血圧を下げる方法!食事の見直しと減量で正常値をキープ!

 

若いころは、あまり気にもしてなかったのに、40代くらいから高くなりはじめて、ある時に頭痛や肩こり、めまいがひどく、そこで初めて「高血圧」であることに気がついた…。

 

「高血圧」の人には、けっこう多いパターンではないでしょうか?

 

そして、降圧剤をのみ続けることになる前に、食事や運動で改善できないだろうか?と考える人も、多いと思います。

 

私も、動悸や肩こりがひどく、もしかしたら?と思って血圧を測ると、上が160、下が95!

 

なんとか、薬に頼らず改善できないだろうかと思い、以前に受けた人間ドッグのアドバイスをもとに、食生活の改善と減量に取り組んでみました。

 

取り組みの結果、上が120、下が80前後まで血圧が下がり、ほぼ安定した状態になった、私が実践した方法を紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

30代後半から高血圧の傾向が!

 

父が高血圧症で、ずっと薬を服用していることもあり、私は30代の頃から、「高血圧に気をつけなさい」と、父から言われていました。

 

高血圧の原因といわれる、食塩のとりすぎ、肥満、喫煙、飲酒、ストレス、過労、血管の老化、遺伝など、ほとんどすべて、私にもあてはまっていたと思います。

 

接待やつきあいで、酒を飲む機会が多く、濃い味つけが好き。足りなければ、塩などを自分で足す、40歳過ぎまでは、タバコを毎日1箱以上。

 

124781

 

運動は好きではなく、当時、30代前半から、今でいう立派な『メタボリック症候群』でした。

 

40歳のころの血圧は、上が140、下が85くらいあり、健康診断では、たびたび高血圧に注意して、生活改善するように言われていました。




 

どうやら、食生活に原因があるのかも!?

 

血圧に注意するように、指摘されたことには、直接、関係ないのですが、10年ほど前に、禁煙しました。

 

そして、同じころに転職をしたことなどで、職場環境が変わり、お酒を飲む機会が、かなり 減りました。

 

それからは、血圧もかなり安定していて、自分自身では、とっても健康的な生活をしていると、思っていたのです…。

 

しかし!今から、2年前のことです。

 

休みの日に、家でくろいでいたのですが、何か 頭痛がしたり、肩や首が張るような感じがして苦しい。静かに座っているのに動悸がする…。

 

もしかしたら…?と思って、血圧計で計ってみると、なんと上が160、下が95

 

タバコを止め、お酒もかなり減って、血圧が安定していたのに、何でこうなったのか?

 

それから間もなく、会社で定期健康診断 受けたのですが、結果が戻ってきて、答えが 一目瞭然でした!

 

img168

 

体重は、過去最高の75㎏、腹囲も89㎝、血圧も高い状態、血中脂肪や肝臓系の数値も高く、総合判定『E』要精密検査、となったのです。

 

このお腹、この体重、きっと血もドロドロ…。これでは血圧も高くて当然だと納得。

 

これは、いくらなんでもまずい!そして、 まず自分でできることはやってみて、改善しないようなら病院に行こう、と決めました。

 

 
スポンサード リンク


 

人間ドッグのアドバイスを思い出す

 

そして、以前に受けていた大学病院の人間ドッグで、先生からメタボを指摘されて、アドバイスを受けた内容を思い出しました。

 

BMI(体格指数)は22が、理想的な数値なので、その数字を目標に、体重を減らす。私の場合は、身長が174㎝ですので、計算すると、理想体重は67㎏前後、ということになります。

 

②体重が減れば、血圧も、血中の脂肪の数値も改善する。

 

③体重を減らす上では、夕飯を軽めに済ます。特に、ご飯類は18時以降には食べない。食べるなら、夕方までにおにぎり1個などで済ませる。

というものでした。

 

最初は、まず間食をやめたり、食事の量を全体的に少なくしたりして、-3㎏の72㎏まで体重が減りましたが、血圧の方はあまり改善しませんでした。

 

そこで、高血圧の改善に効果が期待できる食品を中心に、食生活を改善して減量しようと、決心したのです。

「手軽に取り組めて、血圧に効果のある運動は?」

 

私は、バツイチのシングルファザーなのですが、子供の食事を、すべて私に合わせるわけにはいきませんので、私の分だけ、入れ替えたりできるものを考えて、実行しました。




 

夕飯を納豆、豆腐中心のメニューにする

 

それまでも夕飯は、ご飯、お味噌汁、主菜、副菜、といった感じで、普通の内容・量でした。

 

ただ、私自身の仕事の時間や子供の帰りの時間などで、夜の9時過ぎに食べ始めることが多く、子供が食べない分は、自分が食べて片づけたりしていたのです。

 

あきらかに、この部分が良くないと考えて、私の夕食は、味噌汁と納豆味噌汁と豆腐というような食事に切り替えました。

 

朝と昼に、バランスを考えてしっかり食べて、夜は少ない量にするという作戦です。

 

nattou

 

また、納豆も豆腐も、大豆の良質なタンパク質をとることができ、大豆にはカリウムが豊富に含まれていて、血圧を下げる効果が、期待できます。

 

そして、納豆にはナットウキナーゼという酵素の働きで、血液をサラサラにして、高血圧を改善する効果もあります。

 

はじめのうちは、物足りないと感じましたが、味噌汁の具を多めにしたり、野菜は制限せずに食べるなどして、この食事は今も続いています。

 

また、週に1~2回は、夕飯に肉類を食べたり、週末には軽く晩酌をしたり、ストレスにならない程度に続けるのがポイントかと思います。




 

毎朝、黒酢を飲む

 

黒酢は、以前にも飲んでいたことがあったのですが、あらためて毎日飲むことにしました。酢は高血圧の改善や、血液をサラサラにする、内臓脂肪を減らす、などの効果があります。

 

また、アミノ酸も豊富で、疲労回復にも効くということで、私はボトルの黒酢を買って、朝食後に、30mlほどを、氷水で割って飲むようにしました。

 

もちろん、そのままでは飲みにくいのですが、空腹のときに飲んだり薄めずに飲むのは、酸の影響で、胃の粘膜などを痛めることもあるので、注意が必要です。

「お酢が血圧に効く!?」についての詳しい記事はこちらへ

 

慣れれば、飲みにくいとは感じませんが、どうしても酢が苦手な場合は、サプリメントを取り入れるのもよいでしょう。

 

 
スポンサード リンク


 

朝食に大豆と野菜のスープを飲む

 

私は、子供のころから、朝がパン食でした。オムレツ、ベーコン、ハッシュドポテトなど、朝食がどうしても、高めのカロリーになりがちです。

 

かわりに、玉ねぎ・にんじんと、大豆などの豆類を煮込んだトマトベースのスープを作り、毎日、飲むことにしました。

 

DSCN1043

 

大きな鍋で煮込んで、数日分を冷蔵庫にストックしておきますが、味付けはコンソメのみで、塩はほんの気持ちだけです。

 

大豆は、大豆ペプチド、イソフラボンなどが、血液をサラサラにして、血圧を下げてくれる効果があります。玉ねぎも、イソアリインや、ケルセチンといった成分が、やはり、血液をサラサラにして、血圧を下げる働きを、します。

 

野菜と豆類がたっぷり入っているので、これだけでも、十分、朝の一品になります。

 

4ヶ月で理想体重に!血圧も改善!

 

納豆、豆腐中心の夕食、黒酢、野菜と豆のスープ、この3つで理想体重まで減量して、血圧を下げられるように、スタートしてから、4ヶ月結果が出ました!

 

体重は、なんと4ヶ月で、72.6㎏から65.5㎏と、 -7㎏の減量に、成功!

 

肝心な血圧の数値ですが、上が120、下が80、だいたい、このくらいで、冬も夏も、安定しています。

 

DSCN1045

 

まだまだ安心はできませんが、高血圧を放っておいて、脳卒中や心筋梗塞などの病気になって、家族に心配や迷惑をかける可能性を、少し減らすことができたかな?と思います。

 

そしてうれしいことに、体重が減ったことでポッコリとしたお腹が、とてもスリムになりました。

 

はじめは、夕食も物足りない思いをしたこともありましたが、なんとか続けているうちに、結果を実感できて、また、続けられた…そんな感じです。

 

高い血圧を改善できた方法として、参考になれば幸いですが、経過を必ず見ながら、なかなか改善がみられない場合は、病院で 医師の診察を受けることを、お勧めします。

 

スポンサード リンク

 

コメントを残す