確定申告で医療費控除を受ける!おむつ代を控除するには?

 

自分が若い頃には、
想像もつかなかったこと…。

 

私の場合は、親の介護が、
そうでした。

 

はじめは、現実を受け入れられないことも、
苦悩しました。

 

でも老化や、認知症の症状が進んでいくと、
そんなことも言ってられません。

 

私自身も、母が認知症になり、
7~8年になります。

 

現在は、『要介護5』の状態で、
身の回りのことを、自分ですることは、
できなくなりました。

 

実家で同居している父も、私たちも、
ケアマネージャーさんや、
デイサービスのスタッフの方々に、
支えていただいて、何とかやっています。

 

しかし、初めのころはわからないことも多く、
戸惑ったりしたこともありました。

 

たとえば、介護用のおむつの代金が、
医療費控除の対象になる、ことを知ったのも、
おむつを使いはじめて、かなり経ってからです。

 

また、対象になるのは知っていても、
レシートや、領収証をとっておいて、
確定申告のときに提出するだけ、って、
思っている方も多いのでは?

 

そこで、介護用のおむつ代を、医療費控除として、
確定申告するのに、必要な書類などについて、
調べてみました。

 
スポンサード リンク



 

医療費控除って?

 

医療費控除は、病気やけがなどで、
医療費が(一定の金額以上)、かさんだ場合に、
確定申告をすると、
税金の還付が、受けられる仕組みです。

 

いくらでも支払った分は、対象になるか?
というと、そうではありません。

 

(実際に支払った医療費の合計額

     -保険金などで補填される金額)-10万円

ということになります。

 

年間に支払った医療費のうち
10万円を超えた分、ということですね。
(最高は200万円までです。)

 

年間所得が、200万円未満の人は、
所得の5%を超えた分、になります。

MP900383004[1]                         ⓒMicrosoft

 

『えっ?10万円を超えた分?』
『そんなには、払ってないなぁ~。』
『超えたとしても、わずかだよ。』

 

こんな感じで、大した金額にはならない、
と思って、
はじめから、申告しないこともあるでしょう。

 

うちの父も、最初はそうでした。
『医療費』という言葉から
治療費などに限定して、考えてしまっていたのです。

 

控除の対象として認められるのは?

 

医療費控除の対象になるのは、
申告する本人だけではなく、
生計が一緒の家族のために、支払った、
医療費なども、ふくまれます。

 

病院で支払った治療費、処方された薬代、
自分で買った市販薬、入院や通院のための交通費
などです。

 

そして、6か月以上にわたって、
寝たきりの状態にあると、
お医者さんから、認められた場合の、
おむつ、尿取りパッドなども、対象になります。

 

介護の関連でいえば、
医療系の介護サービスの自己負担分、
福祉系の介護サービスの一部も、
対象です。

 

このように考えてみると、
意外と対象になりそうだ!ということになり、
おむつを買った時のレシートを、
保管しておくようになりました。

 
スポンサード リンク



 

お医者さんから『おむつ使用証明書』をもらう

 

家族が、介護を必要とするようになって、
おむつを使い始めても、
必ず医療費控除の対象になるわけではない、ので、
気をつけなければ、いけません。

 

お医者さんから、『寝たきり』の状態にある、
診断されることが、必要です。

 

『寝たきり度の判定基準』というものがあり、
これにあてはまるかどうか、
ということになります。

寝たきり度 ランクB

屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保つ

1.車椅子に移乗し、食事、排泄はベッドから離れて行う
2.介助により車椅子に移乗する

寝たきり度 ランクC

1日中ベッドで過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を必要とする

1.自力で寝がえりを打つ
2.自力で寝返りも打たない

(厚生労働省 判定基準より)

 

そして、お医者さんの診断がおりたら、
『おむつ使用証明書』という書類を、
発行してもらいます。

 

実は、確定申告でおむつ代を、
医療費控除として申告するには、
この書類が、必要なのです!

Male Doctor Talking with Patient                                                   ⓒMicrosoft

 

私も月に数回、実家に通って、
おむつなどの買い物をしたりして、
母の世話を、手伝っているのですが、
レシートだけ集めていても、ダメだったのです。

 

また、『おむつ使用証明書』は、たいてい有料なので、
1年間で使う、おむつやパッドのだいたいの量や、
医療費、介護保険の自己負担分などが、
『10万円+証明書の手数料』を超えそうかどうか、
おおまかに計算してみる、とよいと思います。

 

他にわかったこと

 

介護認定をうけている母が
おむつを、常に使うようになって、
そのおむつ代が、医療費控除の対象に、
なることがわかりました。

 

そして、そのためには、
お医者さんの診断と、『おむつ使用証明書』が、
必要なこともわかりました。

 

いろいろ調べたり、聞いたりして、
他にわかったことや、注意することが、
ありました。

いつから控除の対象になるか?
『おむつ使用証明書』で、お医者さんが、
診断した日から、になります。
証明書に書かれた日付が、
12月1日だとしたら、
その年の分は、12月1日から年末までの分、
ということになります。
お医者さんから、証明書をいただくタイミングも、
大事ですね。

 

レシートで大丈夫か?領収証をもらうか?
私の経験では、手書きの領収証でなくても、
大丈夫でした。
レシートには、たいてい『おむつ』の品名が、
印字されている、からです。
ただし、申告のときにまぎらわしくないように、
食品や他の日用品とは、分けて会計して、
おむつやパッドだけの分のレシートに、
なるようにしています。

 

家族の介護が、必要になってくると、
なにかと、目に見えない出費も、増えがちです。

 

我が家は、この方法で、無事、おむつ代を、
確定申告に出して、税金の還付を受けました。
おむつ代も、意外にお金が掛かるので、
少しでも、税金が戻ってきて、助かりました。

 
スポンサード リンク



 

コメントを残す