意外な国でも人気のお菓子 手土産の定番 ヨックモック

 

『ヨックモック』、名前は知らなくても、
生地をクルクルっと丸めて、焼いたシガールを
一目見れば、『あ!食べたことある!』という人、
多いんじゃないでしょうか。

 

子供の頃に、ヨックモックのシガール
タバコの真似をして、口にくわえて、
親から怒られた…なんていう記憶、ありませんか?

 

あと、シガールの入っていた
あれって家の中で、物入れとして使われていた、
いや、今も使われていたりしますよね。

 

そう考えると、かなり前からある定番のお菓子
っていう感じですよね。

 

ヨックモック
デパート向けの、お菓子の販売会社として、
1969年に設立され、
あの葉巻のようなシガールが、同じ年に発売されました。

 

1969年といえば…
アポロ11号による人類初の月面着陸
成功した年です。
まさに、ロングセラー商品ですね。

 
スポンサード リンク


 

なんと!中東でバカ売れ!

 

ヨックモックは東京・青山が本店で、
北は北海道、南は九州まで180以上の店舗があり、
アメリカやタイ、台湾など海外にも
出店しているんですね。

 

最近では、なんと!中東のアラブ首長国連邦のドバイで、
ヨックモックが、バカ売れらしいです。

 

あの葉巻型のシガール、国内では56本入り
一番大きいタイプですが、
缶を6つ詰め合わせた、120本入りも出来るそうです。

 

ドバイなどの店舗では、そんな大きい詰め合わせが、
100個、200個と注文されるのは、ざら!なんですって!

 

dubai-mall

 

日本でも、青山や銀座の店舗では、
中東からの旅行客が立ち寄って、
『ショーケースの中のものを全部ホテルに届けて欲しい』、
なんていう“ケース買い”の実話が、あるとか。

 

このような、中東の富裕層の豪華な買い物風景が、
『中東へ出店してみよう』、という決断のきっかけに、
なったんだそうです。

 

イスラムの国では戒律によって、
アルコールを口にすることが、禁じられているので、
甘いお菓子を、好む人が多いことなども、
バカ売れの背景に、あるのかもしれません。

 

外国のお菓子に比べて、甘さ控えめ、繊細で上品な味が、
アラブの大富豪たちに、好まれているんでしょうね。

 
スポンサード リンク


 

よくありそうだけど、他にはない美味しさ

 

中東の大富豪も、ケース買いしてしまうヨックモック、
たとえばあの『シガール』…

 

よくありそうな、お菓子ですが、
あのバターの風味など、ちょっと真似のできない味、
だと思いませんか?

 

シガールが誕生した当時、クッキーなどの焼き菓子は、
日持ちして、流通の段階で壊れにくいように、
マーガリンなどを使って、しっかり焼きあげたものが
大半だったそうです。

 

バターをふんだんに使えば、とても風味が良くなりますが、
高価で日持ちがせず、繊細で、割れやすいというのが、
難点だったからです。

 

そんな常識を覆して、
お菓子として仕上がる、ギリギリの量まで、バターを使う。

 

そして、生地が繊細で、割れやすいという欠点を、
葉巻のように巻きあげて補強して
出来あがったのが、“シガール”なんだそうです。

 

siga-ru

 

ちなみに、バターなどの材料の配合には、
黄金比率みたいなものが、あって、
社内の機密情報に、なっているとか…。

 

また、現在では、葉巻型のシガールも
工場で、生産されています。

 

誕生した直後は、焼きあがった生地を、熱いうちに、
職人さんが、手で巻きあげていたんだそうです。
熱さで手を、真っ赤にはらしながら…。

 

ロングセラーの美味しさを見なおして

 

今やデパ地下は、定期的に、リニューアルを繰り返して、
いろいろなお店が、入れ替わり、しのぎを削っています。

 

スカイツリータウン、渋谷ヒカリエ、阿倍野ハルカス…
新しい、ビルや複合施設が、次々とオープン。

 

新しいスポットでは、限定のスイーツが誕生したり、
日本初上陸のお店も、いろいろとオープンして、
手土産などを、選ぶときには、目移りしてしまいますよね。

 

新しいお店の、新しいスィーツも、魅力的ですが、
ちょっと面白い、感動的な、誕生のエピソードを持ち、
定番の、手土産・贈答品として、長く愛されてきた、
ロングセラー商品を、あらためて、選んでみるのは、
いかがですか?

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す