タバコをやめたいけど…禁煙するメリットって何があるの?

 

『うわ~、クッさぁ~!!!』

『最悪ぅ~!』

 

エレベーターに、乗り合わせた、若いOLさんの会話に、『えッ!?俺のこと?』と、思わず、ギクッとしました…。

 

でも、違ったようです^^

 

『B課長さァ~、最高にクサいよね!』

『加齢臭とヤニ臭さの、ダブルミックス!』

 

どうやら上の階の喫煙ルームで一服して、途中まで一緒にエレベーターに乗っていた課長さんのことでした。

 

私は禁煙して、13年近くになりますが、あのままタバコを吸い続けていたら…と思うと、ゾッとしました。

 

きっと『最高に、臭い!』とか、言われていたのでしょうね…。

 

つくづく、タバコをやめていて良かった!と思いました。

 

何回か禁煙に挫折しましたが、タバコをやめるメリットは本当に大きい!と実感しています。

 

禁煙を考えている、または禁煙中だけどくじけそう!という、あなた!

 

20年以上の喫煙歴だった私が、禁煙するメリットについてまとめてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

クサい臭いや汚れと無縁に

 

禁煙するメリットの一つ目は、クサい臭いやヤニの汚れと無縁になる、ということです。

 

まずは、タバコのニオイ

 

タバコを吸っていた時は、家族などから『タバコくさい~』と言われることが、よくありました。

 

禁煙してしばらくすると、ニオイのことを言われることが無くなり、今は年頃の娘からも『クサい』と言われることは、全くありません。

 

逆にタバコをやめたら、吸っている人の息や、汗、髪、服など、とにかく体からのニオイがすごく気になります。

 

タバコを吸っていた時はわからなかったのですが、自分も『こんなニオイだったんだ』と思うと、ちょっとゾッとします。

 

407660

 

そしてシャツなどの汚れも、禁煙してからはまったく違います。

 

タバコを吸っていたころは、ワイシャツやアンダーシャツの首回りや脇の部分が、すぐに黄ばんでしまっていました。

 

もちろん、日々着ているものなので、黒ズミなどの汚れは付きますが、あの頃のように黄ばむということは無くなりました。

 

体じゅうにタバコのヤニがしみ込んでいて、ニオイや汚れとして、体からにじみ出ていた…そんな感じです。




 

 

肩身の狭い思いや、イライラが無い

 

私が禁煙を決意したころよりも、ずっと喫煙者に向けられる世間の目が、すごく厳しくなっていると感じます。

 

  • 私が住んでいるマンションでは、『共有部分やバルコニーなどからタバコのニオイがする』という苦情が、よく出ます。

    そのたびに管理組合から「~階部分の通路」とか「~の南側階段付近」など場所まで特定されて、注意喚起の回覧が掲示板に貼られます。

 

  • 配送の仕事をしている知人は、納品先から『品物や制服が、タバコくさい』とクレームを受けました。

    会社から厳重注意を受けて、担当替えになったのですが、結果的に歩合給が減り、減収になってしまいました。

 

このような肩身のせまい思いや、周囲の厳しい目から、まったく無縁でいることができます。

 

  • 駅など公共の場でも、禁煙のエリアが目立ちますが『ああ、一服したい!』という欲求が無く、喫煙場所を探すことも、ありません。

    デパートのレストラン街などで家族で食事をする際も、中座して店を出て、喫煙所に行くようなことをしなくても、済みます。

 

こういった吸えないイライラや、不便を感じることがまったく無いのです。

 

 
スポンサード リンク


 

健康面で実感すること

 

『喫煙者は、タバコを吸わない人に比べて10年寿命が短かい』

『喫煙していると、がんや心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まる』

など、タバコは健康に良くないことだらけです。

 

生活していて『自分の寿命が延びている!』と実感することはできませんが、調子が良くなったと思うことがいくつもあります。

 

  • まず、タバコを吸っていたころに比べて、はるかに風邪を引きにくくなりました。

    以前は、一度引くと治りにくく、せきやタンの症状が長引いていましたが、そういうこともなくなりました。

 

119974

 

  • タバコをやめてからは、少々お酒を飲みすぎても、悪酔いしたりひどい二日酔いになることが少なくなりました。

    お酒を飲みすぎるときは、たいてい時間も長くなりがちで、タバコを吸う本数多くなることが影響していたのだと思います。

 

  • タバコをやめたら、食べ物の味や香りよく感じるようになりました。

    以前は、味が足りないように感じて、などを足して食べることが多かったのですが、そのようなことが全く無くなりました。

    結果的に塩分のとり過ぎが解消され、高めだった血圧も正常範囲収まっています。




 

金銭的なメリット

 

金銭的なメリットも、大きいです。

  • まず、タバコを買わなくなったことでタバコ代がかからなくなりました。

    タバコをやめたとき、ひと箱が280円。だいたい、月に25箱前後吸っていました。

    その後値上がりした分も入れて、ざっと計算してみたら、約130万円支出が減ったことになります。

 

150924

 

  • タバコをやめたことで、生命保険に安く入ることができました。

    もともとタバコを吸っていない人や、禁煙して一年以上たっている場合に、ニコチンの反応の検査を受けて加入する非喫煙型の保険があります。

    普通のタイプの保険に比べて、私の場合は約18%くらい割引になり、年間で約22,000円、加入して10年なのでトータルで、約22万円節約できました。

非喫煙型の保険についての詳しい記事はこちらから

 

  • 車を下取りに出したり売却のときに、禁煙車とそうでない場合とでは、査定で2万円~8万円位差が出ると、教えられました。

    私は、禁煙後に買った車を売却しているのですが、約6万円ほど高く買い取ってもらうことができました。




 

私が一番感じるメリット

 

タバコをやめて、約13年。

 

感覚的には、タバコを吸っていないことが当たり前になっています。

 

ですので、ニオイやイライラ、体の不調などから無縁になったメリットや、金銭的なメリットなども、だんだん実感が薄れてきています。

 

そんな中でも『禁煙して良かった!』と、常に思うことがあります。

 

それは…『意思が強くなったこと』です。

 

これが私にとって、禁煙の一番のメリットです。

 

例えば、健康診断でメタボを指摘されて、生活習慣を改善する、アルコールの量を控えめにする、何かの資格をとろうと時間をやりくりして勉強する…。

 

以前だったら、調子よくスタートしても、少しすると『自分には無理。』『また明日頑張れば…』と、簡単にあきらめたり先延ばしにしていました。

 

そういう時に、『禁煙できたのだから、これぐらいは出来るはず!』と思うようにしたところ、自分でも意外なほど集中できたり、続けられるようになったのです!

 

「禁煙に成功した」ことが自信になって、別のことに挑戦、その壁を乗り越えると、それがあらたな自信になって、また次へ…。

 

タバコをやめる前とやめた後では、健康面、体力面はもちろんのこと、生活環境や仕事などあらゆる面で、質が向上しました。

私が『スッパリ!』と、禁煙に成功した記事はこちらへ

 

禁煙を目ざしている、あなた!

禁煙には、大きなメリットが待っています!

頑張りましょう!

 

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す