フロントガラスに飛び石が!修理代は請求できる?保険は使えるの?

 

バチッ!!!

 

高速道路を運転していたら、車の前方でイヤな音が…。

 

フロントガラスに何かの跡らしきものが…まさか!?

 

「勘弁してよ~!!」

 

サービスエリアに車を停めて、もう一度よく見てみたけれど…やっぱり飛び石だ!!

 

車に傷がつくのもショックですが、フロントガラスに飛び石のヒビを見つけたときのショックと言ったら、言葉になりませんよね。

 

そのままにしておくわけにもいかず、修理に出すとしても、費用がかかりそう…。

 

もしも飛び石の原因になった車が特定できたら、相手に修理代を請求することは出来るの?

 

相手の車がわからなかったり、修理代を請求することが出来ない場合に、車両保険を使うことは出来るの?

 

もしも車両保険で飛び石のヒビを修理するとしたら、翌年の保険料って上がってしまうの?

 

…など、飛び石が原因でヒビが入ってしまったフロントガラスの修理代について調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

相手の車に修理代を請求できる?

 

走行中に飛び石があたった場合、たしかに前を走る車が原因で飛んできたものかどうかを特定することは、なかなか難しいものです。

 

でも仮に…

 

「道が空いていて、自分の前を走る車以外に車はなく、間違いなくその車から飛んできたもので、車のナンバーを覚えている…」

とか、

「車にとりつけているドライブレコーダーに、フロントガラスに飛び石があたった前後の画像が記録されていて、相手の車のナンバーなどもしっかり映っている」

 

というような場合に、飛び石の原因になった相手の車に対して、フロントガラスの修理代を請求することは出来るのでしょうか?

 

 

答えは…

残念ながら、

「相手の車に請求することはできません。」

です。

 

なぜかというと、

  • 自分の車の前を走っていた車が飛び石をはねあげた…といっても、それだけでは証拠にならない
  • 飛び石がフロントガラスにあたる前後の画像がドライブレコーダーに残っていたとしても、相手の車が飛び石を跳ね上げるところから、その石がフロントガラスにあたるまでのすべてが映っていることは考えられない

からです。

 

そして何よりも…

  • 飛び石が、その車からのものだと特定できたとしても、相手の車が故意に(わざと)石を跳ね上げて、こちらの車にあてた

ということを、自分が立証しないと相手に修理代を請求することはできません。

 

故意に石を跳ね上げて、他の車にあてることなどありえないので、修理代を請求することは不可能ということになります。




 

車両保険で飛び石のヒビを修理できる?

 

飛び石を跳ね上げた車が特定できたとしても、修理代を請求するのはほぼ不可能…であれば、車両保険を使って修理することは出来るのでしょうか?

 

車両保険には、

  • 補償範囲が広い「一般型」「ワイドカバー型」
  • 補償範囲が限定された「エコノミー型」「限定カバー型」

がありますが、飛び石でフロントガラスが割れたり、ヒビが入った場合、「飛行中の他物との衝突」による事故ということになり、どちらのタイプでも補償の対象になります。

 

 

ただし、車両保険には「免責」という自己負担額があり、「1回目が5万円、2回目が10万円」など金額が決まっています。

 

車両保険には、1回目の事故の免責が0円になる「免責ゼロ特約」というものがありますが、これは車同士の事故が対象なので、飛び石による修理には「免責(自己負担額)」があります。

 

免責が「1回目5万円、2回目10万円」という車両保険に入っている場合、飛び石が1回目の事故だとしたら、「5万円の自己負担」でフロントガラスの修理ができる、ということになります。

 

 
スポンサード リンク


 

車両保険を使ったら保険料は上がるの?

 

「確か…車両保険を使ったら、翌年の保険料が高くなるのでは…?」

 

そうです!

 

免責という自己負担額があるにしても、修理代金をカバーできるのは大いに助かるところですが、車両保険を使うと、翌年、自動車保険の「等級」が下がるので、保険料が上がってしまいます。

 

ところが、実際に飛び石でフロントガラスの交換や修理をしたことがある人の中には、「車両保険を使ったけど、次の年に等級は下がらなかったよ!」という人がいます。

 

実は、2013年に自動車保険の等級について制度の改定があり、車両保険を使っても、翌年の等級が下がらない「等級据え置き事故」がなくなりました。

 

それまでは「飛び石」による修理は、「等級据え置き事故」だったので、翌年、等級が下がって保険料が上がることはありませんでした。

 

現在は事故で保険を使うと、どこの保険会社でも翌年の等級が下がり、結果的に保険料も上がります

 

事故によって保険を使うと、基本は「3等級」等級がダウンしますが、「飛び石」の場合は、「1等級ダウン」で「事故あり係数適用期間1年」の事故になります。

 

 

 

例えば現在「15等級」の人が、飛び石でフロントガラスの修理をして車両保険を使うと、来年から「1年間」等級が一つダウンして「14等級」になり、今年と来年中に、その他に事故で保険を使わなければ、再来年は「15等級」になります。




 

車両保険を使う?使わない?

 

飛び石でフロントガラスの修理をする場合、車両保険を使うのがいいのか、それとも使わない方がいいのでしょうか?

 

修理をするときに最低でも5万円の免責があって、さらに保険を使うことによって、翌年から1年間、等級が一つ下がることで保険料があがってしまう…その辺を考えると迷うところです。

 

使うか使わないかは、フロントガラスのヒビ割れの状態で判断しましょう。

 

飛び石によってヒビが入ったフロントガラスも、キズの状態によって、フロントガラスを交換しなければいけないこともあれば、補修材を使った「ウィンドウリペア」で済む場合もあります。

 

フロントガラスのヒビが…

  • 目安として500円玉よりも小さい
  • ガラスの「中間膜」を突き抜けていない

状態であれば、「ウィンドウリペア」で済む場合がほとんどです。

修理費用は、キズの状態、大きさにもよりますが、10,000円~25,000円くらいです。

 

逆に…

  • 飛び石をうけた直後は大きくなかったヒビが、走っているうちに広がってしまった
  • 車のフロントガラスは、一枚に見えますが二枚のガラスを張り合わせて出来ています。この張り合わせてある部分の中間膜を突き抜けてキズが入っている

となると、フロントガラスを交換することになります。

 

 

フロントガラスの交換は車種やガラスの種類によって、修理費用に開きがあります。

フロントガラス交換費用の一例
軽自動車 75,000円(外国産ガラス)~
93,000円(国産ガラス)
ミニバン 95,000円(外国産ガラス)~
107,000円(国産ガラス)

 

「免責」の金額と翌年の「等級ダウン」で上がる保険料を考えると、「ウィンドウリペア」で済むキズであれば、迷わず車両保険は使わない方が得です。

 

フロントガラス交換の場合、ガラスに貼られているカーナビのフィルムアンテナやETCの配線なども一緒に交換などの作業をすることが多く、ガラスの代金以外にも修理費用が発生する可能性があります。

 

フロントガラスを交換することになった場合、このような配線などトータルの修理費用を考えると、車両保険を使った方が得ということになります。

 

加入している損害保険会社に問い合わせをすると、

フロントガラスの修理に保険を使った場合に、他に事故などがなく、同じ補償内容で更新したら、来年の保険料がいくらになるか、試算してもらうことができます。

 

もしも!

飛び石でフロントガラスにヒビが入ってしまったら…

  • ウィンドウリペアで済むのか、フロントガラスの交換が必要なのか、まず修理工場で見てもらう
  • 加入している保険会社に連絡をして、今回、修理するのに保険を使った場合と、使わずにそのまま更新した場合の来年の保険料の差額を試算してもらう
  • 修理で保険を使った場合と、使わなかった場合の来年の保険料の差額、免責の金額を合計して、修理の見積金額と比較してみて、フロントガラスの修理に車両保険を使うかどうか判断する

ようにすると良いでしょう。

 

 
スポンサード リンク


 

飛び石の修理は早めに!

 

飛び石をうけて、フロントガラスにヒビが入った…考えただけでもショックですが、飛び石は自分で防ごうと思って防げるものではありません。

 

しいて言えば、前を走る車両と車間距離をとって走行することぐらいですが、それも完璧な対策ではありません。

 

飛び石を防ぐことは難しくても、受けてしまった後、被害を最小限にとどめるようにしましょう。

 

 

フロントガラスのヒビが、それほど大きくなく大丈夫そうに見えても…

  • すぐに修理すればリペアで済んだヒビが、放っておいたまま走行しているうちに広がってしまい、フロントガラスの交換が必要になる
  • ウインドウリペアで済むヒビだったものが、広がってしまい車検が通らず、フロントガラスの交換をしてから車検を受けなければいけなくなる

ということになりかねません。

 

ウインドウリペアで済めば、交換に比べて修理費用も安く済みますし、車検も通ります。

 

「大丈夫そうだ」と自分で判断せず、あまり日にちがたたないうちに、修理工場で見てもらうようにすることをお勧めします。

 

 
スポンサード リンク


 

スマホのながら運転で違反?こんな場合もアウトになるの!?

 

スマホでキップ切られちゃったよ~」

「通話もメールしてないのにさぁ…」

 

私が勤めている配送関係の職場では、運転中のスマホで交通違反となり、「納得がいくいかない」など、こんな会話が交わされることがあります。

 

交通違反をすると会社に始末書を提出、状況によっては、減給や乗務停止のペナルティーもあるので大変です。

 

道路交通法では「運転者の遵守事項」として、車を運転する場合は停止しているときを除いて、手に持って操作したり通話したり、画面に表示された画像を注視してはいけない、と規定(第71条第5号の5)されています。

 

運転中のスマホや携帯電話では…

  • 「保持」だと点数1点、反則金が6,000円
  • 「交通の危険」があったと判断された場合は点数が2点、反則金が9,000円

となります。

 

日ごろから会社で指導されていて、違反や事故はドライバーにとっては命取りですから、運転中のスマホには気をつけているはずですが、ときどき反則切符を切られたりするのです。

 

もろに手に持って通話していた、メールやゲームをしていたなどの違反は無いのですが、「ちょっと見た」「ちょっと触った」というようなケースが多いのです。

 

一見、大丈夫そうと思われるものでも、違反になる場合とはどんなものか、対策としてはどうすればいいか、についてまとめてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

スマホのナビを起動して運転

 

スマホのナビアプリは、道路などの地図データが最新のもので、わりと見やすい…ということもあり、カーナビとして使っている人が、私のまわりでもけっこういます。

 

「通話やメールをしているわけじゃないから、カーナビとして使う分には、問題ないでしょう?」

 

もちろん、カーナビとしてだけ使っている分には、「スマホを使用していた」とか「注視していた」ということにはなりません。

 

ところが、道が分かりにくかったり、ナビの設定を変えようとしてスマホを手に取った…とか、走行中に「SNS」のメッセージやメールが入ったので、確認しようとして、いつものくせでスマホを手に取ったら…取り締まりをしているところだった!

 

通話もメールもしていないと主張したものの、「表示された画像を注視していた」と言われて、結局、違反切符を切られてしまった…という話をよく聞きます。

 

スマホをカーナビとして使う場合…

  • 「画面を注視していた」ということになるので、手に持った状態でナビを使わない
  • 車載用のホルダーやスタンドにセットして、音声案内で使う

ようにしましょう。

 

 

また、スマホをホルダーにセットして使う場合、フロントガラスには固定するのではなく、ダッシュボードやエアコンの吹き出し口にセットするタイプのものを選びましょう。

 

「道路車両運送法」の「保安基準」では、

  • 「テレビやETCのアンテナ」
  • 「車検の有効期限のシール」
  • 「法定1年点検のシール」
  • 「ドライブレコーダー」

など、フロントガラスに貼りつけてもよいものと、貼りつけが可能な範囲が決められています。

 

フロントガラスに貼りつけてよいものの中に、スマホは入っていないため、厳密には「保安基準」に反することになるので注意が必要です。




 

赤信号など停止中にスマホを操作

 

道路交通法では、車を運転する場合「停止しているときを除いて」、携帯やスマホを通話のために使用したり、表示された画像を注視しないこと、と決められています。

 

赤信号などで停止中にスマホをいじるのは、「停止しているとき」なので問題ないはずですが、実際には、信号待ちの時にスマホをいじっていて反則切符を切られた、という人もいます。

 

考えられるのは…

  • 停止している間にスマホを操作している最中に、前の車が少し進んだので、ちょうど、そのまま続いて前進したところだった
  • 信号が変わって車を発進させる瞬間に、まだスマホを手に持っていた
  • ギアを「P(パーキング)」に入れずにフットブレーキで停止中、スマホをいじっていて、気づかないうちにクリープ現象で車がちょっと動いていた

など、自分では止まっていたつもりでも、完全には停止していなかった、というようなケースです。

 

 

判断がグレーな感じもしますが、いくら「走行中ではなかった」「信号待ちで停止していた」などと言っても、「わかりました」とはならないでしょう。

 

道路交通法で定められている「車を安全に操作する義務」「安全を確認する義務」を怠っていた…ということで、「安全運転義務違反」に該当すると判断されてしまえば、それまでです。

 

走行中にはスマホを触らないようにしているという人でも、信号待ちなどの停止中に画面を確認することはよくあると思います。

 

赤信号での停止中の操作ではあっても、

  • スマホを確認するのは最小限度にして、メールの返信などはやめておいて、後で「停車」したときにするする
  • オートマ車はパーキングブレーキにしておく、マニュアル車はサイドブレーキを引いておく

ようにしたほうが良いでしょう。

 

 
スポンサード リンク


 

充電器にスマホを接続

 

会社のある同僚は、運転中にスマホを充電しようとして、充電器にスマホを接続したところ、パトカーから停車するように言われて、反則切符を切られたそうです。

 

「通話していたわけもないし、画面も見ていない」と言って、30分ほどやり取りしたようですが、判断がひっくり返ることはなかったとのことです。

 

「充電しようとしていた」か「画面を注視していた」かはわかりにくく、運転中に視線が前方から逸れてスマホの方を見ていた、と言われると覆すのは難しいようです。

 

 

取り締まりを受けたのは夜だったそうですが、夜間は車内も暗く、電源に接続したときに画面が明るくなり顔が照らされるので、外から見ていてもわかりやすく「注視していた」と言われて、違反切符を切られるもとになります。

 

画面を見ることはないとしても、走行中、特に夜間は充電器につなぐなどの操作を含め、絶対にスマホを触らない方が安全です。




 

ハンズフリーで通話

 

運転中は、なるべく電話を使わないようにする…といっても、仕事などの要件で急ぎの連絡が入るため使わざるを得ないという人もいます。

 

スマホを手に乗せてスピーカーで通話している一般ドライバーをよく見かけますが、取り締まりをしていたら、アウトになる可能性「大」です。

 

車内で通話をすることがある場合は、「ハンズフリーマイク」を使うことをお勧めします。

 

配送など、一日中、仕事で車に乗っていて、会社などから電話で連絡の入ることが多いプロドライバーの間では、けっこう前から使われています。

 

以前は「ハンズフリーマイクで通話していて反則切符を切られた」ということがあったようですが、これは、都道府県によって運転中のイヤホンやヘッドホンの使用が条例で禁止されていることに関係していると思われます。

 

イヤホンやヘッドホンで音楽などを聴いていると、緊急自動車のサイレンや、パトカーや白バイからの指示が聞えない危険があるというのが理由ですが、ハンズフリーのイヤホンマイクも同じだと判断されたのでしょう。

 

最近では、運転中のイヤホンやヘッドホンが条例で禁止されている都道府県でも、ハンズフリーマイクについては別であると周知されていて違反になることはないようです。

 

ただし、ハンズフリーマイクを使う場合には、

  • 両耳タイプのものではなく、片耳のイヤホンタイプのものを選ぶ
  • ハンズフリーでも、なるべく通話が長くならないようにする
  • 通話中は注意力が落ちるので、交差点の右左折時などは、出来れば通話を中断する

ようにしましょう。

 

 

両耳タイプのハンズフリーマイクの場合、イヤホンで音楽を聴いているのと同じだと判断されて違反になる可能性がまったくゼロとはいえません。

 

またハンズフリーを使用していても、通話に集中していて安全確認が出来ていなかったり、標識を見落とすなど、危険な状態だと判断されて違反になることも考えられます。

 

ハンズフリーでの通話をしながらの運転については、JAFが実施した、一般のユーザーを対象にした「ながらスマホ」の実験動画の中に実例がでています。

 

 

この実験動画に出てくるように、ハンズフリーでの通話でも「飛び出し」を避けることができなかったり、ブレーキのタイミングが遅れるなどの危険が十分にあります。

 

取り締まりで違反になることもですが、事故を引き起こす可能性も十分あるので、ハンズフリーでも短めの通話を心掛けることが肝心です。

 

 
スポンサード リンク


 

違反よりももっと怖いのは…

 

運転中の通話やゲームではなくても、「保持」や「注視」していたということで、交通取り締まりで違反になった!という話はいくらでも耳にします。

 

取り締まりから身を守るには、「運転中にはスマホを使わない、触らない」のが一番ですが、ナビや通話で使わざるを得ないときもあります。

 

私自身も、毎日、朝から晩まで仕事で車を運転しているので、仕事での急ぎの連絡など、スマホや携帯を使うことがあります。

 

会社からの指導では、仕事の連絡で着信があっても、運転中の場合は電話に出ないようにして、安全に停止できる状態のときに折り返し電話する、ということになっています。

 

私は会社のルール通り、運転中に電話に出たり、かけたりすることはありませんが、ある時から通話もメールも関係なく、とにかく「走行中にスマホを触らない」ことを徹底するようにしました。

 

それは、私の勤務する会社で、ドライバーを対象に定期的に行われる安全講習で、ドライブレコーダーに記録された同業者の実際の事故動画を見る機会があってからです。

 

 

一瞬、前方から目をそらした次の瞬間や、手元の伝票にちょっと目をやったときに、車やバイク、自転車と衝突したり巻き込む場面と、車内で聞える衝突音やドライバーの声が生々しく再生されるのです。

 

以前は通話をしたり、メールの着信を確認するのに画面に目をやったことも、正直ありましたが、たまたま事故を起こさなかっただけで、どれだけ危険な状態だったかが実感としてわかりました。

 

点数を取られたり、反則金はもちろん痛いことですが、それよりもスマホがもとで重大事故…なんてことになったら、本当に取り返しがつきません。

 

運転中のスマホは対策として…

  • ナビは音声案内にして使う
  • 画面の確認は、ブレーキを引いた状態で完全に停止しているときにする
  • 通話は片耳タイプのハンズフリーマイクで手短にする

など、最小限に使うことを意識しましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

自然災害による車の保険!水没や雹害は対象になるの?

 

異常気象の影響なのでしょうか?

 

毎年のように大型の台風やゲリラ豪雨、突然の竜巻雹(ひょう)などによって、建物や車の被害が増えている気がしませんか?

 

テレビのニュースなどで、 冠水したガード下で車が水没したところ竜巻で車が引っくり返って壊れているのを見ると、びっくりしますよね。

 

交通事故は自分が気をつけていれば防げることもありますが、自然災害は防ぎようがありません。

 

自然災害に遭わないように 『車に乗らない!』っていう手がありますが、通勤や買い物に使っている人はそういうわけにもいきませんね。

 

もしも!車が台風や大雨で水没したり竜巻で引っくり返って壊れたときに、車の保険で補償されるのか調べてみました。

 
スポンサード リンク

 

自然災害で起きそうな車の損害

 

天気の急変や台風などの自然災害で、実際に車がうける損害をみてみましょう。

 

①水没

まず頭に浮かぶのは台風やゲリラ豪雨、川の増水などで車が水没してしまうケース。

 

最悪の場合、エンジン内部に 水が入ることによって、 走行不能となってしまいます。

 

エンジン内部まで水が入っていなくても、車内の床などまで水に浸った場合、水に含まれていた泥を除くのにクリーニング作業が必要になります。

 

②竜巻による被害

最近、威力の強い竜巻が発生しています。

 

竜巻によって車が吹き飛ばされて破損してしまった場合はどうでしょう。

 

 

被害も外装に傷がついてしまう程度から、竜巻に巻きあげられて大破してしまうケースまで様々です。

 

③雹(ひょう)害

初夏に発生することの多い雹(ひょう)直径5ミリ以上の氷の粒をいいます。

 

上空が真っ暗になり冷たい風が強く吹きはじめたと思ったら、雹(ひょう)が降ってきて車が傷だらけに!?

 

2000年5月に、茨城県南部から千葉県北部で降ったした雹(ひょう)は、最大で『ミカン大』でした。

 

走行に問題はなくても、車のボディが“エンボス加工”状態なってしまった車が多数ありました。

 

④落下物・飛来物

竜巻台風などによって建物の一部が落下・飛来して、車にぶつかり破損してしまった。

 

また強風で木が倒れてきて、車がこわれてしまった…など。

 

最近、身近におきた自然災害を 思い出してみても、自分にはまったく無関係と思えないですね。

 

このような自然災害の被害は補償されるの?

 

答えからいくと、『Yes』です! ただし、『任意保険』に『車両保険』をつけて加入していることが必要です。

 

車両保険は加入や更新のときに、保険金額を設定します。車両保険で補償される額は、 実際に修理にかかった額です。

 

もしも修理代が保険金額を超える場合は、設定されている保険金額が全額支払われることになります。

 

雹(ひょう)害で傷だらけになった場合など、 走行に問題はなければ、がまんして乗るという選択肢もあるでしょう。

 

しかし自然災害で大破や走行不能になると、廃車することになってしまいます。

 

廃車の費用のほかに代わりの車の買い替えの費用まで、かなり痛い出費ですよね。

 

自然災害のニュースを見て愛車のことが心配になったら、 車両保険に加入しているか?一度、チェックしておきましょう。

地震・津波・噴火による損害は対象外別に特約に加入することが必要です。

 
スポンサード リンク

 

車両保険について知っておきたいこと

 

自然災害で車が損害をうけたとき、車両保険で保障されますが、車両保険のタイプに注意しましょう。

 

『車両保険』には大きく分けて、『一般』『車対車+A』『車対車』の3つのタイプがあります。

 

このうち、『一般』『車対車+A』どちらかのタイプが、自然災害による損害も補償の対象になります。

 

 

『車対車』のタイプは車同士の事故のみが補償の対象です。また車両保険で補償されるのは、 車両本体の価格です。

 

カーナビやホイールなどは、別に申告してその分の保険料を払わないと、補償の対象にはなりません。

 

車両保険の保険金額は、 新車を買った場合は『車両の価格』になりますが、2年目以降は車の価値が下がる分、保険金額も下がります。

 

いろいろな会社の自動車保険を比較してみましょう

 

2012年3月時点での車両保険の加入率は、 42.1%(損害保険協会調査)です。

 

車の事故だけでなく自然災害でも補償される車両保険ですが、加入していないという人もけっこういます。

 

理由としては

  • 保険料の負担が大きくなる
  • 今まで事故には無関係だから
  • 買ってから年数が経っているから
    などです。

 

でもローンを組んで新車を買ったのに、水没や竜巻の被害で廃車になってローンだけが残ってしまう…なんて考えたくないですね。

 

また、買ってから年数が経っていたり中古車で購入した車だとしても、やはり廃車になってしまったら代わりの車を買う費用が必要になりますね。

 

自然災害も補償の対象になるのはわかったけれど、保険料があまり負担になるのは嫌だ…。

 

そんな人は自動車保険の比較サイトなどで見積もりをしてみましょう。

 

車の使いみちや運転する人によって、保険料にも違いがあります。

 

条件によっては、車両保険もふくめてトータルで割安に、自動車保険に加入できるかもしれません。

 

今加入している自動車保険とも比較して、車両保険への加入を検討してみることをお勧めします。

 
スポンサード リンク