医療費控除の対象!家族の分の医療費はどこまで可能?

 

『なんだってぇーッ!!』

『もっと前から、知っていれば…』

 

年間に、支払った医療費は、自分の分だけでは
なく、家族の分も含めて、医療費控除を申告、
できると、わかったのですが…

 

遅かった…。

 

自分自身の入院や通院、子供たちの医療費
など、すべて足したら、医療費控除を受ける
のに、十分な金額でした…。

 

それなのに、領収書やレシートを、全部、捨て
てしまって、何も残っていなかったのです…。

 

このような、悔しい思いをしないように、家族の分
の医療費
について、どこまでが、医療費控除の
対象になるのかなど、きちんと調べて、理解を、
することにしました。

 

 
スポンサード リンク


 

家族の医療費も一緒に申告できる

 

医療費控除は、一年間に、支払った医療費が、
一定の金額を超えた場合に、確定申告すれば、
その年の所得から、差し引くことができます。

 

医療費控除の計算

  実際に支払った医療費-
    保険金などの補てん分-10万円※

       ※所得が200万円未満の場合、所得の5%

 

この「実際に支払った医療費」には、自分自身
の医療費だけではなく、自分が支払った、家族の
の医療費
も、含めることができます。

 

所得税法では、

「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配
偶者やその他の親族のために支払った医療費」

は、医療費控除として申告できると、規定され
ているのです。

ac670680

 

例えば、こんなこともあり得ます。
(所得が200万円以上として)

 

一年間に、自分自身のために支払った医療費
が、8万円だったとすると、「10万円」を超えて
いないので、医療費控除を、受けることが、
できません。

 

ところが…

もしも、家族の分の医療費として、「7万円」
を支払っていたとしたら、この「7万円」も、
「医療費控除」として、合わせて、申告できる
ので…

 

「8万円+7万円」-10万円で、「5万円」を、
医療費控除として、申告できる、ということに
なります。




 

扶養をはずれている妻や社会人の子供は?

 

医療費控除として、規定されている、「生計を
一にする…」
には、

  • 扶養されている、いない
  • 所得がある、ない
  • 所得の金額

などは、要件に含まれていません。

 

なので、

  • 共働きの夫婦で、扶養から外れている、
    奥さんの医療費を、旦那さんが、負担
    した場合
  • 同居している、社会人の子どもの医療費
    を、親が負担した場合
  • 逆に、子どもが、同居している親の医療費
    を負担した場合

なども、

負担した分を、自分の医療費と一緒に、医療費
控除として、申告することができます。

 

 
スポンサード リンク


 

離れて暮らしている家族の医療費

 

「生計を一にする…」という規定には、「同居
しているかどうか」ということは、要件に、含
まれていません。

 

ちょっと、難しく書かれていますが…

 

税法では、「例えば、勤務、修学、療養費等の
都合上別居している場合であっても」

 

「余暇には起居を共にすることを常例としてい
る場合」

や、

「常に生活費、学資金、療養費等の送金が行わ
れている場合」

 

は、「生計を一にする」ものとして、取り扱わ
れる、と規定されています。

ac139162

 

なので、別に暮らしている家族でも、

 

休みの時などは、一緒に過ごしていたり、仕送
をしている場合などは、「生計を一にする」と
いうことになるので…

  • 離れて暮らしている、親の医療費
  • 下宿して学校に通っている、子供の
    医療費
  • 単身赴任している夫の医療費

などを、自分が負担して払った場合には、

 

「生計を一にする」ということになり、払った
医療費は、医療費控除の対象になります。




 

医療費に入るもの

 

「医療費控除」というと、病気やケガなどで、
病院にかかったときの、治療費や薬代が、思い
浮かびますが、それだけではありません。

 

病院に行く際にかかった交通費や、市販の薬
買った場合の費用も、控除の対象になります。

 

交通費は、電車やバスなどの公共の交通機関が、
対象で、領収書がなくても、明細を作っておけ
ば、申告できます。

 

自家用車を使った場合の、ガソリン代や駐車場
代は、対象になりませんが、電車やバスが使え
ない場合に使った、タクシー代は、控除の対象
になります。

 

医療費控除で、家族の分の医療費を申告すると
きは、そのときかかった交通費にも、忘れずに、
金額、領収書などを、まとめておきましょう。

医療費控除の対象になる交通費をもっと詳しく

 

市販の薬は、病気予防や健康維持のためのもの
は、対象になりませんが、風邪薬や頭痛薬など、
病気やけがの症状を、和らげるために買ったも
のは、対象です。

ac329291

 

電車やバスの料金は、後からでも調べることが、
できますが、風邪薬など、市販の薬を買った時
の、レシートや領収書は、意外と見落としがち
です。

 

私も、いざ、申告の準備にとりかかったときに、
市販薬を買ったことを、思い出しましたが、領
収書もレシートもなく、控除の金額を、その分、
減らした経験があります。

 

「風邪気味なので薬を買った」「毎年、花粉症
のシーズンは、鼻炎用の薬が欠かせない」など、
家族が一年間に買った市販薬も、まとめてみる
と、意外と大きな金額だったりします。

 

病院や調剤薬局の領収書だけでなく、ドラッグ
ストアのレシート、領収書も、医療費控除に備
えて、保管しておくことを、お勧めします。

 

 
スポンサード リンク


 

申告するときには…!

 

病院や薬局の領収書、レシートを広げて、いよ
いよ、確定申告の準備…そんなときに、役に立
つツールがあります。

 

また、申告する金額を計算するときに、病気や
ケガ、入院や通院などで、保険金、給付金など
を、受けていないかを、チェックすることも、
必要です。

 

「医療費集計フォーム」を使うと便利

 

医療費控除の申告をするときには、国税庁の、
ホームページから、「医療費集計フォーム」を、
ダウンロードして、使うと便利です。

医療費集計フォーム①

 

この「集計フォーム」に入力していけば、パソ
コンで、確定申告書を作成するときに、医療費
控除の欄に、そのまま金額を反映させることが、
できます。

 

「医療費集計フォーム」は、国税庁のホームページ
の「確定申告特集」の中で、ダウンロードできます。

国税庁ホームページ

 

家族の分の医療費も、合わせて申告するときは、
その人ごとに、集計フォームに入力していくと、
わかりやすく、万が一、内容について聞かれた
場合でも、探しやすいと思います。

 

保険金、給付金を受け取っている場合は?

 

そして、医療費控除の申告のときに、忘れない
ようにしたいのが、生命保険、損害保険などの、
保険金、給付金健康保険や公的制度からの、
給付金、補助金です。

 

病気やけがなどで、保険金、給付金を、受け取
っている場合は、医療費控除の申告のときに、
医療費から、差し引かなければいけません。

 

医療費控除の計算

 

      実際に支払った医療費-
          保険金などの補てん分-10万円※

※所得が200万円未満の場合、所得の5%

 

家族の分の医療費も合わせて、医療費控除を、
申告するときに、家族が受け取った保険金が、
あった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

保険金を受け取っているケース

 

 自分の医療費
 10万円

 妻の医療費
 (入院)
 7万円

 子供の医療費
 3万円

 

 妻が受け取った
 入院給付金
 10万円

 

 

このようなケースを例にして、見てみましょう。

保険金や給付金は、申告する医療費全体から、
差し引きするのではなく、受けとった人の分の
医療費
からのみ、差し引きます。

 

例えば、自分の医療費が10万円、妻の医療費が、
7万円、子供の医療費が3万円で、医療費控除
受けるとします。

 

このときに、妻が入院した時に、給付金を10万
受け取っていた場合に、家族の医療費の合計
「20万円」から差し引くのではなく、妻の分の
医療費「7万円」から、差し引きます。

 

引ききれない「-3万円」はそのままで、他の
人の分から、差し引くことはありません。

 〇 「10万(自分)」+「7万-10万(妻)」
       +「3万(子供)」-10万=5万
 × 「10万+7万+3万」-10万ー10万
    =0万

 

申告書の作成に、とりかかる前には、家族の分
も含めて、保険金などを、受け取っていないか、
今一度、チェックしてみましょう。

保険金をもらっている場合の医療費控除は…?

 




 

病院や薬局の領収書はとっておこう

 

私は、自分の医療費と合わせて、家族の分も、
医療費控除で申告できるのを、後から知って、
悔しい思いをしました。

 

 

自分の分も、妻や子供の分も、医療費の領収書
を、一切、取っておかなかったからです。

ac496527

 

かかった医療費が、大きかったので、大まかな
金額は、覚えていましたが、これでは、申告の
しようがありません。

 

私は、それまで、領収書を保管したり、家計簿
のようなものをつけたりするのは、苦手、嫌い
だったのですが、このことをきっかけに、医療
費の関係だけは、整理しておくことにしました。

 

家族の分を合わせた場合と、自分だけの場合の、
医療費は、けっこう金額に違いがあるものです。

 

その年に、必ず、医療費控除を申告することに
なるかは、わからなくても、「医療費」に関係
する、領収書類は、家族全員の分、普段から、
整理、保管しておく
ことをお勧めします。

 

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す