お寺で御朱印をいただく際のマナー!知っておきたいルールとは?

 

『この御朱印帳に、押すことはできません!』

 

以前から行ってみたいと思っていた、あのお寺

 

え?何がいけなかったの…?理由もわからずに、ガックリしながら引き返す…なんてことには、なりたくないですよね!

 

最近では、あちこちのお寺で『御朱印は、スタンプラリーではありません。』という、はり紙があるのを見かけることがあります。

 

お寺で御朱印を頂こう!と思ってまわる前に、知っておきたいマナーやルールを、5つのポイントにまとめてみました。

 

まず、お参りをする

 

『御朱印はスタンプラリーではありません』とはり紙がされているのは、『お参りするルールを守ってください。』ということです。

 

御朱印は「納経印」ともいい、もともとは、巡礼などでお寺へお参りして、お経を納めた証しに押されたのが、『御朱印』です。

 

白い装束のお遍路(おへんろ)さんが、お参りしてまわる、「四国八十八か所」などの霊場 巡りを想像すると、わかりやすいと思います。

 

ところが、このお経を納める「納経」がだんだん簡略化されて、参拝した証しに御朱印を押していただける寺社が出てきました。

 

そして最近の御朱印ブームでは、御朱印の魅力がメインで紹介されたため、寺社に行って、 お金を払ってもらうもののように、誤解されている面があります。

 

まずは、「ご本尊にお参り」する、そして、お参りを済ませてから御朱印をいただく、これが本来のルールであることを理解しましょう。

 

otera AC

 

 

また、霊場巡りの札所になっているお寺では、ご本尊へのお参りとあわせて、般若心経などのお経を写経したり読経して納めてから御朱印をうけるよう、言われることがあります。

 

般若心経の経本は、巡礼用品として、500円位で販売されています。

 

一冊用意しておけば、納経してから御朱印をいただくようになっているお寺でも、困ることはないでしょう。

※宗派によって違いがあり、日蓮宗、浄土真宗では、般若心経は唱えません。

 
スポンサード リンク

 

御朱印帳は神社とお寺で分けるのが無難

 

「神社の御朱印と一緒では、押せません。」といって、お寺で御朱印を断られた…。

 

「初めから、神社もお寺も一緒の御朱印帳いただいているけど、断られたことはない」

 

神社とお寺で、御朱印帳を分ける分けないは、人それぞれで、どちらが正しい、間違っている、ということを争っても意味が無いと思います。

 

ただ、お寺では、神社と混ざった御朱印帳には押さない、というところが実際にあります。

 

神仏分離の流れから、神道と仏教では、まったく別の宗教であるから、きちんと分けてもらいたいと考える住職や神職の方がいます。

 

AC otera

 

また、江戸時代までは長いこと神仏習合で、神様も仏様も一緒だったのだからこだわらない、という住職や神職の方もいます。

 

御朱印をいただく側が、「他のお寺でこだわる必要ない、と言ってた!」とか、「御朱印代をとるのに、おかしい…」などと言うのは、筋が違います。

 

どうしても、一冊の御朱印帳で寺社巡りをしたいという場合は別として、神社とお寺は、 御朱印帳を分けることをお勧めします。

 

分けずに、一冊の御朱印帳でお参りした時に、万が一断られたとしても、「納得いかない」などと、食い下がったりすることは慎みましょう。

 

私にとって御朱印は、お参りした記念でもありますが、神社やお寺で、お願いごとやお祈りをしていただいた、ありがたいお札やお守りと同じと思っています。

 

はじめのころ、御朱印について何も知らず、いろいろと調べた際に、神社とお寺の御朱印を一緒にしていたら、断れたことがある、という話を耳にしました。

 

自分が、ご縁をいただきたいと思っている神社やお寺で、なるべく気持ちよく、失礼の無いように、御朱印を受けたいと思ったので、一番最初の御朱印帳から分けています。

 

御朱印がない宗派がある

 

私は、お寺巡りをはじめた時に、宗派によって、御朱印がないお寺があることを知りませんでした。

 

実は、あるお寺でお参りを済ませて、「御朱印をいただけますか。」とお願いしたところ、「御朱印はありません。」と言われました。

 

目がテンになって固まっている私に、ご住職が「うちの宗派は、教義上の理由で、御朱印が無いのですよ。」と教えてくださって、初めて知ったのです。

 

それは、浄土真宗のお寺です。すべてのお寺が全部、ということではありませんが、教義上の理由で、御朱印は対応していません。

 

浄土真宗には、供養のために写経や読経をして、お経を納める(納経)のではなく、念仏を唱えて仏に祈る、という親鸞聖人の教えがあります。

 

お経を納める、「納経」という考え方が無いので、納経印(御朱印)も無いということになります。

 

朱印をしない理由  東本願寺HP 教化リーフレットより

 

実は浄土真宗のお寺で、御朱印を押したり墨書きはしないけれど、参拝記念のスタンプ 押してくれたり、自分で押せるようになっているところがあります。

 

参拝の記念なので!ということで、御朱印帳にこのスタンプを押していたら、別の宗派のお寺で、御朱印を断られたということがあります。

 

このケースはまれで、気にしたらキリがない感じですが、私はそれ以来、浄土真宗のお寺で、参拝記念のスタンプがあった時は、御朱印帳を別のものにして押しています。

 
スポンサード リンク

 

御朱印、御朱印帳と呼ばない宗派がある

 

これも、お寺巡りをはじめたころは、まったく知らなかったのですが、日蓮宗のお寺では、御朱印を「御首題(ごしゅだい)」と呼んでいて、御朱印帳も「御首題帳」となります。

 

日蓮宗以外の、宗派のお寺の御朱印と一緒御首題をいただこうとすると、「南無妙法蓮華経」と墨書きされるところが、「妙法」とだけ書かれて済まされたり、御首題を断られることもあります。

 

御首題帳                    ©日蓮宗新聞社

 

また逆に、日蓮宗の御首題をいただいていることで、他の宗派のお寺で、一緒の御朱印帳には御朱印をいただけないことも、あります。

 

日蓮宗のお寺は、御首題帳を一冊用意して、他の宗派のお寺と混ぜないで、御首題だけをいただくようにするとよいでしょう。

 

御朱印を押す側になって考える

 

最後のポイントは、状況や時間などに配慮してお参りしましょう、ということです。

 

観光をかねて、大勢の参拝客が訪れるような寺院であれば、「納経所」があって、応対してくださる方がいます。

 

なかにはご住職が一人で、法事など檀家の対応から、参拝に来た人への対応までをしているお寺もあります。

 

そういったお寺の場合には、ご住職が不在あれば、お参りや、御朱印をいただくことはできないこともあります。

 

また、本堂で法要などを行っているときも同じです。時間や日をあらためて出直して、お参りするという判断も必要です。

 

また、小さなお寺で、そのまま入ってよいかどうかわからない場合もあります。

 

そういう時は、ご自宅につながるチャイムなどで、「お参りさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?」と、声をかけてみるとよいでしょう。

 

そして、「お参りしてから御朱印」が基本のルールですので、「御朱印はありますか?」などと、いきなりたずねるのは失礼です。

 

お参りを済ませ、「お参りさせていただいたのですが、御朱印をいただけますか?」と、お願いするようにしましょう。

 

そして、御朱印をお願いするときに、お釣りが無いように、志納金(しのうきん)を用意しておくことを心がけましょう。

 

私の経験では、御朱印をいただく時、志納金は300円、あるいは500円のところが多く、また、「お気持ちでお納めください。」と言われる場合もあります。

 

御朱印は、お金を払って買うものや、受けるサービスではありません。お寺をお参りした証し、ご本尊と結んだご縁に納めるものです。

 

1万円札や5千円札を出して、お釣りを受け取るものではありません。出かける前の準備として、100円や500円玉を用意しておきましょう。

 

マナーやルールと聞くと、少し堅苦しくて面倒に感じるかもしれませんが、応対するご住職の側になって、考えてみると良いのではないかと思います。
 
スポンサード リンク

 

御朱印集めのマナー!御朱印帳についてのルール!これってどうなの?

 

神社やお寺を巡って、参拝の証しとしていただく御朱印がブームになり、御朱印集め始める人が増えましたね。

 

私が、家内安全や健康をお願いしながら、 神社やお寺を巡り始めて、かれこれ6~7年になりますが、そのころは今のように、人が多くなかった気がします。

 

雑誌やテレビで御朱印の魅力について知り、始めてみたという人も多いでしょう。

 

いざ始めてみたけれど、『これって、どう なの?』と、疑問に思うことが出てきた~!なんてことはありませんか?

 

私のまわりでも、最近、御朱印集めを始める人が増えてきて、私が以前から御朱印をもらっていることを知って、よく質問されることなどをまとめてみました。

 

御朱印帳は、ネット通販で買う?神社・お寺で買う?

 
スポンサード リンク

 
ネット通販で買った御朱印帳など、ダメだ!神社やお寺で、頒布しているものを使うべきだ!』

 

『せっかくお参りしていただく御朱印だから、御朱印帳は、自分の気に入った色やデザインがいい!』

 

どちらが正しい、間違っているは無い思います。

 

最近の御朱印ブームを反映してか、出雲大社ある島根県には、約百種類もの御朱印帳を販売する専門店『しるべ』がオープンしました。

 

sirube

 

神社やお寺でも女性の愛好者を意識してか、花柄のピンク色や、かわいいキャラクターデザインされている、御朱印帳を頒布しているところもあります。

 

私が御朱印をもらい始めた頃、近くの神社では御朱印帳を頒布していなかったので、1冊目御朱印帳は、大型の文具店で購入したものです。

 

その御朱印帳で御朱印をいただいていた時に、『神社のものではないからダメ!』などと、言われたことは一度もありません。

 

御朱印をいただいた御朱印帳を、ありがたいものとして大切に扱うことが大事で、その点では、自分の好みに合う御朱印帳を選ぶのは、良いことではないでしょうか。

 

神社やお寺の御朱印帳を通信販売で買えないか?

 

自分がぜひお参りしたいと思っていたり、所縁ある神社やお寺の御朱印帳を、本やインターネットで目にしたので、どうしても欲しい!

 

でも、すぐにはお参りに行くことができない…

でも、ほしい!

 

そうだ!通信販売で買うことは、できないだろうか?

 

答えは…?

 

出来ます!!

 

ただしその神社やお寺が、郵送などで頒布の 対応をしている場合に限ります。

 

お目当ての神社やお寺の御朱印帳が、郵送で購入できるかどうかは、まず、そこのホームページ見てみましょう。

 

sakuragi

 

『授与品』『お守り』『頒布品』などのページに、御朱印帳についての案内があり、『郵送での授与も対応しています』と書かれていれば、購入が可能です。

 

『御朱印・御朱印帳は、参拝された証しですので、郵送での頒布は行っておりません。』と、はっきり書かれている神社やお寺もあります。

 

郵送対応をしている神社・お寺でも、『本来はこちらへお参りいただいて、お受けいただくのが本儀ですが、やむを得ずおいでになれない方のために…』と、前置きがあったりします

 

ですので、神社やお寺がホームページ上で案内している場合は別として、出来るならば、お参りしながら購入するのが、望ましいでしょう。

 

一日で何か所も御朱印をもらいにまわるのはダメ?

 

休みを利用して、御朱印をいただきに行こうと思うけれど、せっかくだから何ヵ所かまわって、同じ日にいただくのはダメなのかな…?

 

まったく、差し支えはないと思います。

 

何か所も神社やお寺を回るというのと、少し違うかもしれませんが、例えば、成田山の本山(千葉県成田市)などは、本堂以外にも釈迦堂などのお堂ごとに御朱印があります。

 

気をつけることがあるとすれば、まわる人の姿勢の問題ではないでしょうか?

 

1か所でも多く御朱印がいただきたいので…、ただその一心でお参りをすることもなく、御朱印だけもらったら急いで次へ…、なんていうことは、慎みたいものです。

 

御朱印は『お参りの証し』であることを、くれぐれも忘れずに!気持ちをこめてお参りをしましょう。

 
スポンサード リンク

 

御朱印帳の表すべてにもらったが、裏にもらってもいいの?

 

御朱印集めの楽しさにはまり、お参りした神社やお寺も増えて、そろそろ御朱印帳がいっぱいになってきた…。

 

「すでに御朱印をいただいている裏側に、押していただくのは失礼にならないだろうか?」

 

続けて同じ御朱印帳の裏側にもらっていっても、まったく問題はありません

 

御朱印帳の表だけしか使ってはいけない、という決まりはありませんし、逆に両面使わなければいけないとも、決められてはいないからです。

 

ちなみに、私は御朱印帳の表だけに、御朱印 をいただいています。

 

御朱印帳には、奉書紙(ほうしょがみ)などの厚手の紙が使われていますので、あまり心配はないと思いますが、にじみや、裏うつりしたら嫌だというのが理由です。

 

Ac washi

 

表がいっぱいになって、裏ももらおうかと考えている場合は、紙質がどうかで、判断してはどうでしょうか?

 

裏面に、にじみや裏うつりが無ければ、そのまま裏面に続いて押していただいていってよいでしょう。

 

ルールやマナーを守って、お参りしよう

 

私も、御朱印をいただき始めたころは、御朱印帳使い方などについて、わからないことが多少はありました。

 

しかし、お参りの回数を重ねるうちに、神社やお寺の方とお話しする機会があったりして、御朱印帳自体には、あまり細かい決まりなどが無いということがわかってきました。

 

逆に、「御朱印ブームのおかげで、参拝者が増えたのはいいけれど…」と、お参りの際のマナーなどを、気に留める声が聞かれます。

 

神社もお寺も、御朱印の対応ばかりが業務ではありません。

 

こちらは、御朱印が目的で心ウキウキでも、御朱印には関係ない参拝者や、氏子、檀家の方もお参りに来ているでしょう。

 

ですので、色やデザイン、どこのものがいいと、御朱印帳にこだわるのと同じくらい、お参りの際のマナー、ルールにも気を付けて、スマートな、気持ち良い、御朱印集めを心がけたいものです。
 
スポンサード リンク

 

御朱印集め!神社とお寺での違いやマナーは?

 

パワースポット・ブームなどの影響もあるのでしょうか?

 

近年、神社やお寺を巡って、『御朱印』を集める人が増えています。

 

神社やお寺を巡る女性が増え、参拝の時に「御朱印」を頂いて集めている『御朱印ガール』も多いとか。

 

御朱印集めをしている芸能人も多く、テレビなどで紹介され、興味を持つ人がますます多くなってきたのかもしれません。

 

最近、御朱印に興味を持ったけれど、難しい決まりやマナーがあるのでは?という疑問や不安を持っている方もいるでしょう。

 

そんな方のために、『御朱印の頂き方のポイント』について調べてみました。

 
スポンサード リンク


 

御朱印とは?どうやって頂くの?

 

御朱印とは、神社やお寺を参拝した際に、 参拝した証しにいただく印章のことです。

 

もともとは寺社に写経を収めた際に、その証として押印されたものが起源と言われています。

 

そのため一部のお寺では納経(写経を収めること)しないと、御朱印(納経印ともいいます)は頂くことができないところもあります。

 

ですが、たいていの神社・お寺では初穂料(神社)・御布施(お寺)を収めることで御朱印を頂くことができます。

 

まず御朱印を頂くための「御朱印帳(納経帳ともいいます)」を、用意しましょう。

 

img014

 

御朱印帳は神社やお寺で、1,000円から2,000円くらい頒けているところもあります。

 

また、鳩居堂などの書画用品店や仏具店伊東屋などの大型文具店などでも販売されています。

 

神社・お寺を参拝し初穂料・御布施を納めて、この御朱印帳に御朱印を頂きます。

 

初穂料・御布施は『※◎円をお納めください』 (300円のところが多い)と決まっているところ、また『お気持ちで』と言われるところもあります。

 

神社とお寺で御朱印帳を分けた方がよいか?

 

神仏分離の流れが関係すると思われますが、「神社とお寺の御朱印は一緒だと押印出来ない」と言われた…。

 

また、「神社の御朱印帳に(お寺のものは)押印できない」と言われた、またはその逆のケースなどが実際にあって、神社とお寺で分けた方が良いと言われるようです。

 

逆に神社の神主さんやお寺のご住職が、古代以来の神仏習合の歴史も踏まえて「あまりこだわらなくていいですよ!」とおっしゃる場合も多く、分けない人もいます。

 

考え方ではありますが、答えとしては、 神社とお寺で御朱印帳は分けることをお勧めします。

 

img015

 

御朱印は御札やお守りと同様といわれます。あくまでも「頂く」ものなので、押す方の考えに沿うようにしたいものです。

 

「一緒ではダメです」という寺社があるので、互いに嫌な思いをしないよう、ありがたく頂くためにも分けるのが無難です。

※「一緒では押せない」と言われてこちらの考え方や他のケースを持ち出して貰えるように粘ったり、言い争うなどは、気持ちよくないので避けるようにしましょう。

 

集めることには違いはないけれど…

 

御朱印帳を神社とお寺で分けるかどうかは、「分けたほうが無難」というのが答えでした。

 

御朱印を押してくださる方の考えにもよるからです。

 

しかし、御朱印を頂く際に守るべき心がけとして 「スタンプラリーではないことを肝に銘じる」ことです。これはぜひ守りましょう。

 

具体的には…

  • お参りをせずに御朱印だけを頂く
  • 受付の時間外に頂こうと粘る
  • お寺・神社のお参りの仕方の作法が出来ていない
  • 法事や祈祷などが行われていて住職や神職が不在・多忙の時に頂こうとする

などです。

 

また最近はお参りの作法以前の問題で、

  • ガムを噛みながら、ジュースなどを飲みながら参拝する
  • 境内でゴミを捨てて歩く
  • 大声で話したり騒ぐなどのマナーの悪さも問われています。

 

このあたりは、御朱印帳を分けること以前に気をつけなければいけません。

 

作法やマナーを守って参拝をして寺社の由緒などにも関心をもち、参拝の証しに「御朱印」を頂くようにしましょう。

 
スポンサード リンク


 

事前にいろいろ調べてみよう!

 

最近は神社でもお寺でも、ホームページ公開しているところが多くなってきています。

 

御朱印を対応しているかどうかや、寺社の名称と図柄が入った御朱印帳を頒布している場合には、初穂料なども合わせて載っています。

 

また御朱印を頂ける日にちや時間帯事前に連絡が必要な場合は、その旨も書かれていることがほとんどです。

 

こういった情報を事前に調べることで、 受付外の日や時間帯に行って残念な思いをすることも無くなります。

 

Heian Shrine

 

また、そのお寺や神社の御由緒を事前にホームページで知っておくことで、より興味深く『御朱印巡り』が出来るでしょう。

 

各地にある「霊場」ごとに御朱印を頂いたり、浅間神社、諏訪神社といった系統ごと御朱印帳をわけて頂くのもひとつですね。

 

参拝の記念と思い出、そして寺社の由緒を知って、自分オリジナルの御朱印ワールドがますます広がっていきますね。

 

あまり畏まらず、ただしルールやマナーはきちんと守り、御札やお守りを頂く時のような、ありがたい気持ちを忘れずに楽しみましょう。

 
スポンサード リンク