地震への備え!あると便利な日用品!用意しておきたいものは?

 

地震への備え…すべて市販の防災グッズで、備えようとしていませんか?

 

何から何まで買ってそろえなくても、いざというときには、普段何気なく使っている日用品が、とても便利な防災グッズとして役に立つんです。

 

大地震が起きて自宅が被災してしまい、しばらくの間、避難生活を送ることになった…

かろうじて倒壊は免れたけれど、ライフランが止まってしまっている中、自宅で復旧を待ちながら生活する…

 

そのような場合、支援物資が行きわたりライフラインが復旧するまでには、ある程度の時間がかかります。

 

その間、不足している必需品の代わりとして、普段身近にある日用品をうまく使い避難生活を乗り切りましょう!

 

いざ、地震などの大災害が起きてから困らないために、事前に読んで知っておけばに立つものばかりです。

 

そんな、災害時にあると困らない、便利な日用品と使い道について紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

ふだん、家の中にあるもの

 

大地震などの災害のあと生活物資が乏しく、ライフラインが止まっている中で、実は身近にけっこう役に立つ日用品があります。

 

それは…

  • 段ボール
  • 新聞紙
  • ゴミ袋
  • ラップ
  • ガムテープ(布)
  • エアキャップ

などです。

 

普段何気なく使っていたり、ゴミとして捨てていたりするものばかりで、特別なものはありません。

 

何ひとつ特別なものはありませんが、いざというときに使い方を知ってさえいれば、命を守ってくれたり健康状態の維持に役立つものです。

 

非常用持ち出し袋には体調維持のための備えを!

 

ポリタンク、バケツの代わりに

 

段ボールの中にゴミ袋などの大きいポリ袋を敷けば、ポリタンクやバケツの代わりとして、給水所から水を運んだり貯めておくのに使えます。

NHK 備える防災「水を運ぶ工夫」

 

この時に、出来れば厚手の「ダブル」と呼ばれる段ボールと、ガムテープがあると便利です。

 

水を入れて運ぶときに底が抜けてしまったり、破れるのを防ぐためです。

 

段ボール ダブル

全国段ボール工業組合連合会HPより

 

「ダブル」の段ボールは家電や青果、引越しなどで使われることが多く、二層の張り合わなので、通販などの箱に比べて強度があります。

 

「ダブル」の段ボールを見かけたら、捨てずに取っておくと良いでしょう。

 

箱の底が抜けないようにテープで補強をすると安心ですが、この補強用のテープは、紙のガムテープより、布製のテープを備えておくことをお勧めします。

 

布テープのほうが接着力が高く、接着面が多少汚れていてもよく付きますし、少し力が加わった程度では切れにくいからです。




 

簡易トイレの代わりに

 

ダンボールの中にゴミ袋を敷いて、新聞紙を丸めたものを袋に詰めると、簡易トイレの代わりとして使えます。

 

下水道はインフラの中でも一番復旧に時間がかかり、東日本大震災で3か月、液状化がひどかった地域ではもっとかかっています。

 

外に設置された簡易トイレは混み合ったり、汚れや詰まりがひどく、トイレに行くのを我慢しがちで、体調を崩した人が少なくありませんでした。

 

洋式トイレであれば、段ボールではなく便器に直接袋を敷いて、新聞紙を詰めて使うこともできます。

 

動画:災害時に役立つ知恵袋~段ボールトイレ/神奈川新聞(カナロコ)

 

何回か使用した後は袋の口をしばり、後にゴミとして処分します。

 

このときニオイの問題を少なくするために、消臭スプレーを備えておくと困りません。

 

また最近は家庭ごみの有料化によって、半透明のゴミ袋を使う自治体が増えていますが、中身が気になって嫌だという場合に備えて、黒のゴミ袋を準備しておくとよいと思います。

 

防寒着、雨具の代わりに

 

真冬の季節に電気もガスもない中では、寒さによって体力を奪われてしまいます。

 

防寒着が十分にない場合は、新聞紙、ゴミ袋に、首を通す穴をあけてかぶると、防寒着のかわりになります。

 

防災みやざき「新聞紙でつくる防災グッズ 防寒着」

 

ゴミ袋がない場合は新聞紙を何枚かかぶって、その上からラップを巻いても体温を保つことができます。

 

またゴミ袋は雨の中、屋外で救助を待つ状況になった場合などに、レインウェア(雨合羽)代わりになります。

 

 
スポンサード リンク


 

新聞紙とラップで食器の代わりに

 

家にある食器などがすべて割れてしまったとか、持ち出したものの中に、食器になるものがないという場合には、新聞紙とラップ食器の代わりになります。

 

コップや皿にする折り方を覚えておき、あとは使うごとに中にラップをしいて食器にします。

 

新聞紙の代わりに、曲げやすい薄手の段ボールとガムテープで食器をつくることもできますし、ラップの代わりにビニール袋やアルミホイルも使えます。

 

防災みやざき「新聞紙でつくる防災グッズ 皿」

 

また食器がある場合に、使うごとにラップを敷いて使えば食器を洗う必要がなく、水が自由に使えない場合に便利です。

 

家庭用のラップは20mか50mのものが多いのですが、我が家では災害時に使うことを考えて100mのものを3本備えています。

 

100メートルのラップは、ホームセンターで1本300円前後で販売されています。

 

避難に備えて枕元に置いておくのに最適な靴とは?

 

段ボールとエアキャップで防寒、防雨

 

建物の倒壊は免れたけれど、窓ガラスが破損ていて、寒気や雨が吹き込んでひどい…。

 

本来はブルーシートがあれば、屋根の破損まで含めて対応できますが、ない場合には段ボールとエアキャップで、ある程度代用できます。

 

破損の大きさにもよりますが、割れた場所にダンボールとエアキャップ(通称「プチプチ」)を布テープで貼りつけて、応急の修理をします。

 

acaircap

 

他にも、段ボール2~3枚の間にエアキャップや新聞紙を敷けば、マットレスの代わりなります。

 

ダンボールをつなぎ合わせて囲いのように立てれば、避難所でのパーテーションとしても使えます。




 

場所を決めて準備、使い方を練習

 

新聞紙、段ボール…ふだん身近にあるものばかりですが、ちょうど資源ゴミの日に捨てたばっかり…。

 

先週ラップを切らしたけれど、買い置きまったく無い…。

 

また家の中にはあっても、置き場所がバラバラで、家具が倒れたり物が散乱していて取りにいけない…。

 

使い方を知っていても、こういう状況だと、ざというときの備えにはなりません。

 

そこで、段ボールや新聞紙は資源ゴミで出す分とは別にして貯めて、ラップや布テープ、ゴミ袋なども普段使うものとは分けて、防災用に買い置きしておくとよいでしょう。

 

また「あると便利」と知っているだけでなく、実際に一度使い方や作り方を練習しておと、いざというときに困りません。

 

防寒着、レインウェアやパーテーションなどは、必要な量を知っておく意味でも、1回やっておくと良いと思います。

 

食器については折り方、作り方を実際に知っておいたほうが、戸惑うことがないと思います。

 

子供さんがいる家庭では、実際に練習することで、防災への意識づけや、家庭で大災害について話をする大事な機会になります。

 

東日本大震災以降、各地で大地震の確率が高まっています。自分自身や、大切な家族を守るためにも、気づいたときに防災への備えをするようにしましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

非常用持ち出し袋の中身!実は体調維持のためにコレが重要!

 

『非常用持ち出し袋の中身って、何を用意したらいいんだろう?』

 

非常用持ち出し袋の中身…いざ準備しようとすると、けっこう悩むものですよね。

 

『本当に必要で大事なものが、まだあるんじゃないか?』

 

そうだ!!

 

実は、宮城県に住んでいる従兄弟が東日本大震災のときに被災して、1か月間、避難所で避難生活を送っていたのです。

 

さっそく、従兄弟に電話してみました。

 

すると「コレは、必ず入れておきなよ!」と、答えが返ってきました。

 

それは…

 

体調維持のための、食品とかサプリ』です。

 

避難した直後は、配られる食料を口にするとホッとしたけれど、3~4日経つと、体調がすぐれず食欲がわかないという人が増えてきたそうです。

 

避難生活ではストレスや疲労などに加えて、食生活が偏りがちになり、体調を崩してしまう人が多かったということでした。

 

そこで避難生活に備えて、非常用持ち出し袋の中身にぜひ備えておきたい食品、サプリについて調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

マルチビタミン

 

体調を維持するために、非常用持ち出し袋に入れておきたいものの1つ目が、マルチビタミンです。

 

巨大地震が起きて被災した後、ライフラインや流通網が復旧するまでの間は、どうしても食事に偏りが出てしまいます。

 

被災した直後は、

  • 自宅に備蓄してあった非常食
  • 冷蔵庫の中に残っていた食料
  • 自治体が備蓄していた非常食

などを食べて、避難生活をしのぐことになります。

 

身近な日用品が防災グッズとして役に立つ!?

 

自治体に備蓄されている非常食の半分は、お湯や水を注いで食べるアルファ米、3割が缶詰のパン、乾パンです。

 

被災してから2~3日後、徐々に支援物資が届き始めますが、配られる食料はおにぎりや菓子パンなどです。

 

阪神淡路大震災や東日本大震災では、一日の食料が、おにぎり1個と水500mlのペットボトル1本という避難所もありました。

 

Dear NATUR

©アサヒフードフードアンドヘルスケア「ディアナチュラ」

 

主要な道路が復旧して、ある程度、救援物資が入ってきたり、炊き出しなどが行われるようになってからも、新鮮な野菜などの生鮮食品十分ではありません。

 

どうしても避難生活では炭水化物が中心の食料が多く、栄養バランスが崩れがちです。

 

栄養バランスが崩れてくると、口内炎が出来たり疲労感が増してきます。

 

季節によっては風邪や肺炎、インフルエンザにかかるなど、十分な治療が受けられないと命の危険にさらされることになりかねません。

 

マルチビタミンを非常用持ち出し袋に備えておけば、ビタミンやミネラルなど、避難生活でどうしても不足しがちな必須栄養素とることができます。




 

スポーツドリンク

 

避難生活で体調を維持するために、非常用持ち出し袋に備えておきたいものの2つ目が、スポーツドリンクです。

 

避難生活が長引くと、睡眠不足や寒さ、暑さなどから免疫力が低下して、インフルエンザにかかったり、夏場であれば熱中症になる危険があります。

 

また仮設のトイレを使うのが嫌で、水分を我慢してしまって体調を崩すことも少なくありません。

 

水分をとることが大事だとわかっていても、一日に口にできる飲料水が限られることもあります。

 

POCARI

©大塚製薬「ポカリスエットパウダー」

 

スポーツドリンクは、素早い水分補給ができて、吸収された水分の保持力が水よりも高いので、効率よく水分をとることができます。

 

粉末タイプのスポーツドリンクなら、かさばらないので、非常用持ち出し袋に数日分を備えておくのに最適です。

 

また粉末タイプなら、水に溶かす量を調節することで、甘すぎたり、のどが渇くということも防げます。

 

 
スポンサード リンク


 

乳酸菌タブレット

 

避難生活で体調を維持するために、非常用持ち出し袋に備えておきたいものの3つ目が、乳酸菌タブレットです。

 

避難所に届けられる救援物資は、おにぎりやパンなど炭水化物が中心、飲料水も十分とは限りません。

 

そのために、普段は気にならない人でも便になって、体調を崩してしまいがちです。

 

便秘で食欲がなくなり、食べられないので体力が落ちてしまい、さらに体調を崩す…。

 

普段、飲み慣れていない便秘薬を飲んだらお腹が下ってしまい、さらに体力が落ちる…。

 

このような、悪循環に陥ってしまうことにも<なりかねません。

 

そこで非常用持ち出し袋に備えておきたいのが、乳酸菌タブレットです。

 

ラブレ

©カゴメ「植物性乳酸菌ラブレタブレット」

 

乳酸菌タブレットは整腸効果がありますが、便秘薬のように効きすぎてしまうこともありません。

 

乳酸菌には、ヨーグルトなどに含まれる動物性のものと、漬物などに含まれる植物性のものがありますが、植物性乳酸菌のタブレットを選びましょう。

 

植物性乳酸菌は胃液などの消化液に強くて、生きたまま届いて腸で生き残る確率が、動物性乳酸菌よりも高いからです。




 

梅干し

 

避難生活で、体調維持のために非常用持ち出し袋に備えておきたいもの…最後は梅干しです。

 

梅干しは昔から「体によい」と言われていますが、実際に含まれている栄養成分には、いろいろな効能があることが研究で解明されています。

 

アルファ米などのご飯ものの非常食が続いて、食欲が減退気味のときでも、梅干しがひとつあるだけで食が進みます

 

ac ume

 

梅干しには食欲増進の効果の他にも…

  • 「黄色ブドウ球菌」などの、細菌の働きを、抑えて、食中毒を予防する
  • 疲労物質の乳酸を抑えてくれるので疲労回復効果がある
  • カルシウムを水溶性に変えて、体内での吸収率を高めてくれる
  • 虫歯菌の働きを抑えるので、虫歯予防になる
  • 夏場であれば、熱中症対策になる

など、

いつもは何気なく食べている梅干しですが、これだけいろいろな効能があり、避難生活大いに活躍してくれます。

 

市販されている梅干しは、減塩タイプや酸味を抑えた甘めのものなど、いろいろありますが、非常用には「白干し(しらぼし)」が適しています。

 

「白干し」は、昔ながらの製法で、塩だけで漬けた梅を天日干ししたもので、長く保存できるので、非常用持ち出し袋に備えておくのに最適です。




 

少しの差が大きな差に!

 

震災のショックから来るストレスを抱えて、避難生活も決して快適とは言えず、疲労もたまり体調を崩しがちです。

 

何の備えもなければ、便秘や、食欲不振、疲労なども解消のしようがありません。

 

ちょっと調子が悪い…はずが、そのままでいると、新たなストレスの原因になり、余計に体調を悪化させてしまいます。

 

ところが一日数錠のビタミン剤やタブレット、梅干しなど、ほんの少しの備えが不調を改善してくれます。

 

大地震などの災害は決して他人ごとではなく、日本のどこでも、いつおきてもおかしくありません。

 

避難に備えて枕元に置いておくにはどんな靴がいい?

 

食料などの備えはもちろんですが、非常食と合わせて、口にすることで体調を維持してくれるサプリメントや食品も、ぜひ備えるようにしましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

防災対策!靴を枕元に備えよう!どんなものがいいの?

 

『ああッー!!こんなことなら、靴を枕元備えておけばよかった…。』

 

今まで感じたことのない、ものすごく激しい揺れと、物が落ちたり倒れる音で目が覚めて飛び起きた!!

 

慌てて逃げようとして、玄関に向かったとき…『痛ぇー!!』足の裏に激痛が!!

 

停電して暗かったから、気がつかなかった…。

 

割れた窓ガラスが、廊下に散乱していたんだ!

 

…もしも今晩、巨大地震が起きたら、たぶんこんなことになるでしょう。

 

東日本大震災、そして熊本大地震…本当に他人ごとではないと思い、あらためて我が家の防災グッズを見直してみたところ…

 

夜中でも避難しやすいように、枕元に置いておく靴を用意していなかったので、そろえることにしました。

 

避難するのに向いているもので、価格的にも手頃なものはどんなものがあるか?を実際に見て回り調べたので、紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

枕元に置く靴の条件はコレだ!

 

深夜寝ている間に震度6強の大地震が来て、強烈な揺れに驚いて目が覚めた!

 

とにかく逃げなきゃ!避難しなきゃ!

 

こういう時に履く靴は、どんなものがいいのでしょう?

  • ガラスや食器の破片から足を守る
  • 落下物などから足を守ってくれる
  • がれきの釘の踏み抜きを防いでくれる
  • 急いで逃げるために、履きやすい
  • 避難を考えて、あまり重くない

などの条件が、考えられます。

 

ackugi

 

そして金額的にも、ある程度手ごろであること。

 

このような条件でどんな靴がよいか、実際に店頭でも手にとって比較してみました。

 

防災の条件に合う靴「3選」




 

防災グッズとして靴を選びたいので、量販店、スポーツショップ、ホームセンターなど、いろいろ見てまわりました。

身近にある日用品が防災グッズの代わりに?

 

登山靴

 

まず、頑丈で足を護ってくれそうな靴といえば、「登山靴」です。

 

ガラスなどの破片、落下物は、十分対応できそうですし岩場を歩いたりするものなので、踏み抜きも、ある程度防いでくれそうです。

 

最近の登山ブームで、女性でも歩きやすい軽量のものが増えてますが、スニーカーなどに比べると、やはり重さが気になります。

 

d5 

 

普段から履きなれていれば別ですが、避難するときに初めて履いて逃げるのは、かなり大変です。

 

価格的には3万円~5万円位のものが多く、それほどお手頃とは言えません。

 

スニーカー

 

履きやすさや靴の重さなどから考えると、スニーカーは避難に適しています。

 

価格的にも幅があるので、予算に合わせて比較的リーズナブルなものを選ぶことができます。

 

食器やガラスの破片には十分対応できますが、屋外への避難を考えた場合、落下物、釘の踏み抜きなどには効果が期待できません。

 

非常用持ち出し袋には体調維持のための備えを!

 

安全靴

 

安全靴には、建築現場で履くような編み上げのブーツタイプのものから、工場や倉庫で履くスニーカータイプのものまで種類があります。

 

安全靴は、つま先の部分に鉄板や、強化プラスチックの板が入っているので、重量のある落下物から足を保護してくれるのが、大きな特長です。

 

ブーツタイプのものは、足全体を覆ってくれて安心感があり、靴底も硬くて厚めで、完全ではありませんが踏み抜きも防いでくれそうです。

 

 

ただし避難時ということを考えると、履くのには少し時間がかかりそうで、慣れが必要です。

 

スニーカータイプの安全靴は、履きやすさや重量など、普通のスニーカーとほとんど同じ感じなので、履きなれていなくても避難用に適しています。

 

価格的には、有名スポーツブランドのものなど高いものは1万円以上ですが、ノーブランドの手ごろなものであれば3千円前後からあります。

 

靴底については、スニーカーなどより少し厚めで、ガラスなどの破片には問題ありませんが、釘の踏み抜きは防げません。

 

踏み抜き防止機能がはじめから備わっている安全靴もありますが、一足8千円程度と、少々値段が張ります。

 

履きやすさ、重さ、価格などの比較をして、まとめてみました。

 

   登山靴  スニーカー  安全靴
履きやすさ  △   ◎    ○
重さ  ✕   ◎   ◎
落下物  ◎   ✕  ◎
 踏み抜き   〇  ✕   △  
 価格  ✕  ◎   〇 

 

おすすめは、スニーカータイプの安全靴です。

 

 

スニーカータイプの安全靴は、ホームセンターなどで、一足3千円くらいから、サイズも豊富にあり、女性の足のサイズにもある程度対応しています。

 

「踏み抜き」に効果のあるグッズがあるので、一緒に使うと完璧です。

 

 
スポンサード リンク


 

よりベストにするための私の工夫

 

スニーカータイプの安全靴の靴底は、普通のスニーカーよりも多少厚めという程度なので、釘の踏み抜きには有効ではありません。

 

そこで、中敷きタイプの「踏み抜き防止板」を、一緒に購入するのが良いと思います。

 

 

ホームセンターで、一足分が1,000円くらい販売されています。

 

この「踏み抜き防止板」があれば、普段履いているスニーカーと変わらず履きやすく、重さもなく、落下物、踏み抜きへの対策もとれた避難用の靴が完成です。

 

価格的にも靴と板をあわせて4~5千円と、あまり負担が大きくなく準備できます。

 

枕元に備えておくのはもちろんですが、電車通勤をしている人は、震災後に徒歩で自宅へ帰る場合に備えて、オフィスに一足置いておくと良いと思います。




 

実際に靴を選んでみて気づいたこと

 

私は職業柄、仕事中は安全靴を履くので、年に2~3足は買い替えます。

 

色やデザインなどの見た目を優先して選んで、すぐにダメになる、履き心地が悪いなど「ハズレ」を買ってしまったこともありました。

 

そこで防災用に買うことを考えて、安全靴選ぶ際の注意点を、いくつかあげてみたいと思います。

 

acpoint

 

安全靴に限らず、靴を選ぶ時の基本ですが、必ず実際に売り<b場で履いてみて、サイズを確認しましょう。

 

安全靴は少しでもサイズがきついと、つま先に入っている鉄板や強化プラスチックの板があたって、履いていると足が痛くなります。

 

「踏み抜き防止板」を中に敷くことを考えて、1サイズ上を選ぶのが無難です。

 

また、価格の安いものは1,000円くらいから、ありますが、安すぎるものは少し履いただけでダメになるものがあります。

 

私は以前、安い安全靴を買ったのですが、靴底の接着が弱かったようで、10日くらい履いたところで、かかとの部分からソールがはがれてしまったことがあります。

 

非難の際に自分の身を護ってくれるものですので、十分に履き比べてみて、合うものを選ぶようにしましょう。

 

そして地震などの災害は、いつ来るかわかりません。避難用の靴も、「備えようか…」と思った時が備え時です。

 

 
スポンサード リンク