東京の寄席でおすすめは?初めての人も楽しめる浅草へ!

 

「テレビもいいけど、寄席でナマのお笑いを見てみたい!」

「寄席に行ってみたいけど、おすすめは?」

 

都内には上野、浅草、池袋、浅草などに寄席がありますが、おすすめは、初めての人もそして常連さんも満足できる「浅草」です。

 

浅草には「寄席」が2か所と、お笑いのライブを公演している劇場があって、その日の気分、一緒に行く人の好みなどで選べますし、その気になれば、お笑いの「はしご」なんていうこともできちゃうからです。

 

今回紹介する浅草の3か所は…

  • 落語をメインに楽しみたい
  • 漫才やコント中心のお笑いがいい
  • 元気な若手のお笑いを見たい

という感じで、どんなものを見たいかによって、それぞれの寄席、劇場の特長にわけて紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

浅草演芸ホール

 

「落語」をメインに楽しみたい!という人には、「浅草演芸ホール」がおすすめです。

 

浅草演芸ホールは、昭和39年のオープンから50年以上、毎日、落語の公演を行っている「落語定席(じょうせき)」の「寄席」です。

 

google ストリートビュー

 

公演は、前座の若手から真打までの落語が聞けるほか、間に「いろもの」としてコントや漫才、曲芸、マジックなどが入り、バラエティーに富んだ笑いを楽しむことができます。

 

毎月「落語協会」と「落語芸術協会」が上席(かみせき)、中席(なかせき)、下席(しもせき)の10日間のサイクルで入れ替わりで公演を行っています。

 

「落語協会」には、笑点やラーメンでもおなじみの林家木久扇をはじめ、2012年に21人抜きで真打昇進を果たし、今一番チケットの取りにくい落語家と言われている春風亭一之輔、漫才では「山形では~」でおなじみのロケット団などが所属しています。

 

「落語芸術協会」は、笑点でおなじみの春風亭昇太三遊亭小遊三、漫才のナイツ、マジックの山上兄弟(てじなーにゃ!)が所属、会長は笑点の大喜利の先代の司会、桂歌丸師匠です。

 

 

前座さんの初々しい落語に客席から声援が飛んだり、真打の出番では「待ってました!」という掛け声に「昼間からずいぶん暇な人が多いんですね~」などと返して、客席がドッと湧いたりするのも、寄席ならではの魅力のひとつです。

 

毎日の公演は、特別興業のときを除いて

  • 昼の部 11時40分~16時30分
  • 夜の部 16時40分~21時00分

二部制になっています。

 

チケットは11:00から販売

  • 大人 2,800円
  • 学生 2,300円
  • 子供(4才~) 1,500円

なのですが、

 

実は!昼の部、夜の部で入れ替えが無いので、昼の開演から入って、夜までぶっ通しで楽しむこともできるんです(年末年始など特別興業のときは入れ替えがあります)。

 

また館内は飲食自由、お弁当などの持ち込みもできますし、中に売店があるのでお弁当やお菓子、ビールなどを買うこともできます。途中でお腹が空いたらお弁当を食べたり、軽く飲んだりしながら、お笑いを楽しむ…なんていうことができちゃいます。

 

 浅草演芸ホール

〒111-0032  東京都台東区浅草1-43-12 (六区ブロードウエイ 商店街中央)

TEL 03-3841-6545

 

東洋館

 

漫才やコントなどのお笑いを楽しみたいという人には、浅草演芸ホールと同じ建物の4階にある「東洋館(浅草フランス座演芸場東洋館)をおすすめします。

 

google ストリートビュー

 

東洋館の前身「東洋劇場」では、若い頃のたけしさんがエレベーターボーイをしていたことでも知られています。

 

公演は「いろもの」と呼ばれる漫才やコント、マジック、楽器漫談などの演芸を楽しむことができます。

  • 漫才協会(ナイツ、U字工事、新宿カウボーイなどが所属)
  • 東京演芸協会(漫才、落語、マジック、パントマイムなど)
  • ボーイズバラエティ協会(楽器漫談、コント、マジック、漫才)

の各団体が毎月、上席(かみせき)、中席(なかせき)、下席(しもせき)の10日間ごとのサイクルで入れ替わり、公演をしています。

 

テレビでもよく見かける芸人さんから、寄席で初めて知るような芸人さんまで幅広く出演していて、いろいろな演芸、笑いを楽しめます。

 

 

「しっかりしろ~!」などと、客席からきついツッコみが入ったり、逆に出番の最中に差し入れや「おひねり」が渡されたり、台本にはない展開も魅力のひとつです。

 

毎日の公演は、特別興業のときを除いて

  • 11:30開場
  • 12時00分~16時30分

です。

 

チケットは11:30から販売

  • 大人 2,500円(特別興業3,000円)
  • 学生 2,000円(特別興業2,500円)
  • 子供(4才~) 1,000円(特別興業1,500円)

となっています。

 

浅草演芸ホールと同じように館内は飲食自由、お弁当などの持ち込みもOKですし、売店があるのでパンやお菓子、おつまみを買うことができます。

 

アルコールを持ち込むのはNGですが、ホール内の自動販売機で買ったビールは客席で飲むこともできます。

 

 東洋館

〒111-0032  東京都台東区浅草1-43-12 浅草六区交番前(浅草演芸ホールの4階)

TEL 03-3841-6631

 

 
スポンサード リンク


 

浅草リトルシアター

 

テレビでもあまり見ることのできない若手やフリーの芸人さんなどの型にはまらない、パワーのある「お笑い」を見たいという人には、浅草リトルシアターの「The笑live!」がおすすめです。

 

浅草寺、仲見世から浅草演芸ホールに通じる「六区通り」を歩いていると、出演者の芸人さんたちが出番の前や合間に表に出て、元気良く呼び込みをしている声が聞えてきますが、そこが浅草リトルシアターです。

 

googleストリートビュー

 

いわゆる「寄席(よせ)」とは違いますが、浅草リトルシアターは入口に「世界で一番小さな劇場」と書いてある通り、客席の収容人数が30人、芸人さんのネタを本当に間近で見ることができます。

 

若手の芸人さんのための舞台ということもあり、浅草演芸ホールや東洋館に比べると、若い年齢層のお客さんが多くなります。

 

 

売れる前の若手時代に浅草リトルシアターに出演していた芸人さんも多く、何年後かにテレビで活躍するようになる「将来のお笑いスター」に出会えるかもしれませんね。

 

公演は毎日、

  • 11:00~ 1時間ごとに6回(金土日祝は17:00~も含めて7回)

 

木戸銭(入場料)

  • 大人 1,500円
  • 中高生 500円
  • 保護者同伴であれば小学生以下は無料

となっています。

 

入れ替えがないので入場料を払い3時間、4時間…と公演を楽しむことが出来ますし、途中退出して再入場も可能です(混雑時は入れ替えがあります)。

 

劇場内では飲み物の販売もあって、客席での飲食は自由です。また、外でお弁当や飲み物を買って持ち込みのもOKです。

 

 浅草リトルシアター

〒111-0032  東京都台東区浅草1丁目41−7

03-6801-7120

 

出かける前にチェック!

 

最近の落語ブームなどの影響もあるのか、以前に比べると寄席には若いお客さんも増えて、日によってはかなり混雑します。

 

ふら~ッと出かけて、「どこで見ようか…?」と寄席の前の看板を見てから決めるのもいいのですが、行ってみたら立ち見だったとか、お目当ての落語家さんや芸人さんが出番じゃなかった…というのも困りますよね。

 

 

そこで、寄席に行く前にはぜひ時間やプログラムをチェックしておきましょう

  • 浅草演芸ホールと東洋館は毎月の上席・中席・下席のプログラムがホームページに出ているので出演者がわかります(当日、急に出番が変更になることもあります)。

浅草演芸ホール ホームページ

東洋館ホームページ

 

  • 土日、祝日、ゴールデンウィークなどの連休はけっこう混み合います。浅草演芸ホール・東洋館は、確実に座るのであればチケット販売開始の40~50分前には並ぶことをおすすめします。

 

私は漫才が好きで寄席に通い始めたのですが、何回か通っているうちに落語の面白さに目覚め、最近は、好きな落語家さんの出番のある日をねらって見に行くようになりました。

 

浅草は「見たいもの、見たい人」で、3か所から選ぶことができますし、いろいろな演芸を見ることができるので「好きなお笑い」の幅が広がり、また見に行きたいと思うようになるんですよね…。

 

寄席に行くなら、浅草がおすすめですョ!

 

 
スポンサード リンク


 

趣味

フィギュアスケートで使われたアノ曲!お勧めのクラシック音楽!

 

フィギュアスケートはいいね~!最高の演技だったな~!!」

「あのプログラムで使われてた曲は、何だっけ?クラシック音楽?」

 

フィギュアスケートの熱い演技にとても感動、そして「演技に使われていた曲、すごく良かったな~。誰の何ていう曲?」と思ったことはありませんか?

 

もう一度聴きたいと思うけれど、あまり馴染みのないクラシック音楽…。

 

曲名を知りたいと思って調べようとするものの…「誰だったっけ?バッハ?ベートーベン?」「交響曲?協奏曲?」という感じで、思い出せなかったりすることも…。

 

私もフィギュアスケートの素晴らしい演技に感動して、使われている曲がすごく気に入ったのですが、どうしても思い出せず、CDショップの店員さんにあれこれ説明して、CDを探してもらった覚えがあります。

 

フィギュアスケートのプログラムの曲には、けっこうクラシックが使われますが、どれも名曲ばかりです。最近のシーズンを中心に、フィギュアスケートで使われている、おすすめのクラシックの曲について、その曲と作曲家も含めて紹介したいと思います。

 

※記事中では、世界最大のレパートリーを誇るクラシック音楽レーベル「NAXOS JAPAN」のYoutube公式チャンネルから動画を使用させていただいてます。

 

 

 
スポンサード リンク


 

羽生結弦選手SP 「バラード第1番ト短調作品23」

 

羽生結弦選手が2017/2018の平昌五輪シーズンSP(ショートプログラム)に選んだのが、フレデリック・ショパンの「バラード第1番ト短調作品23」です。

 

2015年、スペイン・バルセロナで開催されたGP(グランプリファイナル)で、自身の持つ世界最高得点を更新した演技でも使われていた曲なので、羽生選手もこの曲には、とても愛着があるのではないでしょうか。そして、この曲は羽生選手にとって、まさに「勝負曲」なのかもしれませんね。

 

 

フレデリック・ショパン(1810~1849)

 

前期ロマン派を代表するポーランド出身の作曲家。ショパンはピアニストとしても有名、「ピアノの詩人」と呼ばれていて、作品のほとんどがピアノの独奏曲です。

 

第一次世界大戦後、ショパンの故郷であるポーランドのワルシャワで創設された「ショパン国際ピアノコンクール」は、5年に一度、ショパンの命日である10月17日の前後3週間に開催されます。世界的に最も権威のあるコンクールのひとつで、世界中の若いピアニストの登竜門となっています。

 

「バラード第1番」のほかにも、ノクターン、幻想即興曲、ワルツ、練習曲の「革命」や「別れの曲」など、ショパンの曲は、多くのフィギュア選手が演技に使用しています。

 

「バラード第1番ト短調作品23」

 

1831~1835年、ショパンが20代前半のころに作曲した最初のバラードで、初期の代表作です。ショパンは、全部で4曲バラードを作曲していますが、その中でも特に人気が高いのが、この「第1番」です。

 

 

2002年公開のフランス、ドイツ、ポーランド、イギリス合作の映画「戦場のピアニスト」で使われたことでも知られています。

 

宇野昌磨選手SP ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「冬」

 

同じく2017/2018の平昌五輪シーズンで、宇野昌磨選手がSP(ショートプログラム)に選んだのが、ビバルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」の中の「冬」です。

 

宇野選手はホームページで、この曲について「ショートプログラムは冬をイメージして、ビバルディの四季より『冬』にしました。冬のイメージですが、夏のアイスショーでも滑っていきたいと思います。」とメッセージを寄せていますね。

 

アントニオ・ビバルディ(1678~1741)

 

イタリア・ヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家。バイオリニストでカトリック教会の司祭でもありました。音楽学校でヴァイオリンの教師をしていたこともあります。

 

ビバルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」は、フィギュアスケート以外でも映画やドラマ、CMなどにもよく使われているので、聞いてみると「あっ!あの曲だ!」と思うことも多いと思います。

 

ヴァイオリン協奏曲集「四季」より第4番「冬」

 

ビバルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」は有名ですが、実はこの「四季」というタイトルはビバルディ本人がつけたタイトルではありません。

 

ビバルディは「和声と創意への試み」という全12曲のヴァイオリン協奏曲集を作曲したのですが、この協奏曲集の第1曲「春」から第4曲「冬」の部分に、後から「四季」というタイトルがつけられるようになったのです。

 

※ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「冬」は3つの楽章で構成されています。第2楽章、第3楽章もNAXOS JAPANの公式チャンネルで視聴が出来ます。

 

このヴァイオリン協奏曲集「四季」の第4番「冬」は、ソチ五輪でパトリック・チャン選手がフリープログラムで使用したことがあります。

 

本田真凜選手FS 「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」

 

2017/2018のシーズンで、本田真凜選手がフリープログラム、宇野昌磨選手がショートプログラムに選んでいるのが、プッチーニの「トゥーランドット~誰も寝てはならぬ」です。

 

「誰も寝てはならぬ」は2006年のトリノ・オリンピックで金メダルに輝いた荒川静香選手がフリープログラムで使ったことでも有名なので、覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

荒川静香選手のイナバウワーは流行語大賞にも選ばれましたが、「誰も寝てはならぬ」を2017/2018のフリープログラムで選んだ本田真凜選手も、イナバウワーを演技に組み込んでいるので大きな見どころのひとつです。

 

ジャコモ・プッチーニ(1858~1924)

 

宗教音楽家の家系に生まれ、14歳で教会のオルガニストになり、宗教音楽家の道を歩んでいましたが、ヴェルディのオペラ「アイーダ」を観て、オペラの作曲家になることを決意、数多くのオペラの名曲をのこしています。

 

プッチーニのオペラというと「蝶々夫人」も有名ですが、「蝶々夫人」は浅田真央選手が2016世界フィギュア選手権などで使っています。

 

オペラ「トゥーランドット~誰も寝てはならぬ」

 

19世紀末から20世紀初めのイタリア・オペラで最高の作曲家であるプッチーニの作品です。

 

プログラムに選んだのが、「トゥーランドット」とだけ紹介されていたり、「トゥーランドット~誰も寝てはならぬ」と紹介されていたりしますが、「誰も寝てはならぬ」というのは「トゥーランドット」というオペラの中のアリア(独唱曲)の曲名だからです。

 

 

プログラムの曲は、トゥーランドットの第1幕の曲からスタートして、途中からアリア「誰も寝てはならぬ」につながるという構成になっています。

 

 

この「誰も寝てはならぬ」はプッチーニが作曲したテノールのためのアリアの最高傑作と言われています。

 

美しくも冷酷非情で知られるトゥーランドット姫が、異国の王子カラフの愛と王子を慕う娘リュウの犠牲によって、真の愛に目覚めるまでを描いたプッチーニ最後のオペラ作品です。

 

 
スポンサード リンク


 

浅田真央選手FS 「ピアノ協奏曲第2番」

 

この曲も多くの選手がプログラムに使ってきた名曲です。1992年に伊藤みどり選手が銀メダルを獲得したアルベールビル・オリンピックのフリー演技で使ったのをはじめ、村主章枝選手や高橋大輔選手もこの曲をプログラムに使っています。

 

なかでも記憶に残るのは、浅田真央選手がこの曲をフリー演技に使った、2014年のソチ・オリンピックですね。

 

この曲でトリプルアクセルを見事に跳んで、終了後には感極まって浅田選手が流した涙は、多くの人の感動を呼びました。

 

 

セルゲイ・ラフマニノフ(1873~1943)

 

ピアニスト、指揮者としても有名な後期ロマン派のロシアの作曲家。モスクワ音楽院のピアノ科と作曲科で最高の成績を収めて、1年早く卒業しています。身長が198㎝と2m近くあり、手がものすごく大きく、左手で12度の音程を押さえることができたと言われています。

 

ラフマニノフの「エレジー(幻想的小品集第1曲)は、浅田真央選手が現役引退後初めてのアイスショーで滑る曲に選んでいます。

 

「ピアノ協奏曲第2番」

 

「交響曲第1番」が初演で大変な不評を買ってラフマニノフは自信を失い、神経衰弱状態になってしまい創作活動が出来なくなってしまいます。友人のすすめで、催眠療法を受けて療養し回復、その後に完成させたのが、この「ピアノ協奏曲第2番」です。

 

※「ピアノ協奏曲第2番」は3つの楽章で構成されています。第2楽章、第3楽章もNAXOS JAPANの公式チャンネルで視聴が出来ます。

 

ラフマニノフのピアノ曲は高度な演奏技巧が要求されますが、この協奏曲は難しいピアノ曲としてもよく知られています。

 

フィギュアスケートでの出会いがクラシックとの出会いに!

 

選手の技と曲が一体になったフィギュアスケートの演技は迫力があり、綺麗で優雅、本当に感動します。

 

その素晴らしい演技を大きく盛り上げてくれて、また左右するのが、プログラムに使われている曲ですね。

 

私は、昔からクラシック音楽というものに全く興味がなく、知っている曲などほとんどなかったのですが、フィギュアスケートの演技に使われている曲に興味が沸いたのがきっかけで、今ではすっかりクラシック音楽のファンになってしまいました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀盤クラシック トゥーランドットto タンゴ
価格:1944円(税込、送料別) (2017/8/27時点)

ナクソス ミュージックストアのCD「銀盤クラシック」にはフィギュアスケートのプログラムで使われた名曲の解説やエピソードなどが紹介されたブックレットも同梱されています。

 

フィギュアスケートのプログラムに使われる曲は、演技の流れや時間に合わせて編集してあるので、「ああ、あの部分が使われているな~」と、自分が好きな曲のお気に入りのフレーズが使われていたりするのを聴くのが、最近では楽しみの一つになっています。

 

曲がつくられた背景や、作曲家の生い立ちを知ったり、曲の全体をじっくり聞いてみてから、フィギュアスケートのプログラムを観てみると、選手の熱い演技にますます感動!とてもお勧めです。

 

 
スポンサード リンク


 

趣味