生命保険のクーリンオフって色々条件があって難しそうだし、知っている営業の人から入っていたりすると言い出しにくい、なんていうこともありますよね。

 

そこで、

 

生命保険のクーリングオフについての疑問やわかりづらいところ、例えば…

  • クーリンオフができる場合とダメな場合がある?
  • 自分の契約の場合はクーリングオフできるの?
  • どんな内容を連絡すればいいの?
  • 「内容証明」「ハガキ」クーリングオフは何で送ればいいの?
  • 担当の人に連絡するのは気まずいけど、どうしたらいい…?

などについて、生命保険をクーリングオフするときの記入例なども入れてまとめてみました。

 

また、よく「クーリングオフができない」と言われているケースでも、実際はクーリングオフの対応をしてもらえる…という「注意しておきたい点」についても触れていきたいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

生命保険のクーリングオフ制度

 

一度は生命保険に入るつもりで契約してしまったけれど、やっぱり取りやめにしたい…

 

生命保険にも「クーリングオフ」の制度があるので、一定の期間内であれば無条件で申し込みをキャンセルすることができます。

 

ただ、どんな場合でもクーリングオフできるわけではなく、クーリングオフが適用されない場合があるので注意が必要です。

 

そして…

 

インターネットの情報などで「クーリングオフが出来ない場合」と書かれている場合でも、保険会社の実務上ではクーリングオフの対象として対応しているものがあります。

 

「クーリングオフの対象外」と思いこんで申し出をしなかったけれど、実はクーリングオフが可能だった…なんていうこともあり得るのです。

 

では…

  • 「クーリングオフができない場合

そして、

  • 「クーリングオフができないと思われているけれど、実はクーリングオフの対象になっている場合」

についてまとめておきたいと思います。

 

クーリングオフが適用されない場合

 

生命保険の契約は、どんな場合でもクーリングオフができるわけではなく、クーリングオフが適用にならない場合があります。

 

次のような場合はクーリングオフができません。

  • 保険会社が指定した医師の診査を受けた場合
    保険に入るのに医者の診査が必要な場合に、その診査を受けた場合。

    ※対面(会社によってWebの場合もあります)で健康状態や職業などを質問する「面接士」の場合はクーリングオフの対象です。

 

  • 現在入っている生命保険の契約に「特約」をつけたり、保険金額を増やしたりする「内容変更」の場合。

    ※現在入っている保険を下取りして、新しい保険に入る「転換」の場合はクーリングオフの対象です。

 

  • 保険の期間が1年以内の生命保険
    個人で契約して入る生命保険では期間の短い保険はあまりありませんが、保険期間が1年以内の生命保険にはクーリングオフの適用がありません。

 

  • 債務履行の担保のための保険契約
    住宅ローンを利用するときに加入する団体信用生命保険(団信)などの保険。

 

  • 法人が契約者になって加入する保険
    会社の福利厚生などの目的で、法人(会社など)が契約者になって役員や従業員が加入する生命保険。

 

 

「医師の診査を受けた場合」がクーリングオフの対象にならないのは、生命保険の内容について説明をうけて申し込みの書類にも記入、その上で保険会社が指定した医師の診査をうけているので、「申し込みの意思がはっきりしている」ということになるからです。

 

実はクーリングオフができる場合

 

生命保険のことについて書かれている本やウェブサイトなどでは、「クーリングオフが適用されない場合」と書かれていても、実際は「クーリングオフが適用される」場合があります。

 

それは…

  • 銀行や保険会社の窓口、保険ショップの店頭などで契約した場合
  • 契約の手続きをする場所を自分から指定していた場合
  • 自分であらかじめ訪問日や契約の申込みをしたいと言って店頭で契約した場合
  • 保険料を振り込んでしまっている場合
  • 通信販売の契約
  • インターネットから申し込んだ場合

などです。

 

ここにあげたような場合の契約は、保険に関する法令(保険業法)ではクーリングオフの適用外となっています。

 

ですが各保険会社では、このような「法令上はクーリングオフの対象外になっているケース」に対しても、実務上は自主的にクーリングオフを適用して対応しています。

 

「店頭で申込んだから…」「自分でインターネットから申込んだから…」など、クーリングオフは適用されないと思い込んであきらめたけれど、実はクーリングオフができる契約だった…ということがあり得るのです。

 

この保険会社が自主的にクーリングオフを適用しているケースは、どこの生命保険会社も取り扱いに違いや差はなく、一律に対応しています。

 

 
スポンサード リンク


 

クーリングオフのやり方は?

 

申込んだ生命保険をクーリングオフするには…

  • 「生命保険の申込日」または「クーリングオフに関する書面を受け取った日」から8日以内
  • 保険会社あてに書面で通知

をすれば生命保険の申し込みをキャンセルすることができます。

 

「8日以内」よりも長い場合もある

 

生命保険のクーリングオフができる期間は、一般的に申込日などから「8日以内」となっています。

 

生命保険会社によっては、クーリングオフの期間を独自に「10日以内」「15日以内「20日以内」など、長めにしているところもあります。

 

クーリングオフの期間が何日間なのかは、契約のときに渡される「注意喚起情報(重要事項説明書)」または保険会社のホームページにでているので確認しましょう。

 

いつからか?

 

クーリングオフの期間は、

  • 生命保険の申し込み日

または

  • クーリングオフに関する書面を受け取った日

から8日以内となっていますが、この「書面を受け取った日」はほとんどが「申し込み日」と一緒です。

 

この「書面」というのは、生命保険の申し込みのときに渡される「注意喚起情報(重要事項説明書)」という書類のことだからです。

 

また保険会社によっては、

  • 保険料を振り込んだ場合に、保険料が保険会社の口座に入金になった日から
  • クレジットカード払いの場合に、クレジットカードの利用票を受け取った日から

などというように、「申し込み日」よりもさらに遅く期限を決めている場合もあります。

 

クーリングオフの期間が「いつから」なのかについても、契約のときに渡される「注意喚起情報(重要事項説明書)」または保険会社のホームページに出ているので確認してみましょう。




 

クーリングオフの書類の記入例

 

クーリングオフをするために保険会社に送る「書面」には次のような項目を記入します。

 

 

  • 申込日は契約書を記入した日を書きましょう。
  • 保険の申込書に印鑑を押した場合は、同じ印鑑を押します。
  • 保険の種類や領収書番号は、わからなければ不要です。

 

クーリングオフの書類は何で出したらいいの?

 

生命保険のクーリングオフは「保険会社あてに書面で通知」することになっていますが、この「書面」は何で出したらいいのでしょう?

 

この「書面」には特に決められたものはないので、

  • 必要な項目がきちんと書かれている
  • 申し出日(郵便であれば消印)がクーリングオフの期間内

であれば、保険会社に出すのはハガキでもFAXでも大丈夫です。

 

ですが…

  • いつ出したのか、申し出をした日がハッキリわかる
  • 何かのトラブルで届いていなかったということがない(郵便事故や通信障害など)
  • 自分の手元に書類を送ったこと(日付も含めて)の「控え」が残る

など、「送った」「届いていない」などの行き違いがなく、確実にクーリングオフができるように、「内容証明」か「簡易書留」で送るようにするとよいでしょう。

 

 

どちらも郵便局の窓口から出しますが、それぞれの特長として…

  • 「内容証明」は、
    誰から誰に、いつ、どのような内容の文書が出されたかを郵便局で証明してくれます。
  • 「簡易書留」は、
    郵便局での引き受けと配達の記録がのこります。

 

「内容証明」は送った文書の内容も証明してくれるので完璧ですが、個人的には、郵便局で出した日と保険会社に配達された記録が残れば十分なので「簡易書留」で用が足りると思います。

 

 
スポンサード リンク


 

クーリングオフができなかった場合は?

 

生命保険をクーリングオフしようと思ったものの…

  • すでに医師の診査を受けてしまっている
  • 書面を送ったけれど期間内に届いていなかった
  • クーリングオフしようと思った時には期間が過ぎていた

などでクーリングオフができなかった…という場合はどうしたらよいのでしょう?

 

この場合は生命保険の契約が「成立」といって有効になってしまっているので、その契約を取りやめたいという場合は「解約」の手続きをとることになります。

 

「解約」の手続きは保険会社のコールセンターに連絡をすれば、手続き書類を送ってもらえます。

 

ただし「解約」はクーリングオフとは違うので…

  • クーリングオフは保険の申し込みそのものが無かったことになりますが、解約は有効になった契約を途中でやめることになります
  • クーリングオフの場合は払った保険料が戻ってきますが、解約の場合は保険料は戻ってきません(解約返戻金があれば戻りがあります)
  • 解約の場合は、保険に入った履歴が残ることになります。もしも同じ保険会社であらたに保険に入りなおそうとすると、保険金や入院給付金の金額の制限がかかる場合があります。

 

 

また「消費者契約法」という法律によって契約の取り消しを求める方法もありますが、こちらはクーリングオフと違って「無条件」で契約が取り消しになることはありません。

 

消費者契約法の場合は…

  • 「説明のなかに明らかなウソがあった」とか「契約するまで返してもらえなかった」など、明らかに法律に違反している
  • そして消費者(保険を契約した人)が、その違反行為があったことを証明しなければいけない

ということで、契約の内容や仕方が保険会社とのあいだでトラブルになって、消費生活センターなどに相談が持ちこまれるようなケースがほとんどです。

 

クーリングオフする場合は早めに

 

生命保険というと、知り合いの人から勧められたリ、営業の人を紹介されて加入することも多いと思います。

 

通信販売やインターネットで契約した場合は別ですが、やはり営業の人を通して契約した場合は「クーリングオフしたい」とは言いづらいかもしれません。

 

クーリングオフの申し出は、特に営業の人を通す必要はありませんので、直接「書面」を保険会社に送れば済みます。

 

「クーリングオフをして気まずい思いをしたくない…」などの理由でそのままにしたものの、払い続けられなくなったり、考えが変わらずに後から「解約」をするよりは、実は「クーリングオフ」のほうがベターなのです。

 

もちろんクーリングオフになると契約が無かったことにはなりますが、契約が成立してしまったあとから解約になると、営業の人にはペナルティーがあるからです。

 

たとえば一度給料で入ってきた営業成績の手当を戻さなければいけなかったり、営業職の査定のポイントがマイナスになったりするからです。

 

クーリングオフは契約自体がもともと無かったことになるので、担当の人の給料や査定に直接マイナスになることはありません。

 

自分自身にとっても、クーリングオフなら保険料が戻ってきますが解約すると保険料は戻ってこないというデメリットがありますので、クーリングオフをする場合は早めに対応することをおすすめします。

 

 
スポンサード リンク


 

セルフスタンドの給油!途中で止まるのはなぜ?上手な方法は?

 

「シュ~、カチッ!」

「シュ~、カチッ!!」

「何これ!?まだいくらも入ってないのに!!」

 

セルフ式のガソリンスタンドで、給油口にノズルを差して給油を始めたら、まだ満タンじゃないはずなのに、自動で止まってしまう…。

 

こんな経験ありませんか?

 

私はセルフ式のガソリンスタンドをよく利用するのですが、給油がすぐに止まってしまうことはしょっちゅうです。

 

せっかちな性格なのでイライラするんですよね(笑)…。

 

満タンになったときに給油口からガソリンが吹きこぼれてしまわないように、そういう仕組みになっているのはわかるのですが…。

 

でも、できるなら途中で止まらずにスムーズに給油したい!

 

そこで、セルフ式のガソリンスタンドで給油をするとき、

  • なぜ途中で止まってしまうのか?
  • 上手な給油の方法はあるのか?

について調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

なぜ満タンじゃないのに止まるの?

 

セルフ式のガソリンスタンドで自分の車に給油しようとすると、だいたい入れ始めたところでよく止まってしまいます

 

すぐにノズルのレバーを引いても、2~3回止まるのです。

 

ガソリンスタンドの店員さんに聞いてみたのですが、満タンではないのに止まってしまう理由は2つあるそうです。

 

給油ノズルの安全装置

 

ガソリンスタンドの給油ノズルには、満タンになったときに自動的に給油が止まって吹きこぼれるのを防ぐ安全装置がついています。

 

この給油ノズルの安全装置の仕組みが、満タンではなくても給油が止まってしまうことに関係しているのです。

 

給油ノズルの口の部分には、ガソリンンが出てくる口の他にもう一つ穴があって、これが安全装置のセンサーになっています。

 

 

給油口からガソリンを給油すると、タンクの空きの部分の空気が給油口から出てきます。

 

出てきた空気がノズルの先の穴から入っている間は、タンクに空きがあるのでガソリンンが流れます。

 

このセンサーの穴にガソリンがあたって空気が入っていかなくなると、給油口の口の部分までガソリンが入っていることになり、給油が自動で止まります(オートストップ機能)

 

ガソリンが入り始めたときに、給油口のパイプの中で、入っていったガソリンとタンクになかから抜けてきた空気が混ざって泡になり、ノズルの先がふさがります。

 

そうするとのセンサーの穴に空気が入っていかないので、安全装置が働いてしまい給油が止まるのです。

 

ガソリンタンクのパイプの太さや形

 

セルフ式のガソリンスタンドで給油をしているときに途中で止まってしまうのは、給油口とガソリンタンクをつないでいるパイプの太さや形も関係しています。

 

トラックやオートバイの燃料タンクとちがって、普通車などは燃料タンクが給油口から少し離れているので、間がパイプでつながっています。

 

 

車種や燃料タンクがある場所、タンクの大きさなどによって、給油口と燃料タンクをつないでいるパイプの長さ、太さ、形が違います。

 

例えば、給油口から燃料タンクまでパイプに角度がついていたり、排気量の大きい車に比べて軽自動車のパイプの方が細かったりするなど、給油したときタンクからの空気の抜け方に違いがあるので、安全装置のセンサーがしやすくなります。

 

私が自家用に乗っている軽自動車だと、給油の時に必ずといっていいほど入れ始めで何回か止まります。

 

ところが仕事で乗っている会社のバンはどこのガソリンスタンドで給油しても途中で止まるということはありません。

 

これも車種や車の大きさ、タンクやパイプの形、太さが関係しているのではないかと思います。

 

途中で止まらない上手な給油の仕方は?

 

セルフ式の給油の時に止まらずに入れられるかどうかは、車種やスタンドの給油機によっても違いがあります。

 

自家用車では決まって毎回のように止まってしまうので、何か良い方法はないかと思い、いつも給油しているガソリンスタンドの店員さんに聞いてみました。

 

「絶対の方法ではないけど…」といいつつ、店員さんが実際に給油しながら教えてくれた途中で止まりにくい方法「4つ」です。

 

はじめだけレバーを弱めに引いて給油

 

  • ガソリンを入れ始めた最初だけ、ノズルのレバーを半分くらいだけ引いて、あまり勢いよく入らないように給油します。
        

  • こうすることで、タンクの中の空気が抜けるときにができにくくなり、安全装置のセンサーが作動することが少なくなります。
  • 2~3リットルガソリンが入ったところで、レバーをすべて引いて残りを給油する。

 

 

ノズルの角度を変えてみる

 

  • 差しているノズルを給油口のなかで上向きにしたりして角度を変えてみます。
  • 給油口に入っていくガソリンの流れを変えることで、タンクのなかの空気がスムーズになり安全装置のセンサーが作動することが少なくなります。

 

10秒くらい待って再開

 

  • 給油が途中で止まってしまったら10秒くらい待って、もう一度ノズルのレバーを引きます。
  • 給油をはじめたときにタンクの中の空気が抜けきっていないので、ガソリンがタンクに流れ込むのを待ってから入れるとスムーズに入りやすくなります。

 

給油口の音に注意してみる

 

  • 「10秒くらい待つ」と似ていますが、給油が止まってしまったときに給油口の所の音に注意してみましょう。
  • 給油口から「ゴボゴボッ」と音がしていたら、音がやむまで待ってから給油をはじめます。
  • 「ゴボゴボッ」という音がしているときは、給油口から入っていくガソリンとタンクの中から抜けてくる空気が中で混ざっている状態のときでセンサーが作動しやすいときです。

 

 
スポンサード リンク


 

何回か試してコツをつかむ

 

私が乗っている軽自動車のように、給油の時はたいてい入れ始めから給油が止まってしまう車もありますし、どこのスタンドで給油してもまったく止まらずにスムーズに給油できる車もあります。

 

私の車の場合は、はじめから勢いよく給油すると止まってしまうことが多いので、最初だけレバーを半分くらいだけ引いて弱めに給油しておいて、数リットル入ったところで普通に給油する方法が一番合っているようです。

 

 

「ノズルのレバーは全部引く」「給油が自動で止まったあとに継ぎ足し給油はしない」というのが、「給油の正しい手順(消防庁)」ということになっているので、ある程度ガソリンが入ってから今回の方法を試すのはお勧めしません。

 

「ベストな方法」がどれなのかは、車種にもよりますし給油機やノズルとの相性もあるので、「4つ」の方法を何回か試してみてコツをつかむようにするとよいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

プランターの土を捨てるには?使い終わった後どうする?

 

しばらく手入れをしていなかったバルコニーのプランター

 

何か花の苗を植えようと思いましたが、前に土を入れた時からずいぶん経っているので、新しく園芸用土を買ってきて土を入れ替えたい…。

 

ついでに、使わないプランターを整理して、要らない土を一緒に処分しよう!

 

そう思ったのですが…!

 

プランターや植木鉢などで使っている土を捨てたい場合、どうやって捨てればいいの?

 

という疑問が浮かんできました。

 

一戸建てで庭でもあれば、どこかすみの方に捨てておくとか植え込みの土と混ぜてしまえばいいのでしょうけど、マンションだからそれは無理…。

 

プランターで使っていた土を再生して使えるようにする方法もあるようですが、バルコニーだと土を混ぜあわせたりするのにスペースも十分じゃないし、ちょっと面倒…。

 

かといって、その辺の空き地や草むらに勝手に捨てるというのもどうかと思う…

 

ということで、プランターの土を捨てるのにはどうしたらよいか、調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

自治体のゴミ回収に出す

 

まずは住んでいる自治体で「プランターなどの土」をゴミとして回収していないか、市区町村のホームページや広報誌などで調べてみましょう。

 

自治体によっては「プランターなどの土」をゴミとして回収してくれます。

 

例えば…

  • 札幌市
    燃やせないゴミで出す(有料) なるべく小さい袋に入れる

 

  • 大阪市
    普通ゴミで出す ゴミに混ぜて少量ずつ捨てる

 

  • 福岡市
    燃えないゴミで出す 指定のゴミ袋に入れる

などです。

 

また…

  • 仙台市
    できれば自然に返して処分してほしい(具体的な方法は書いてありませんでした…)
    集合住宅などで難しい場合は、少量ずつ家庭ゴミで出す

というところもあります。

 

 

住んでいる市町村で土をゴミとして回収してくれるところであれば、これが一番簡単で確実な方法ではないでしょうか?

 

それぞれ、決められているゴミの区分にしたがって捨てるようにしましょう。

 

自治体の中には、「土」は回収ゴミとして出せないというところもあります。

 

例えば…

  • 千葉市 
    「土」は回収は不可。購入店、メーカーなどに問いあわせを。

 

実は…私の住んでいる地域も「土」はゴミとして出すことができません。不燃ごみ、粗大ごみでも回収は「不可」になっているので、方法を考えないといけないのです。

 

ホームセンターで回収してもらう

 

園芸用土を売っているホームセンターの中には、プランターなどで使った土を回収してくれるところがあります。

 

古くなった園芸用土を回収してくれるホームセンター

  • 「HOME’S(島忠)」
    購入した商品(土)と同等、同数の引き取りをしてくれる(不用品引き取りサービス)

 

  • 「ユニディ」
    土の捨て場が用意されているが園芸用土を買った人が対象

 

  • 「ジョイフル本田」
    園芸用土を買った場合に、その空き袋にいらなくなった土を詰めて持っていけば引き取ってくれる(石とか砂利は取りのぞいておく)

 

また…

  • カインズホーム
  • ロイヤル
  • ビバホーム
  • ケイヨーデイツー
  • コーナン

などでは「土」の回収はしていません(2018年5月現在)。

 

ここにあげたホームセンター以外のところでも、改修してくれるところがあるかもしれません。可能かどうかは、ホームページまたは電話で問い合わせをしてみてください。

 

 

ホームセンターで土を回収してもらえるのは、ほとんどがお店で「園芸用土」などを買った場合に古い土を引き取ってもらえる、ということのようです。

 

新しいものに植え替えたりするので園芸用土を買う場合はいいのですが、今回の私のように、ただ「いらない土を捨てたい」ということでは引き取ってもらえません。

 

いらない土を回収してくれる業者があった!

 

ネットで検索をして調べてみたら、ありました!

 

バイク、パソコン、楽器…などの回収というのはよく目にしますが、「土」の回収というのもあるんですね。

 

『WisteriaGarden(ウィステリアガーデン)』

ウィステリアガーデンのホームページ

東京都内が回収対象の地域になりますが、

  • 植物の根や茎が混ざっている土 1キロあたり80円(回収料金)+基本料金
  • 根や茎など混ざっていない土 1キロあたり40円(回収料金)+基本料金

で、自宅の玄関先まで回収に来てくれるというサービスです。

 

また東京都世田谷区内で月に2回行われている「資源持ち込み市」に持っていけば基本料金がかからずに回収料金のみで引き取ってもらえるようです。

 

他にも一定のエリア内で「回収サービス」を行っている業者がありますので「土 回収」などで検索してみましょう。

 

また、地域に関係なく「土」を回収してくれるサービスもありました。

 

『土の回収.COM』

土の回収ドットコムのホームページ

いらなくなった「土」を宅配便を使って回収してくれるサービスです。

料金は15kgまで2,700円です。料金を払うとビニール袋と宅配便の伝票がセットになった「回収キット」が届きます。

段ボールは自分で用意して、土を「回収キット」のビニール袋に入れて、重さを確認して発送すれば終わりです。

 

 
スポンサード リンク


 

残土処分業者に持ち込む

 

工事現場などで出た土砂などを引き取る「残土処分業者(産業廃棄物運搬業)」では、庭やプランターなどで使っていらなくなった園芸用の土を引き取ってくれるところがあります。

 

土のう袋(豪雨のときなどに家の入り口などに積んでいる土が入った袋)に入れ、持ち込んで引き取ってもらいます。

 

料金は土のう袋で1袋200円~500円です。

 

残土処分業者の場合は、土のに混ざっている根や茎、小石などを取りのぞかなくても、そのままで引き取ってもらえるようです。

 

 

どこの残土処分業の会社でも個人の持ち込みを受けつけているわけではありませんが、プランターの土をそのまま土のう袋に詰めればいいので、持ち込みが出来る場合は手軽な方法かもしれません。

 

※いきなり持ち込むことはできない場合もあるので、前もって問い合わせ、連絡をしておきましょう。

 

自治体のリサイクルサービスを利用する

 

自治体によっては住民向けに、土のリサイクルサービスをしているところがあります。

 

プランターなどで使われていた古い土を回収して、たい肥などをまぜて園芸用土として再生して無料配布をするというサービスです。

 

東京都中央区や江戸川区などでは、

  • 週1回、区内の小学校や清掃事務所、区のイベント会場などで土を回収
  • 一世帯20リットルの袋一つまで持ち込みが出来る
  • 区民が対象のサービス

 

大阪府営の住吉公園や住之江公園などでは、

  • 要らなくなった園芸用土を公園事務所で回収してくれる
  • 公園事務所で住所や名前などを記入して受付する
  • 1回1家庭あたり20リットルまでの上限がある

などです。

 

自治体のリサイクルサービスは、住民向けに行われているものなので無料で引き取ってもらえますし、回収場所もそれほど遠くないところが多いので手軽に土を処分することができます。

 

園芸用土としてリサイクルされた土は、希望者に無料で配布されているので、また植物が育つための「土」として使われるというのもいいですね。

 

住んでいる市町村や都道府県でこのようなサービスがあれば、「土」の処分方法として一番良いのではないかと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

他にも方法を考えてみた…

 

要らなくなった土を処分するのに、他にも何か良い方法がないか考えてみました。

  • 農家や家庭菜園をやっている人に引き取ってもらえないか相談してみる
  • 自分で土を再生して園芸用土として人にあげる

などの方法が思い浮かびましたが…

 

タイミングよく土を引き取ってくれる人、受け取ってくれる人を探して、見つかればいいのですが、少し時間と手間がかかかりそうです。

 

 

また、私は試しに近くの畑で「土」引き取ってもらえないか聞いてみたのですが、畑の土は育てる野菜に合わせて手入れをしているものなので、使い終わった土を持ってこられても困る…ということで断られてしまいました。

 

持ちこんで処分してもらいました

 

我が家のプランターで使い終わった土は、ゴミとして出すことができず、自治体のリサイクルサービスもないので、残土処分の業者へ持ち込んで処分してもらうことにしました。

 

土のう袋に入れ処分場へ持ち込んで、1袋15kgまで400円で引き取ってもらうことができました。

 

いくら「土」とはいっても、やたらに捨ててしまえば「不法投棄」ということになります。

 

自分で根や茎、小石などを取りのぞいて、再生材などを使って園芸用土として使えるようにすることが出来て、その土が再び植物を育てるのに使ってもらって役にたつならば、それが一番良い方法だと思います。

 

私の場合は、もらってくれる人が見つかりそうもなく、マンションの狭いベランダで土を再生するのも大変だったので、土の処分にかかる金額も「ガーデニングを楽しむための費用の一部」というように考えて有料での処分をお願いすることにした次第です。

 

 
スポンサード リンク


 

お薬手帳は自作のものではダメ!?ノートで代用することは?

 

「何かと病院にかかることが多いので、処方された薬の飲み合わせとかが心配。」

とか、

「子どもが病院にかかることが多いので、薬やアレルギーについての情報は病院や薬局できちんと伝えるようにしたい。」

 

そのためにも「お薬手帳」は使った方がいいと思っているけれど、つい持っていくのを忘れてしまったり、もらったものではすぐにページがいっぱいになってしまったり…。

 

ならば「お薬手帳」を自作して持っていくというのはダメなの?

 

薬と一緒にわたされるシールを「お薬手帳」に貼りながら、そう思いました。

 

自分の気に入ったノートを使って自作した「お薬手帳」でもいいのなら、使い勝手も良くて便利そうですよね?

 

そこで、

  • お薬手帳は自作したものではダメなのか?
  • 大きさやページ数など様式にきまりはあるの?
  • お薬手帳として必要な項目ってあるの?

などについて調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

自作のお薬手帳でもOK!

 

自分が使いやすいように、市販のノートなどで自作したものを「お薬手帳」として薬局などで使うことは自由です。

 

薬局で配布してくれる「お薬手帳」を必ず使わなければいけないという決まりはありません。

 

大手チェーンの調剤薬局であれば薬局名の印刷されたお薬手帳をくれますし、血圧などの数値を記入して、自分の健康管理にも使えるお薬手帳をオリジナルで作って配布している薬局もあります。

 

Amazonなどの通販サイトで探してみると、人気キャラクターの表紙のお薬手帳や、プロ野球チームのマスコットキャラクターのお薬手帳など、いろいろな「お薬手帳」が市販されています。

 

 

なので…

  • 病院に行くときに忘れないようなものがいい
  • 子供のアレルギー情報などが詳しく記録できるものがいい
  • 処方された薬の記録だけでなく自分の健康管理もあわせてしたい
  • 子どものお薬手帳はかわいらしいものがいい
  • 記録したり、シールをはる欄がたくさん欲しい

など、好みや目的などに合ったものを選んだり、使い勝手の良いものを自作して「お薬手帳」として使うことができます。

 

自作するのに決まりはあるの?

 

自分が使いやすい中身にしたり、好きなデザインや色のものにする、健康管理の記録などを一緒にまとめておきたいなど、いろいろな目的に合わせて自作したものも「お薬手帳」として使うことができます。

 

では…

 

「お薬手帳」の大きさやページ数、表紙などには何か決まりがあるのでしょうか?

 

また、

 

お薬手帳の中身に「このことが書いていないとダメ」とか「これは必ず書いてあった方がいい」など、必要な項目ってあるのでしょうか?

 

サイズや表紙などは?

 

お薬手帳のサイズやページ数などに決まりはありません

 

市販されているタイプの「お薬手帳」でも、A6サイズ(薬局でくれるものと同じ大きさ)やコメントやメモをしっかり書き込めるB6サイズ、銀行通帳と同じサイズなど、いろいろな大きさのものがあります。

 

サイズは、持ち歩きしやすくて使いやすい大きさのものを選べばよいと思います。

 

 

表紙については、決まりではないのですが薬局や病院でわかりやすいように、見やすい位置に「お薬手帳」と「自分の名前」を書いておきましょう。

 

お薬手帳に必要な項目は?

 

お薬手帳の中も絶対的な決まりはありませんが、「持ち主の情報」は表紙の裏や最初のページなど、わかりやすいところに書いておきましょう。

 

項目は、

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 血液型
  • 身長、体重
  • 住所、電話番号
  • 緊急連絡先(氏名、続柄、住所、電話番号)
  • アレルギー歴(原因となるもの、薬に名前)
  • 副作用歴の有無、(副作用があった)薬の名前
  • 既往症

などです。

 

薬局でもらうことができる「お薬手帳」の表紙の裏にある「あなたの大切な情報」などのページをコピーして貼っておいても良いと思います。

 

お薬手帳のページをコピーして表紙の裏などに貼るという方法も

 

薬局で渡してくれるお薬手帳も、意外と表紙の裏のページをきちんと書いている人は少ないのではないでしょうか?

 

薬局でも健康保険証や処方箋などを出せば用は足りてしまいますが、このページが大事な役割をするときがあります。

 

それは…

外出中に事故や災害にあったり、具合が悪くなって倒れてしまって病院に運ばれたときです。

 

「お薬手帳」のこのページから、緊急の連絡先がわかるということもありますし、

  • 薬のアレルギーがある
  • 現在、治療を受けていて飲んでいる薬がある
  • 既往症で大きな病気がある

などの情報がわかり、応急の処置をするのに役立つからです。

 

 
スポンサード リンク


 

家族の分をまとめたりスケジュール帳との兼用は?

 

薬局で渡してくれる「お薬手帳」を必ず使わなきゃいけないということではなく、大きさとかページ数も自由なら…

  • 子どもたちのお薬手帳を一冊にまとめる
  • いつも使っているスケジュール帳と兼用にする

というような使い方はどうでしょうか?

 

子どもの分や家族全員の分をまとめて一冊のお薬手帳にしておけば、便利なようにも思います。

 

ですが、処方された薬の記録が一人の分ではないので、薬局の方でも誰のお薬手帳かわかりにくく使いづらいでしょう。

 

 

お薬手帳を自作する場合は、一人一冊にして用意しましょう。

 

また、いつも使っているスケジュール帳と兼用にして、薬局で処方された日付のところに記録していく方法ですが…

 

この方法もやはり薬局や病院などで見づらく、「お薬手帳」とはわかりにくいので、スケジュール帳とお薬手帳は分けたほうがよいでしょう。

 

お薬手帳に決められた形はありません。

 

処方された薬のことだけではなくて、自分の気になる検査の数値などを一緒に記録しておけば、健康管理にも役に立ちます。

 

ですが、薬局や病院に出したときに「誰のお薬手帳か」がはっきりわかるように、そして兼用ではなくて専用に一冊用意した方がよいでしょう。

 

お薬手帳はけっこう役に立つ

 

私はかなり長いこと、「お薬手帳」は使っていませんでした。

 

それは、

 

「今までにかかったことがある病気」とか「薬によるアレルギー」などの項目は、病院や薬局でいつも記入する問診票でもわかるだろうし…。

 

とか、

 

「病院にかかることはそれほど多くないし…」「持病があっていつもを飲んでいるわけじゃないから…」などと思っていたからです。

 

ところが…

 

東日本大震災のときに、避難所で持病が悪化したり健康状態がすぐれない人の治療に「お薬手帳」が役にたった、という記事を読んで考えをあらためました。

 

病院や薬局が震災の被害をうけてしまって治療の情報が少ないなかでも、持っていた「お薬手帳」から薬の記録がわかったために、必要な薬の手配や処方がスムーズにいったというのです。

 

私も、処方された薬や副作用のことや薬の飲み合わせなどについて、必要な項目を自分で書きこみやすいように記入できるページが多い、オリジナルの「お薬手帳」を作ることにしました。

 

 

健康面についての記録や情報をまとめて、「お薬手帳」を自作で用意しておけば…

  • 飲んでいる薬などについて相談するときに役に立つ
  • 自分の健康管理にも役立つ
  • 持ち歩くことで災害や事故などのときに役に立つ

ということで、一冊の手帳が一石三鳥の役目をしてくれるのです。

 

自分や家族が飲んでいる薬についての記録と健康管理のために、また万が一の災害に備えて、市販のノートや手帳を使って「お薬手帳」を自作してみませんか?

 

 
スポンサード リンク


 

モンドセレクション金賞受賞!その価値は?味の評価なの?

 

先日、出張の帰りに駅でお土産を選んでいたらショーウィンドウに「モンドセレクション最高金賞◎◎年連続受賞!」って大きな表示があるお菓子が売ってました。

 

家に帰ってきてテレビを見ていたら、ビールのコマーシャルの最後に「おかげさまでモンドセレクション最高金賞!」というアナウンスが…。

 

「モンドセレクション」って子供のころから聞き覚えがあるし、よくお菓子のパッケージにメダルのマークが印刷されていたりするので、ばく然と「そういう外国のコンテストで選ばれんだろうな~」と思ってました。

 

っていうことは…

 

出張帰りに会社に買っていくお土産のお菓子も、仕事から帰って家で一杯やるビールもやっぱり「モンドセレクション受賞」っていうほうが、そうでないものより美味しいってことかな~?と思って調べてみたのですが…

 

いや~ビックリ!です。

 

「モンドセレクション」って……自分が思っていたものとは違っていたからです。

 

 
スポンサード リンク


 

モンドセレクションって何?

 

他にもよ~く気をつけて見ていると、お菓子などの食料品や飲み物だけだはなくてサプリメントとか化粧品、最近では回転寿司などにも「モンドセレクション受賞」のキャッチコピーがありますよね。

 

そもそも「モンドセレクション」ってどういうものなんでしょう?

 

「最高金賞受賞!」「金賞受賞!」って大々的にうたっていても、あまり詳しい説明がないことが多いのですが、いろいろ調べてみたら「モンドセレクション」は1961年にベルギーに開設された「品質の優秀さを鑑定する国際評価機関」だそうです。

 

 

モンドセレクションのホームページを見てみると…

 

経験豊富な専門家による感覚器官を使った分析、または認定試験機関による化学分析や細菌分析などが行われます

モンドセレクション ホームページより

 

というふうに書かれています。

 

「感覚器官」ということは目、鼻、舌、耳、皮膚とかだから、専門家が食べてみたり、においを嗅いでみたりしてるってことですね。

 

そして、その専門家の分析と化学分析なんかをあわせて、製品に表示されている内容の通りになっているかを確認してるということらしいです。

 

目とか鼻、舌でも確認しているのなら味の審査かなと思うのですが、「品質の優秀さを鑑定」ということは「美味しさ」を審査するのとは違うのでしょうか?

 

受賞しているものは美味しい!?

 

テレビコマーシャルであの金メダルのマークが大きく出てきて「おかげさまで最高金賞受賞」って言われれば、美味しいからなんだろうな~って思いますよね。

 

ある金賞受賞の製品のホームページには、モンドセレクションは「世界 食品のオリンピック」とも言われており…と紹介されていました。

 

ということは…同じカテゴリーの製品なら、モンドセレクションを受賞しているものの方が美味しいってことになるのでしょうか?

 

 

 

「モンドセレクション」のホームページには、

 

モンドセレクションは、他のコンテストやコンクールと異なり、製品同士が比較されることはありません。

 

って書いてあるのです!

 

えーッ!?

 

今までず~っと、たくさんの製品が並んでいる会場で審査員の人たちが匂いをかいだり味見をして「これが一番!」「次はこっち!」とか言って、賞を選んでいると思っていたのですが…?

 

「製品同士を比較しない」って書かれているということは…。

 

金賞をもらっているクッキーと、モンドセレクションのことは何も書かれていないクッキーがあったとすれば、受賞している方が断然おいしいとか、美味しさの優劣を競うものではないということですね。

 

まあ言われてみれば、どれが「美味しい」かどうかは、人それぞれの好みや味覚によるものなので、選ばれて章をもらったものだとしても、それが誰にとっても絶対に美味しいものなんてことはありませんもんね。




 

最高金賞とか金賞とかどうやって決まるの?

 

では「製品同士を比較することはない」というのであれば、どうやって「最高金賞!」とか「金賞!」とか決まるのでしょう?

 

これもモンドセレクションのホームページを見てみると…

 

毎年、70人以上の専門家が集まって、審査される製品の分野ごとに少なくても8人以上の専門家と審査員長が製品の品質を「20項目の評価シート」をもとに審査しているということです。

 

もちろん食べ物や飲み物であれば匂いとか味の分析も含めて鑑定しているのでしょうけど、それはあくまでも「品質が優秀かどうか」を見ているのですね。

 

他にも成分とか栄養価、有効成分についての情報や効能の説明、製品の使用説明などを確認して、それが「パッケージに出ている表示」の通りかどうか、などが評価の対象になっているようです。

 

 

そして、審査員の審査結果は点数化されて

最高金賞 90~100点
金賞 80~89点
銀賞 70~79点
銅賞 60~69点

 

というように評価されます。

 

ですので、細かく分野は分かれていますが、例えば10品のチョコレートが応募していたとして、その10品の品質がそれぞれ優秀だと審査されれば、10品がすべて金賞、最高金賞ということもあり得るということになります。

※モンドセレクションのワイン部門は、国際コンテストなので受賞メダルの数の割合が決められています。

 

ちなみに…

 

モンドセレクションで製品の評価を受けたい企業は、

  • 登録用紙に記入してネットかFAXで応募
  • 応募費用 1,200ユーロ(約16万円・2018年5月の為替レートで)を払い込む
  • サンプルを送る

ことで応募することができます。

 

なので、受賞している製品は一定の品質だということになりますが、もともと応募していない会社の製品にはモンドセレクションの表示はないわけで、受賞の表示の有る無しでは単純に比較はできないということですね。

 

 
スポンサード リンク


 

日本では断トツに知名度が高い!

 

モンドセレクションの「受賞のメリット」というのがホームページに出ていますが、まずは「消費者への品質の保証」というものがあげられています。

 

「製品の成分とか効能などが中身と表示に間違いがない」など品質を確認して審査されているのですから、これは間違いなく安心できて信頼も高くなりますね。

 

そして受賞の付加価値として、市場での「販売促進のツール」になるということもあげられています。

 

ある海外のメーカーのコメントとして

 

「日本での売上を伸ばしたいと思い、モンドセレクションに応募した結果、売上が初年度の3倍になるという成果がみられました」

 

と出ていました。

 

そしてモンドセレクションは他の国に比べて圧倒的に日本での知名度が高いそうです。それは…

 

 

「日本人は品質にとてもこだわりをもっているので、日本の企業がモンドセレクションの価値を重視してして、1961年の創立から日本企業からの応募が多く、継続して応募する企業が多い」からということのようです。

 

モンドセレクションのホームページでは国別の数字は出ていなのですが、2017年の応募状況を見ると…

 

  全体 アジア 割合
87 18 23.3%
企業 966 777 80.4%
製品 2,691 2,109 78.4%

 

という感じで、企業数と製品数ではほぼ8割がアジアからの応募です。

 

このアジアからの応募数のうちのかなりの割合が、日本の企業、日本の製品ということになるのでしょう。

 

私たち日本人はこういう権威付けには弱いってことでしょうかね…。

 

そういえば「売り上げ〇年連続ナンバー1!」とか「おかげさまで◎◎億食達成!」なんて聞かされると、「へ~。けっこう買っている人が多いんだ!」「じゃあ、いい商品なんだろうな~」って思ってしまいます。

 

それと同じで、「モンドセレクション金賞受賞」って言われると「ほかのものより美味しいんだろうな~」って勝手に想像していましたが、「一定の基準をクリアした品質の製品」ってことだったんですね。

 

日本でモンドセレクション受賞の製品が多いということは、それだけ優れた品質のものが多いということで、とても安心できることです。

 

でも「美味しい!」とか「コッチの方が良い!」は、やっぱり好みや食べ慣れている、使い慣れているという自分の感覚で選ぶのが自然で一番なのだと思った次第です。

 

 
スポンサード リンク


 

引き落し日に残高不足だった!?生命保険はどうすればいい?

 

「あーッ!!うっかりしてたぁー!!」

「引き落しの日に残高不足で生命保険の保険料が落とされてない!!」

 

月末までに銀行口座にお金を入れとかなきゃ!と思っていたのに、うっかり忘れてしまった…。

 

生命保険の保険料が引き落とされていない…気がついたときには本当に焦りますよね!

 

そこで…

  • 保険料が引き落とされなかったらどうすればいい?
  • 1回でも遅れたら保険はダメになるの?
  • 保険会社に自分で振り込みをする?
  • 引き落とされないままだとどうなるの?

など、引き落し日に残高不足で生命保険の保険料が落ちなかった場合のこと、どのようにすればいいのか、などについてまとめてみました。

 

そして…生命保険の保険料は支払いを放っておくと大変なことになる可能性もあるので、その辺りもあわせてお伝えしたいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

引き落しできない場合どうすればいい?

 

ついうっかり、引き落し日に残高不足で生命保険の保険料が落ちていなかった場合、どうすればいいのでしょう?

 

窓口に行って払う?」

「保険会社の口座に自分で振り込む?」

 

いいえ、それはしなくても大丈夫です。

 

引き落し日に保険料が落ちなかった場合には、次の月の引き落し日に2か月分をまとめて引き落とされます。

 

保険料が引き落とされなかった契約は、生命保険会社から銀行の方に「翌月に2回分の保険料を引き落としてもらう」ように連絡が行くことになっているからです。

 

 

また、保険料が引き落とされなかったときには、次の月の引き落し日の少し前に、保険会社から「〇月〇日に保険料の振り替えができませんでした」という連絡のハガキが届くようになっています。

 

そして「次回の引き落し日、〇月〇日に2か月分の保険料が振り替えになるので、口座の方に準備しておいて下さい」という案内があわせて書かれています。

 

ですので、

 

来月の引き落し日までに「引き落しできなかった今月分」「来月分」の2か月分の保険料が銀行の口座に入れておきましょう。

 

引き落とし日に口座から振り替えされれば、保険は何も問題なく継続になります。

 

2か月分まとめずに払う方法もある

 

生命保険会社によっては、次の月の引き落とし日を待たないで振り替えできなかった保険料を払い込むことができるところもあります。

  • 月末の引き落とし日に保険料が振り替えできなかった場合、次の月の「10日」にその分を引き落としてもらう「保険料再振替制度」がある(前もって申込が必要)
  • 保険会社のホームページの「お客様専用ページ(登録が必要)」からログインして、ネットバンキングサービス・コンビニ払い・ペイジー・クレジットカードなどで支払うことができる
  • 保険会社の最寄りの店舗に行って、窓口で保険料の支払いができる

などです。

保険会社によってこのような方法ができるところと、そうでないところがあるので、保険会社のコールセンターに可能かどうかを問い合わせてみましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

2か月続けて引落せないと…

 

残高不足で引き落しが1回できなくても、次の月にまとめて引き落しになるように2か月分の保険料を口座に入金しておけば問題はありません。

 

気をつけないといけないのは、次の月も残高不足で2か月続けて引き落しにならなかった場合です…。

 

生命保険には、決められた引き落し日に保険料が振り替えにならなくても、いきなり契約が無効になってしまったりすることがないように、有効のまま待ってくれる「猶予期間」というものがあります。

 

毎月、保険料を払う「月払い」の場合、「猶予期間」は引き落しができなかった月の翌月1日から末日までです。

 

 

※年1回の年払いや半年ごとに保険料を払う半年払いの場合の「猶予期間」は月払よりも少し長くなります(翌々月の「契約応当日」まで)

 

2か月続けて、残高不足のために引き落しができなかった場合、注意が必要なのは、この「猶予期間」を過ぎてしまうと「失効」といって生命保険が無効になってしまうからです。

 

生命保険が「失効」してしまうと、事故や病気などで亡くなったり入院したりしても保険金や給付金が払われないのです。

 

入っている生命保険が、いざ!というときに役に立たず、せっかく払い続けてきた保険料をムダにすることになってしまうので、2か月分の保険料を銀行口座に準備しておくのを忘れないようにしたいものです。

 

2か月分の引き落しができなかったときは?

 

それでも…

  • 残高不足で保険料が引き落とせなくて、保険会社から連絡のハガキが届いていたけど見落としていた
  • 2か月分の保険料を口座に用意しておかなきゃいけないのはわかっていたけど忘れた

などで、2か月続けて保険料が引き落しできなかったとしても、気がつくタイミングによっては、まだ保険が「失効」しないようにするチャンスがあります。

 

 

保険料が1回引き落とせないと、次の月の引き落し日の少し前に「2か月分の保険料が振り替えになります」というお知らせのハガキと一緒だったり、別の封書などで「振込用紙」や「コンビニの払い込み用紙」などが届くようになっています。

 

2か月分の保険料が引き落しできなかった場合でも、さきほどの「猶予期間」の間に「振込用紙」「払い込み用紙」で2か月分の保険料を入金すれば、保険は「失効」しません。

 

また保険会社によっては、ホームページからログインしてネットバンキングなどで払い込んだり、直接窓口に行って支払うことができるので、なんとか末日までには入金してしまいましょう。

 

2か月分の保険料が引き落しできていなかったことに気がついたものの、払い込みの用紙が見当たらないとか他の入金方法を知りたいという場合など、不安な点、疑問に思うところは保険会社のコールセンターに問い合わせましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

保険料が立て替えになる場合もある

 

2か月続けて保険料が引き落しできなくても、その分の保険料を立て替えてくれる場合もあります。

 

「立て替えてくれる」といっても誰かが代わりに払ってくれるわけではなく、入っている保険の「解約返戻金」の中から自動的に立て替えて支払う「自動振替貸付」という制度です。

 

ただし、どの契約でも立て替えができるというわけではなく、解約返戻金のあるタイプの保険ではないと立て替えにはなりません。

 

「自動振替貸付」で保険料が立て替え払いになった場合は、「自動振替貸付で立て替え払いになりました」という内容のハガキが届くので「立て替え」になったことがわかります。

 

 

引き落しできなかった保険料は立て替え払いになっているので、あわてて銀行に入金に行かなくても保険は有効になっています。

 

ただし「自動振替貸付」になると…

  • 立て替え払いになった保険料には利息がかか
  • 立て替え払いになった分の保険料と利息を払わないと、さらに利息がかかって「解約返戻金」が減ってしまう

ので、立て替えになった分の保険料と利息を早めに払い込んでしまいましょう。

 

猶予の期間がすぎていたら?

 

「わ~ッ!!払い込みの期限を過ぎてるーッ!!!」

 

  • 2か月続けて保険料が引き落しにならず…
  • 保険会社からの郵便物も見落としてた…
  • 気がついたときには保険の「猶予期間」が過ぎてた…

ということになると、残念ながら保険は「失効」ということになります。

 

保険の契約がなくなってしまったわけではないのですが、そのままでは保険料を払うことができませんし、何かあっても保険金や給付金は払われません

 

 

そこで「復活」という手続きが必要になります。

 

手続きは、保険会社のコールセンターに連絡をすれば、必要な書類などを送ってくれるので…

  • 「復活」の手続きの書類を記入
  • 「告知書」という書類で健康状態を申告(保険金額や年齢などによっては病院で診査をうけることも)
  • 払われていない保険料と利息を一括で入金

します。

 

健康状態などに問題がなければ「復活」が認められて、契約はもとに戻ります

 

ところが…「告知書」で申告した健康状態や「病院の診査」の結果によっては、「復活」を断られることもあります。

 

そうなると新たに生命保険に入るのも難しくなってしまうので、保険会社からの郵便物には必ず目を通すようにしておくことをおすすめします。

 

早めに保険会社に連絡する

 

残高不足で1回分の保険料が引き落しになっていない場合なら、次の月に2か月分の金額を用意しておけば問題は解決します。

 

困るのは…2回続けて引き落しができないまま、猶予期間が過ぎてしまって保険が失効することです。

 

慢性的だったり大きな病気などになっていて保険が失効してしまうと、保険をもとに戻すことができなくなって目も当てられません。

 

引き落しできていなかったら銀行などに問い合わせるよりも先に、まずは保険会社へ連絡をして猶予期間なのかどうかや入金の方法などを問い合わせて確認しましょう。

 

 

また、残高不足で引き落としができなかった原因にもよりますが、またヒヤヒヤする思いをしないためにも…

  • 保険料の引き落としは、給与振り込みや公共料金の引き落としに使われている口座にする
  • ネットバンキングに登録して、いつでもネットから口座の残高や取り引きを確認できるようにしておく
  • 保険会社からの通知や案内がまちがいなく届くように、引越したときには忘れずに、保険の住所変更の手続きをしておく

ようにすると良いと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

JAFは必要?自動車保険のロードサービスだけではダメ?!

 

JAFって必要かなぁ~?」

「たしか自動車保険にもロードサービスが付いていたような…」

 

車を買った時などに、カーディーラーの営業さんから「JAFの入会」を勧めらたりして、どうしようか迷ったことはありませんか?

 

そんなにしょっちゅう使うものでもない気がする…かと言って、あれば安心には違いがない…。

 

そこで

  • 同じようなサービスならダブって入ってもしょうがないと思うけど、違いはあるの?
  • JAFのロードサービスと自動車保険に付いているロードサービス、それぞれの特長は?
  • 自分の場合はJAFは必要?入っておいた方が良い?

などについて、まとめてみました。

 

私自身、自動車保険にロードサービスが付いていますし、JAFの会員になってロードサービスに来てもらったこともあります。そのあたりも参考にお伝えできればと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

JAFのロードサービス

 

JAF(日本自動車連盟)は24時間365日対応で入会金が2,000円、年会費が4,000円のロードサービスです。おおまかに特長をまとめると…

  • 会員はサービスがほとんど無料
  • 利用回数に制限が無い
  • 対象外になる場合が少ない
  • 訓練を受けた隊員が対応
  • 加入している「人」が対象

となります。それぞれの特長について詳しく見てみましょう。

 

会員はロードサービスがほとんど無料

 

JAFの会員になると、ロードサービスはほとんど無料で受けることが出来ます。

 

有料、実費負担になるのは、交換をした際のバッテリー代や他の部品代、燃料費(ガソリン切れの場合など)、15㎞超のレッカー代などです。

 

ロードサービスの利用回数に制限が無い

 

JAFのロードサービスは、サービスを受ける回数に制限はありません

 

例えば、タイヤがパンクしてしまってロードサービスを依頼、その数か月後にまたパンクしてしまったとしてもロードサービスは受けられますし、バッテリー上がりなど他のトラブルでももちろん対応してもらえます。

 

対象外になる場合が少ない

 

自動車保険のロードサービスには含まれないトラブルでも、JAFではロードサービスの対象になっています。また作業時間が30分以内であれば「無料」です。

 

  • 自宅の駐車場やコインパーキングでのトラブル
  • 海岸の砂浜や泥道(ぬかるみ)、道路以外の場所でのスタック
  • チェーンの着脱
  • パンク修理

などもJAFではロードサービスの対象になります(作業時間30分以内であれば無料)。

 

 

研修や訓練を受けた隊員が対応

 

JAFの場合は、ロードサービスの訓練や研修を受けたレスキュー隊の隊員が現場での対応をします。

 

EV(電気自動車)やHV(ハイブリッド車)などの新しい車種の救援対応についても研修が実施されているので、万が一のトラブルでも対応してもらえます。

 

サービス拠点(JAF直営)は全国235カ所(平成30年4月現在)です。

 

加入している人が対象のサービス

 

JAFのサービスは、加入して会員になっている人に対するサービスです。

 

ですので、自分の車はもちろんですが…

  • レンタカー
  • 会社の社用車
  • 家族や友人の車
  • バイクや原付

の運転中でも対応してもらえますし、自分が運転していた場合だけでなく、同乗中のトラブルも対象になります(タクシーなどの営業車は対象になりません)。

 

また車だけではなく、原付から大型までバイクも対象になっているので、利用できる範囲が広いのが特長です。

 

 
スポンサード リンク


 

自動車保険に付いているロードサービス

 

現在、ほとんどの自動車保険には無料でロードサービスが付いています。保険会社によっては「特約」や車両保険をセットしていないとロードサービスが付かないところもあります(特約をセットすると保険料はその分あがります)。

  • メニューにあるサービスはほぼ無料
  • 回数の制限があるものがある
  • 対象外になるサービスがある
  • 提携先の修理工場やレッカー業者が対応
  • 保険に加入している「車」が対象

となります。それぞれの特長について詳しく見てみましょう。

 

メニューにあるロードサービスはほぼ無料

 

自動車保険に付いているロードサービスは、保険会社によって多少の違いがありますが、バッテリー上がりやキーの閉じ込み、ガス欠やパンク時のスペアタイヤへの交換など、ほとんどのロードサービスが無料で利用できます。

 

ガス欠時のガソリン代も10リットルまで無料のところ、ガソリン代は実費のところなどがあったり、救援の作業時間が30分を超えた分は有料になるなど、保険会社によって有料や実費負担になる目安が決められています。

 

自動車保険に加入していれば無料でついている保険会社がほとんどですが、「ロードアシスタント特約(有料)」というものを自動車保険にセットして契約しないとロードサービスが無料では使えない保険会社もあります。

 

回数の制限や対象外のサービスがある

 

保険会社によって違いはありますが、ロードサービスのメニューによって利用できる回数が「何回まで」と決まっているものがあります。

 

例えば、バッテリ上がりやキーの閉じ込みなどは、無料で利用できるのが保険期間(1年間)に1回までと決めれていたりします。

 

また、パンク修理の作業や雪道でスタックしたときの救援、チェーンの着脱などが、ロードサービスの対象外になっている会社もあります。

 

保険会社と提携している修理工場やレッカー業者が対応

 

自動車保険のロードサービスは、保険会社と提携している修理工場やレッカー業者が現場での対応をします。

 

 

救援依頼の連絡を受けると、保険会社のセンターが場所やトラブルの状況から提携業者を選んで、連絡を取り現場対応の依頼をします。

 

サービス拠点(提携業者)の数は、各社とも全国9,000~10,000カ所です。

 

保険に加入している「車」に対するサービス

 

自動車保険に付いているロードサービスは、保険に加入している「車」に対するサービスです。

 

家族の車、社有車、レンタカーなどに乗っているときのトラブルには対応してもらうことはできません。

 

自動車保険の対象になっている車のトラブルしかロードサービスを受けることは出来ませんが…

  • 走行不能になって修理工場に入っていた車を取りに行くときの引き取り費用(交通費)  
  • 事故やトラブルで走行不能になって帰宅できない場合の宿泊費用
  • 車両トラブルによって代車が必要になった場合のレンタカー費用

などが支払われるサービスもあって、事故や故障のトラブルの後のこともサービスの中に含まれています(保険会社によっての違いや利用できる条件などがあります)。

 

またレッカー車によるけん引が100kmまで無料や、最寄りのサービス拠点までなら距離の制限なしなど、加入している車の事故や故障に対しても手厚いサービスになっています(JAFは15kmまで無料)。

 

 
スポンサード リンク


 

こんな人にJAFは必要!?

 

「必要といえば必要だけど、要らないっていえば要らないかなぁ…」

 

事故や故障のトラブルは実際に経験しないと、ロードサービスの必要性はあまり感じない…っていうところもありますね。

 

 

そこで、こういう人にはJAFのサービスをお勧めしておきます…!というポイントをまとめてみました。

 

JAFのロードサービスは加入している「人」が対象で、回数の制限が無く対象外になるサービスもほとんどないのが特徴ですので…

  • 仕事で社有車やレンタカーなどに乗る
  • 友人や家族と車に乗り合わせて旅行やドライブに行くことがある
  • 自動車以外にオートバイや原付にも乗っている
  • 車の運転に慣れていない、または苦手
  • チェーンを着けるなんて絶対無理!
  • 普段からエンジンオイルやバッテリーなどのメンテナンスをあまりマメにしていない
  • 特約や車両保険をセットしないとロードサービスが利用できない自動車保険に加入している

などが当てはまる人は、JAFの会員になっておくと「いざ!」というとき安心です。




 

払った会費はペイできる!?

 

「手厚いサービスがあるのは安心だけど、毎年会費を払うのがちょっと…」

 

車の事故や故障なんて起きない方がいいに決まってますし、いつ起きるかわからないトラブルに備えて毎年会費を払うのはもったいない…私も以前はそう思っていました。

 

私はキーの閉じ込みをしてしまい、その時加入していた自動車保険にはロードサービスが付いていないこともあってJAFに入り継続して会員になっていますが、せっかくなので会員向けのいろいろなサービスを利用するようにしています。

 

JAFの会員はいろいろな優待サービスがあります。テーマパークや観光名所、ショッピング、グルメ、ガソリンスタンド、旅行…などいろいろです。

 

私の場合は、会員向けに送られてくる会報に同封されている「JAF PLUS」というチラシについているクーポンをけっこう使っています。

 

 

日用品や医薬品などでいつも使うものは、月に一度まとめて4~5千円の買い物をするのですが、「マツモトキヨシ」の10%OFFクーポンを使っています。

 

家族で外食をしようというときには、近所にあるロイヤルホストに行ったりするのですが、「JAF PLUS」にはロイヤルホストの15%OFFクーポンがついているので、けっこうお得に食事できます(クーポンは入れ替わることもあります)。

 

ざっと計算してみたら、この2つの優待だけでも一年間で会費の分は十分にペイしていました。

 

クーポンだけではなく、年間を通して優待が受けられるものはたくさんあるので、ドライブや旅行、買い物などいろいろなシチュエーションで使える機会は十分にあると思います。

JAFに入会してすぐに無料でサービスを受けられる?

 

両方のサービスがあると安心

 

私自身は毎日、会社の車に乗って仕事をしています。パンク時のタイヤ交換や雪の日のチェーンの着脱など、ある程度のトラブルには自分で対応できるのですが、JAFには入会しています。

 

自分で対応できるトラブルであればいいのですが、会社の車が道の真ん中で走行不能になってしまったり、自分の車でキーの閉じ込みをしてしまうなど、ロードサービスに来てもらわないと解決できないトラブルを経験したからです。

 

 

そう頻繁にトラブルが起きるわけではありませんが、プライベートでも仕事の時も「万が一の時はロードサービスに頼める」という安心感があって運転しています。

 

自分の車は自動車保険のロードサービスも使えますし、対象外のトラブルであればJAFに救援を頼むことができます。最近は夏の時期のゲリラ豪雨や冬の大雪など、今まであまり経験のない悪天候の場合のトラブルが心配ですが、両方のロードサービスがあるので安心して運転に専念することができています。

 

 
スポンサード リンク


 

JAFに入会!すぐに会員扱いになるの?良い方法はある!?

 

「えー!!なんで??動かない!!」

 

出掛けようとしたら突然のトラブル!車が動かない

 

じゃあ、ロードサービスに来てもらおう!と思ったものの、JAF(日本自動車連盟)の会員じゃないけど、どうなんだろう…?

 

JAFって会員じゃなくても利用できるのでしょうか?仮に利用できるとしても会員じゃないと料金が高かったりして…。

 

それならば…救援に来てもらったその場で入会してしまって、それからサービスを受ければ、会員扱いになるのでは?と思ったのですが…。

 

さて、どうなのでしょう?

 

トラブルの状況にもよりますが…実は救援に来てもらったときに会員扱いの料金でロードサービスを受けられる方法があるのです。その方法を紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

会員じゃなくてもJAFは利用できる?

 

JAFのロードサービスは会員ではなくても利用することが出来るので、道路上での故障や事故、駐車場や自宅で動かなくなってしまったなど、様々なトラブルに対応して救援に来てもらうことができます。

 

ただし、JAFの会員はロードサービスが会員料金で受けられますが、非会員の場合はロードサービスの料金が別に設定されているんですね。

 

 

例えば、JAFの救援トラブル「ベスト3」のバッテリー上がり、パンクの応急処理、キーのとじ込みなどの場合、非会員の場合の料金は…

 

非会員の場合の料金

 

 基本料 8,230円

 作業料 4,650円

 合計  12,880円

※昼間の作業(8:00~20:00)

※交換する部品、バッテリー代などは実費

 

JAFの会員になっていれば、「基本料」も「作業料」も「0円」、無料で作業が受けられます。

 

救援の時に入会したら?

 

会員ではないとロードサービスは有料…。

ということは、ロードサービスを受ける前に会員になっていればいい…。

じゃあ、到着したときにJAFの隊員の人に入会の手続きをとってもらってからロードサービスを受ければ会員扱いになるでしょ…?

 

どうなのでしょう?

 

残念ながら、この方法でロードサービスの料金が会員扱いになることはありません

 

 

現場に来てくれたJAFの隊員さんに手続きをしてもらって入会することはできますが、今回のロードサービスは会員扱いにはならず、次の救援のときからが対象になります。

 

JAFのサービスは会員の人が払う「会費」で成り立っているので、救援に来てもらった時に非会員の人が入会してロードサービスを会員扱いで受けることが出来たら、サービスの公平性が保てないからです。




 

他の方法で申込んだ場合は?

 

JAFのホームページから入会の手続きをしたら、いつから会員扱いでロードサービスを受けることができるのでしょうか?

 

インターネットでの入会手続きの場合

 

スマホやパソコンからJAFのホームページにアクセスして入会の手続きをした場合、入会金・会費の支払はクレジットカード払いか、コンビニからの払い込みになります。

 

クレジットカードの場合もコンビニの場合も、ロードサービスが会員扱いで受けられるのは、入会金と会費の支払いをした「次の日」からになります。

 

入会手続きをしてクレジットカードやコンビニで支払いを終えると、登録したアドレス宛にJAFからメールが届きます。

 

「翌日の0時」以降に、このメールからJAFの「仮会員証」がダウンロードできるようになって、会員としてのサービスが受けられるようになります。

 

 

 

以前は、コンビニからの払い込みの場合、入会金と会費を支払った時に渡される「払い込みの控え」を会員証の代わりに提示して、会員扱いでロードサービスを受けることが出来ました。

 

今は残念ながら「払い込みの控え」は会員証の代わりにはならず、サービスを受けるためには「仮会員証」が必要になります。

 

郵便局で支払いをして入会

 

郵便局から入会金と会費を払い込む場合、会員扱いでロードサービスを受けられるようになるのは、申し込みをしてから「約一週間後」以降になります。

 

郵便局で支払をする場合は、ホームページで入力した名前や住所などが印刷された「入会申込書」が一週間後くらいに送られてきます。

 

送られてきた「入会申込書」を持っていき、郵便局から入会金と会費の支払をすると手続きが完了、JAFのサービスがスタートします。

 

ロードサービスの現場では、仮会員証と同じように、郵便局で渡された入金の控えを提示すれば会員扱いになります。

 

JAFの窓口で入会

 

JAFの本部(東京都港区)や各都道府県にあるJAFの支部で入会の申し込みをした場合は、申込んだ時点から会員扱いでサービスをうけることが出来ます。

 

車のトラブルが発生した現場のそばにJAFの本部・支部があれば、窓口で入会の手続きをして、そのあとにロードサービスに電話をして救援にきてもらう…ということも可能です。

 

ただし、本部や支部は窓口が開いているのが平日の午前9時から夕方の5時までで、土日祝は休みなので注意しましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

近くにある「取扱店」を探そう!

 

救援に来てもらった時に入会の手続きをしても、ロードサービスが会員扱いのなるのは、次の救援現場から…。

 

スマホで入会の手続きをして入会金や会費を支払ってから救援に来てもらっても、会員扱いになるのは入金の翌日以降…そうそうウマい話は無いんだな…。

 

ちょと待ってくださいね!

 

非会員の人が、JAFの救援に来てもらった時に会員扱いになる方法はあるんです。

  • 交通事故などの緊急の現場対応ではない
  • 他の車や歩行者などの邪魔にならない場所(駐車場など)に車がある
  • 急ぎで出かける途中のトラブルではない

など、場所や状況が少し限定はされますが、難しい方法ではありません。

 

それは…

 

車が動かなくなってしまった現場に近いところに、乗っている車のメーカーのディーラー(販売店)がないかどうかスマホなどで探して、ディーラーでJAFに入会するという方法です。

 

車のディーラーはたいていJAFの「取扱店」になっています。「取扱店」になっていれば、入会金と会費を払って入会の申し込みをすることができます。

窓口があいている時間(平日9:00~17:00)であれば、JAFの本部や各都道府県の支部で入会の手続きをする方法もありますが、拠点の数で比べるとディーラーの方が見つかりやすいのではないでしょうか。

 

ディーラーに行ったら…

  • まず車のある場所や状況を説明
  • 修理や応急の処置をしてもらえるかどうか、費用などを相談してみます
  • 現場に来てもらうのとJAFを利用するのはどちらがよいかも相談しましょう

 

ディーラーの方では、予約なしで急に出張の修理等に行くことは難しいことが多いので、JAFのロードサービスを利用したいという希望であれば入会などの対応をしてもらえます。

 

入会金(2,000円)・会費(4,000円)は現金で支払って入会の手続きをします。JAFへの連絡なども一緒にお願いしてしまいましょう。

 

手続きが済んだら、あとは車にもどってJAFのロードサービスの到着を待ちます。

 

ディーラーが遠い場合や、急いでいてとにかく時間が無いというような場合は難しいと思いますが、この方法であれば、閉じこみやパンク、バッテリー上がりなども会員扱い「0円」でロードサービスが受けられます。

 

安全第一に

 

突然の車のトラブル…本当に困ってしまいますよね。

 

実は私も以前に、会社が従業員用に借りている駐車場でキーの閉じこみをしてしまったことがあります。

 

私はその頃会員にはなっていなかったので、正直なところ、JAFのロードサービスという方法は思い浮かびませんでした。

 

どうしよう…と考えていたときに、自分の乗っている車のメーカーのディーラーが、歩いて10分くらいのところにあったのを思い出し行ってみました。

 

すると「キーレスエントリー」の車で対応が難しいのと、急な依頼だったこともあって、ディーラーの人からはお店でJAFに入会してロードサービスに救援に来てもらう方法を提案されました。

 

そして手続のときにJAFに電話をして、会員扱いで救援に来てもらえるかの確認と依頼もしてくれ、結果的に無事、車を動かすことが出来たのです。

 

 

たまたまトラブルの現場が駐車場だったのと、急ぎの用事はなく時間に余裕があったので、ディーラーに駆け込んで、入会金と会費は払いましたが、閉じこみのトラブルは料金がかからずにロードサービスを受けることができました。

自動車保険のロードサービスとJAFはどう違うの?

 

もしも道路を走行しているときの故障やトラブルが起きた場合は、周囲の安全や他の車両の通行への配慮も忘れずに、車を安全な場所に移動するなど安全第一で対応するようにしましょう。

 

 
スポンサード リンク