住民税の給与天引きはいつから?転職した場合はどうなる?

 

「住民税が、天引きされていないんですよ…」

 

「聞いていたよりも、手取りが多いから、おかしいとは、思ったんですよね…。」

 

先月、中途入社で入ってきた、後輩の話です。

 

給料日に、ATMで、お金をおろそうとしたら、振り込まれている額が、入社の時に聞いていたよりも、少し多かったそうです。

 

ちょっと嬉しくなり、使い道を考えつつ、家に帰って、念のために給料明細を見てみたら…金額が多いと思っていたのは、住民税が天引きされていないからだ、とわかって、私のところに聞きに来たのです。

 

転職などで、中途入社した場合に、給料から、住民税が天引きされていないことが、あるのは、なぜか?そんなときに、どうしたらよいのか?などについて、答えることにしました。

 

 
スポンサード リンク


 

なぜ天引きされていない?

 

転職して、新しい会社でもらった給料明細を、見てみたら…、所得税は引かれているのに、民税が引かれていない!どうなっているのでしょうか?

 

それは…

  • 退職前の最後の給料から、一括で天引き されている

もしくは…

  • 住民税を自分で納める「普通徴収」に、切り替わる

この、どちらかです。

 

これは、それぞれの税金の計算のもとになる間や、納め方の違いなどに、関係があります。

 

 

所得税は、毎月、支払われる給料の金額をもとに、「給与所得の源泉徴収税額表」で決められている額の税金を、給料から天引き(特別徴収)します。転職して、勤める会社が変わっても、この仕組みは全く一緒なので、所得税は、変わらずに月の給料から、天引きされます。

 

住民税は、前の年の所得をもとに、市町村役場で税金の金額を計算して、年に一回、5月頃に、それぞれの会社あてに、個人ごとの金額を通知します。会社では、役所から送られてきた、個人ごとの住民税の金額(住民税決定通知)を、6月から一年間のサイクルで、毎月の給料から控除(天 引き)します。

 

ところが、6月以降に転職した場合、転職先の会社には、その年の住民税の金額について、通知は行かないので…

 

  • 退職時に、12回のうちの残りの分を、最後の給料から、一括で天引きする

または、

  • 自分で、振り込みなどで納める「普通徴収」に切り替わる

ということになるのです。




 

一括?普通徴収?どちらになっている?

 

「転職をしてから、給料明細をよく確認してみたら、住民税が天引きされていない!」退職するときに、給料から一括で引かれている か、普通徴収に切り替わっているか、どちらになっているのでしょう?

 

給料明細で、「諸控除」の住民税の欄を見れば、住民税が引かれているかどうか、何か月分かが、まとめて引かれているかどうかも、わかるのですが…

 

意外と、

 

「普段、住民税の金額をじっくり見たことがないから、もともといくら引かれているか、わか らない。」

 

給料明細をもらった気もするけど、いらないと思って、捨ててしまった。」

 

という人も多いのではないでしょうか。

 

 

実は、退職したときの住民税は、一括で天引きをするか、普通徴収に切り替わるかは、退職した月によって、扱いが決まっています。

 

退職日と住民税の取扱い
退職日 住民税
1/1~4/30 一括で天引き
5/1~5/31 5月分を天引き
6/1~12/31

一括で天引き

普通徴収を選ぶ

 

住民税は、6月から5月までの12回で、天引きされるので、1月から4月までの退職の場合は、5月までの住民税を、一括で天引きします。5月の退職は、5月が最終の月なので、5月のひと月分だけを、天引きします。

 

6月から12月までの退職の場合は、翌年の5月までの分を一括で天引きするか、自分で納める「普通徴収」にするかを、本人に聞いて、処理することになっています。

 

 
スポンサード リンク


 

転職のとき住民税はどうする?

 

転職して、新しい会社で給料をもらって、明細を見てみたら、住民税が引かれていない…

 

その場合には、どうすればいいのでしょうか?

 

1月から5月までの間に退職した場合、5月までの住民税は、退職する最後の給料から、天引き されて、納められています。

 

6月からの住民税は、市町村の役所から、「普通徴収」の納付書が、送られてくるので…

 

  • 納付書の金額を、振り込みなどで納める

または、

  • 転職先の会社に、納付書を提出して、給与 天引きにしてもらうように依頼する

 

のどちらかになります。

 

 

6月以降の退職の場合は、一括で天引きするか、普通徴収にするかを、会社から聞かれるので、 同じように、納付書で納めるか、転職先の会社に頼んで、天引き(特別徴収)にしてもらいます。

 

次の年の住民税は、転職した会社で、その年の 年末調整を受ければ、役所の方に通知が行って、住民税が計算されます。 次の年の住民税の金額は、「住民税決定通知」が転職先の会社あてに送られて、6月から給与天引きが始まるので、特に自分で手続きなどは要りません。

 

天引きと普通徴収で損とか得はある?

 

「会社を退職した後、役所から、住民税の納付書 が送られてきた…」このまま納付書で納めるのと、転職した会社に持っていって、給与天引きにしてもらうのと、 どちらが得とか、違いはあるのでしょうか?

 

答えは…トータルで納める金額、どちらが得か 損か、といった違いはありません

 

 

違いがあるのは、一年間の住民税を納める回数の違いだけです。トータルで納める金額は変わらないので、納める回数が多ければ、1回当たりの金額は少なく、 回数が少なければ、1回当たりの金額が大きく なります。

 

普通徴収は、どこの市町村も同じで、年4回に分けて、住民税を納めます。

 

普通徴収の納期限
1期 6月末日
2期 8月末日
3期 10月末日
4期 翌年1月末日

 

納付方法は

  • 金融機関や役所の窓口で納める
  • コンビニエンスストアで納める
  • 口座引き落とし
  • スマホや携帯で支払うモバイルレジ

などの方法があります。

 

例えば、8月に退職して、普通徴収を選んだ場合には、翌年の5月までの住民税の残りを、10月末までと、翌年1月末までの2回で、納めます。

 

転職先の会社で、通徴収の納付書を提出して、給与天引きにしてもらう場合は、納付書に出ている金額を、翌年の5月までの給与の回数で割った金額で、天引きになります。




 

納め忘れには気をつけよう!

 

転職先の会社で、給与明細を確認してみたら、住民税が天引きされていなかった…。普通徴収に、切り替わっていると思うけれど、役所から「納付書」が送られてこない…。

 

こんな場合には、以前の会社に問い合わせてみるか、連絡しにくければ、市町村の役所に問い合わせてみましょう。

 

会社では、従業員が退職したとき、翌月の10日までに「給与支払に係る給与所得異動届」という書類を、役所に提出します。役所では、「異動届」が提出されると、普通徴収が必要な場合に、「住民税の納付書」を作成します。

 

退職後に、なかなか「住民税の納付書」が送られてこない場合、以前の会社から、この「異動届」の提出が遅れていることが考えられます。

 

また、普通徴収でも、給与天引き(特別徴収)でも、トータルで納める金額に違いはありませんが、どちらかといえば、新しい会社で、給与天引き(特別徴収)にしてもらうことを、お勧めします。

 

それは…

給与天引きの方が、住民税の「納め忘れ」が無いからです。

 

普通徴収は、窓口やコンビニエンスストアなどで納めたり、モバイルレジなど、「自分で」めないといけません。

 

 

しかも、納付書で決められている納期限に遅れると、基本は、「延滞税」がかかることになります。

※納期限に遅れている金額が、2,000円未満の場合や、かかる延滞税の金額が、1,000円未満の場合は、「切り捨て」になり、延滞税はかかりません。

 

普通徴収で、住民税を納めようと思う場合には、
納め忘れがないように、口座引き落としの手続きをすることをおすすめします。

 

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す