ぽっこりお腹解消のダイエット!食事中心で成功した方法とは?

 

秋から冬の間はアウターで隠せても、夏が近づくと隠し切れないのが、ポッコリお腹

 

基本的に運動が好きではない!中年オヤジの私が、食事をメインにダイエットに挑戦!

 

4ヶ月で体重が『-7㎏』を達成、ボテッとしたお腹もスリムになり、その後も体形を維持している方法を紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

50歳過ぎの中年オヤジがダイエット

 

まず、今回ダイエットに挑戦した私ですが、年齢は50歳過ぎの中年オヤジ。配送の仕事をしています。

 

配送の仕事というと、飛脚マークのお兄さんのイメージからハードに思えますが、私の会社は それほどではなく、運動量は満員電車で通勤しているサラリーマンと変わらないでしょう。

 

身長は174㎝、20歳の頃の体重が58㎏、30代以降は、だいたい70㎏前後です。

 

これまでもメタボ気味で、30代後半からは健康診断で体重と血中脂肪について、注意や指摘を受けることがたびたびでした。




 

ダイエットを思い立ったきっかけ

 

以前はずっと営業の仕事をしていたので、 お酒を飲む機会が多かったのですが、現在は運転の仕事、かつ、車通勤ということもあり、お酒を飲む機会はほとんど無くなりました。

 

お酒を飲む機会もなく、朝から体を動かして…と考えたら、健康的な生活に思えるのですが、実はとんでもないことになっていたのです。

 

今までどんなに多い時でも、体重は70㎏前後だったのが、会社のの健康診断で、なんと75㎏を超えてしまいました!

 

中性脂肪やコレステロールも基準値を超えて、『総合判定E』という、恐ろしい評価が下りました。

 

img167

 

「要精密検査」ということで、一度病院で診察を受けなさい!という指示でしたが、まあ、そのうちに…と少しのんきに構えていました。

 

そんなのんきな私が『この腹を、なんとかしなきゃ! 』と痛感する出来事が…。

 

仕事の最中に荷物を持ち上げようとして、前かがみの姿勢になったのですが、その時にちょうど自分の姿が、お店のショーウィンドウ映ったのを見てしまいました!

 

その姿にあ然!ただでさえ、ボテッとしているお腹が、前かがみになっているので、余計にたれ下がって、すごくみっともない恰好だったのです。

 

しかも!ショーウィンドウの中の若い女性店員さんが、二人でこちらを見ながら、笑っているではありませんか!

 

これはいくらなんでも格好悪い!そう思って「絶対にお腹をスリムにするぞ!」と決心、ダイエットを始めました。

 

そして、まず菓子パンや菓子類の量を控えて、代わりに野菜ジュースを飲んだりすること から始めたのですが、マイナス2~3㎏くらいで、いきなりつまずいてしまいました。

 

 
スポンサード リンク


 

人間ドッグのアドバイスを思い出す

 

なんとかしてダイエットに成功して、結果を出したいと思い悩んでいたとき、以前に受けていた、人間ドッグでのアドバイスを思い出しました。

 

メタボリック症候群を指摘され、医大の健診センターの先生から、『夕方の6時以降はご飯類を抜くようにしなさい。』と、アドバイスされたことがありました。

 

Print

 

「夜、特に就寝前の3時間以内に食べたご飯類(炭水化物)は消化されず、糖分から脂肪になって溜まっていくだけですよ!」

 

『そう言われても、そんなの無理!』としか、当時は思いませんでしたが、今回は夕食中心に見直してみようと、作戦変更です!




 

あまり無理はせずに、3つのことを実行

 

スタートは、誕生日を迎えた4月の下旬です。

 

とにかく、現状では食べ過ぎの状態なので、ダイエットをして体重を減らすことによって、ボテッとしたお腹も引っ込むだろうと考え、 3つのことを実行するようにしました。

 

①夕飯は、納豆1パック、小さい豆腐(200g)と味噌汁を基本のパターンにして、ご飯や麺はとらない。

長く続けられるよう野菜は制限せず食べて、肉も種類や調理方法を工夫して、週に2~3回は食べてもよいことにする。

 

nattou

 

②ダイエット効果の確認するために、タニタの体組成計を購入。

BMI(体格指数)の標準「22」を目標にする。身長から逆算すると、目標の体重は67㎏となりました。

 

③普段使っている手帳に、食べたものの量とおよそのカロリーを記入する。

⇒食材のカロリーを調べるのは、このサイトが便利です

 

朝と昼は基本的にあまり制限せず、いつもの量を心がけ、間食も控えめにするようにして、ポッコリ解消へ向けてスタートです。

 

スポンサード リンク

 

1ヵ月目から順調に効果があらわれる

 

ダイエットをはじめるのにあたって、3つのことを決めて実行するようにしましたが、それぞれが結果に結びついていたと思います。

 

納豆と味噌汁、納豆と豆腐などのメニューで夕食を済ますのは、最初のうち、慣れるのに時間がかかりました。

でも薬味を工夫したり、ゆっくり食べるようにしたりしているうちに、朝と昼をきちんと食べていれば、夜は少なめでも全然気にならなくなりました。

 

体組成計は、毎日計るようにして、体重と内臓脂肪レベルの数字は手帳に記入するようにしました。

一日くらいでは多少の増減がありますが、1週間くらいになると効果が実感できます。

また、『ちょっと食べすぎたなぁ~』と感じた翌日、翌々日あたりには、数字が上昇するので、すぐにわかります。

 

③毎日、毎食、食べたもののカロリーを記入するのは、最初とても面倒でした。

でも記入を続けていると、野菜などがある程度、摂れているかや、バランスわかるようになってきました。

また私の場合は休みの日など、時間がある時に間食が多くなったりする傾向もわかってきました。

 

4月の下旬にスタートしたとき体重は72㎏、5月の末にマイナス3㎏の69㎏と、順調に結果が出てきました。




 

4ヶ月でポッコリを解消、他にも効果が!

 

具を多めにした味噌汁と納豆、キムチ豆腐と納豆など、開始から2か月ほどすると、納豆メインの夕食にもすっかり慣れてきました。

 

多少のペースダウンはあったものの、スタートしてから4ヶ月で、目標を達成することができたのです!

 

4月26日にダイエットを、スタートした時の体組成計の数値です。

  • 体重    72.6㎏
  • BMI   23.8
  • 体脂肪率  19.7
  • 内臓脂肪レベル 12.0

 

約4か月後の8月24日に、体組成計で測定すると…

  • 体重    65.5㎏
  • BMI   21.6
  • 体脂肪率  16.4
  • 内臓脂肪レベル  9.0

というようになりました!

 

そして、ダイエット前はウエスト88cmの作業ズボンがジャストサイズでしたが、ダイエット中から、ベルトなしではゆるゆるに…。

 

そして、お腹の肉がはみ出していたウエスト82cmのGパンは、ベルトをしてちょうどのサイズになりました。

 

ダイエットを開始してから、あと1ヵ月で1年になりますが、現在も体重は65~67㎏の間をキープしています。

 

スリムなお腹になってうれしいだけではなく、ダイエットに取り組んで良かったなと思うことが、いくつかあります。

 

以前は、仕事中に体が重く感じたり、息が切れるような感じがあったのですが、そういうことが無くなりました。

 

また、40代前半くらいから高めだった血圧が、ほぼ標準値で安定しています。

私の場合、高めの血圧にダイエットと「お酢」が効きました!

 

そして、健康診断でしょっちゅう指摘されていた中性脂肪、コレステロールなどの数値も改善したのです。

 

ダイエットというとリバウンドが心配ですが、私の場合は、一年近くたった今もまったくありません。

 

DSCN1041

 

体組成計に乗ると、体重やBMIの数値などが液晶で表示されて、最後に『体内年齢』表示されます。

 

最近、この『体内年齢』が『38歳』とか『37歳』!なのです。これが、私のひそかなモチベーションです。

 

『見た目はすっかりオヤジだけど、体内は15歳近くも若いんだぞ!』と、心の中で自画自賛してます!

 

ポッコリお腹は見た目だけの問題ではなくて、生活習慣病すべてと関係しています。

 

夕食を、納豆メインの少なめな量にすることで改善できた、この方法ですが、メタボが気になる、あなたの参考になれば幸いです。

 

スポンサード リンク

 

コメントを残す