プランターの土を捨てるには?使い終わった後どうする?

 

しばらく手入れをしていなかったバルコニーのプランター

 

何か花の苗を植えようと思いましたが、前に土を入れた時からずいぶん経っているので、新しく園芸用土を買ってきて土を入れ替えたい…。

 

ついでに、使わないプランターを整理して、要らない土を一緒に処分しよう!

 

そう思ったのですが…!

 

プランターや植木鉢などで使っている土を捨てたい場合、どうやって捨てればいいの?

 

という疑問が浮かんできました。

 

一戸建てで庭でもあれば、どこかすみの方に捨てておくとか植え込みの土と混ぜてしまえばいいのでしょうけど、マンションだからそれは無理…。

 

プランターで使っていた土を再生して使えるようにする方法もあるようですが、バルコニーだと土を混ぜあわせたりするのにスペースも十分じゃないし、ちょっと面倒…。

 

かといって、その辺の空き地や草むらに勝手に捨てるというのもどうかと思う…

 

ということで、プランターの土を捨てるのにはどうしたらよいか、調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

自治体のゴミ回収に出す

 

まずは住んでいる自治体で「プランターなどの土」をゴミとして回収していないか、市区町村のホームページや広報誌などで調べてみましょう。

 

自治体によっては「プランターなどの土」をゴミとして回収してくれます。

 

例えば…

  • 札幌市
    燃やせないゴミで出す(有料) なるべく小さい袋に入れる

 

  • 大阪市
    普通ゴミで出す ゴミに混ぜて少量ずつ捨てる

 

  • 福岡市
    燃えないゴミで出す 指定のゴミ袋に入れる

などです。

 

また…

  • 仙台市
    できれば自然に返して処分してほしい(具体的な方法は書いてありませんでした…)
    集合住宅などで難しい場合は、少量ずつ家庭ゴミで出す

というところもあります。

 

 

住んでいる市町村で土をゴミとして回収してくれるところであれば、これが一番簡単で確実な方法ではないでしょうか?

 

それぞれ、決められているゴミの区分にしたがって捨てるようにしましょう。

 

自治体の中には、「土」は回収ゴミとして出せないというところもあります。

 

例えば…

  • 千葉市 
    「土」は回収は不可。購入店、メーカーなどに問いあわせを。

 

実は…私の住んでいる地域も「土」はゴミとして出すことができません。不燃ごみ、粗大ごみでも回収は「不可」になっているので、方法を考えないといけないのです。

 

ホームセンターで回収してもらう

 

園芸用土を売っているホームセンターの中には、プランターなどで使った土を回収してくれるところがあります。

 

古くなった園芸用土を回収してくれるホームセンター

  • 「HOME’S(島忠)」
    購入した商品(土)と同等、同数の引き取りをしてくれる(不用品引き取りサービス)

 

  • 「ユニディ」
    土の捨て場が用意されているが園芸用土を買った人が対象

 

  • 「ジョイフル本田」
    園芸用土を買った場合に、その空き袋にいらなくなった土を詰めて持っていけば引き取ってくれる(石とか砂利は取りのぞいておく)

 

また…

  • カインズホーム
  • ロイヤル
  • ビバホーム
  • ケイヨーデイツー
  • コーナン

などでは「土」の回収はしていません(2018年5月現在)。

 

ここにあげたホームセンター以外のところでも、改修してくれるところがあるかもしれません。可能かどうかは、ホームページまたは電話で問い合わせをしてみてください。

 

 

ホームセンターで土を回収してもらえるのは、ほとんどがお店で「園芸用土」などを買った場合に古い土を引き取ってもらえる、ということのようです。

 

新しいものに植え替えたりするので園芸用土を買う場合はいいのですが、今回の私のように、ただ「いらない土を捨てたい」ということでは引き取ってもらえません。

 

いらない土を回収してくれる業者があった!

 

ネットで検索をして調べてみたら、ありました!

 

バイク、パソコン、楽器…などの回収というのはよく目にしますが、「土」の回収というのもあるんですね。

 

『WisteriaGarden(ウィステリアガーデン)』

ウィステリアガーデンのホームページ

東京都内が回収対象の地域になりますが、

  • 植物の根や茎が混ざっている土 1キロあたり80円(回収料金)+基本料金
  • 根や茎など混ざっていない土 1キロあたり40円(回収料金)+基本料金

で、自宅の玄関先まで回収に来てくれるというサービスです。

 

また東京都世田谷区内で月に2回行われている「資源持ち込み市」に持っていけば基本料金がかからずに回収料金のみで引き取ってもらえるようです。

 

他にも一定のエリア内で「回収サービス」を行っている業者がありますので「土 回収」などで検索してみましょう。

 

また、地域に関係なく「土」を回収してくれるサービスもありました。

 

『土の回収.COM』

土の回収ドットコムのホームページ

いらなくなった「土」を宅配便を使って回収してくれるサービスです。

料金は15kgまで2,700円です。料金を払うとビニール袋と宅配便の伝票がセットになった「回収キット」が届きます。

段ボールは自分で用意して、土を「回収キット」のビニール袋に入れて、重さを確認して発送すれば終わりです。

 

 
スポンサード リンク


 

残土処分業者に持ち込む

 

工事現場などで出た土砂などを引き取る「残土処分業者(産業廃棄物運搬業)」では、庭やプランターなどで使っていらなくなった園芸用の土を引き取ってくれるところがあります。

 

土のう袋(豪雨のときなどに家の入り口などに積んでいる土が入った袋)に入れ、持ち込んで引き取ってもらいます。

 

料金は土のう袋で1袋200円~500円です。

 

残土処分業者の場合は、土のに混ざっている根や茎、小石などを取りのぞかなくても、そのままで引き取ってもらえるようです。

 

 

どこの残土処分業の会社でも個人の持ち込みを受けつけているわけではありませんが、プランターの土をそのまま土のう袋に詰めればいいので、持ち込みが出来る場合は手軽な方法かもしれません。

 

※いきなり持ち込むことはできない場合もあるので、前もって問い合わせ、連絡をしておきましょう。

 

自治体のリサイクルサービスを利用する

 

自治体によっては住民向けに、土のリサイクルサービスをしているところがあります。

 

プランターなどで使われていた古い土を回収して、たい肥などをまぜて園芸用土として再生して無料配布をするというサービスです。

 

東京都中央区や江戸川区などでは、

  • 週1回、区内の小学校や清掃事務所、区のイベント会場などで土を回収
  • 一世帯20リットルの袋一つまで持ち込みが出来る
  • 区民が対象のサービス

 

大阪府営の住吉公園や住之江公園などでは、

  • 要らなくなった園芸用土を公園事務所で回収してくれる
  • 公園事務所で住所や名前などを記入して受付する
  • 1回1家庭あたり20リットルまでの上限がある

などです。

 

自治体のリサイクルサービスは、住民向けに行われているものなので無料で引き取ってもらえますし、回収場所もそれほど遠くないところが多いので手軽に土を処分することができます。

 

園芸用土としてリサイクルされた土は、希望者に無料で配布されているので、また植物が育つための「土」として使われるというのもいいですね。

 

住んでいる市町村や都道府県でこのようなサービスがあれば、「土」の処分方法として一番良いのではないかと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

他にも方法を考えてみた…

 

要らなくなった土を処分するのに、他にも何か良い方法がないか考えてみました。

  • 農家や家庭菜園をやっている人に引き取ってもらえないか相談してみる
  • 自分で土を再生して園芸用土として人にあげる

などの方法が思い浮かびましたが…

 

タイミングよく土を引き取ってくれる人、受け取ってくれる人を探して、見つかればいいのですが、少し時間と手間がかかかりそうです。

 

 

また、私は試しに近くの畑で「土」引き取ってもらえないか聞いてみたのですが、畑の土は育てる野菜に合わせて手入れをしているものなので、使い終わった土を持ってこられても困る…ということで断られてしまいました。

 

持ちこんで処分してもらいました

 

我が家のプランターで使い終わった土は、ゴミとして出すことができず、自治体のリサイクルサービスもないので、残土処分の業者へ持ち込んで処分してもらうことにしました。

 

土のう袋に入れ処分場へ持ち込んで、1袋15kgまで400円で引き取ってもらうことができました。

 

いくら「土」とはいっても、やたらに捨ててしまえば「不法投棄」ということになります。

 

自分で根や茎、小石などを取りのぞいて、再生材などを使って園芸用土として使えるようにすることが出来て、その土が再び植物を育てるのに使ってもらって役にたつならば、それが一番良い方法だと思います。

 

私の場合は、もらってくれる人が見つかりそうもなく、マンションの狭いベランダで土を再生するのも大変だったので、土の処分にかかる金額も「ガーデニングを楽しむための費用の一部」というように考えて有料での処分をお願いすることにした次第です。

 

 
スポンサード リンク


 

あわせて読みたい記事と広告

コメントを残す