子供が就職したら!健康保険の手続きはいつする?どうする?

 

「しまった!忘れてた!!」

「健康保険の手続き、どうするんだっけ!?」

 

この春から、子供が就職することになったのですが、会社で、私の健康保険から、子供の扶養を、はずす手続きを忘れていたのです!

 

気がついたのが、4月も半ばになっていたので、「遅いですよ!」と小言を言われるのでは…と、ドキドキしながら、急いで、手続きの書類を、提出しました。

 

無事に手続きは、終えたのですが…

 

そもそも、健康保険の異動の手続きについて、そのタイミングや方法、注意点、保険料は変わるか?など、気になることがあったので、調べてみることに、しました。

 

 
スポンサード リンク


 

手続きの方法

 

子供が就職することになった時、どのような、手続きをすれば、いいのでしょうか?

 

「異動届」

 

手続きするには、職場で、健康保険の「異動 届」という書類を取り寄せて、必要事項を記入 します。加入している健康保険によって、「異動届」 書式に、多少、違いはありますが、

 

  • 健康保険の番号、記号
  • 被保険者(自分)の氏名、生年月日
  • 被扶養者(子供)の番号
  • 被扶養者(子供)の氏名、生年月日
  • 異動の区分
  • 被扶養者でなくなった日

などの、項目を記入します。

 

 

「異動の区分」「取扱の区分」などの欄にある、「削除」や「取消」が、健康保険から抜ける、項目なので、〇をします。「被扶養者でなくなった日」「事由発生日」、などの欄は、子供が、就職先で健康保険に加入した日を記入します。

 

通常であれば、入社と同時に、健康保険に加入するので、入社日を記入します。もしも、入社と同時でない場合は、健康保険に加入になる日を確認して、「加入する日」を、記入します。

 

必要書類

 

「異動届」を提出する時には、子供の分の健康保険証を、一緒に提出して、返却します。もしも、健康保険証を紛失している場合には、「異動届」と一緒に、保険証の「紛失届」を提出します。

 

国民健康保険の場合

 

市町村役場の「年金保険課」「健康保険課」などの窓口にある、「異動届」に必要事項を記入して、提出します。たいていの役所では、ホームページから、「異動届」をダウンロードできるようになっていて、必要書類をそろえれば、郵送で提出することも、可能です。

 

国民健康保険の場合も、大まかな流れは、健康保険と一緒ですが、必要書類などが、違うので、注意が必要です。

 

 

  • 国民健康保険者証(子供の分)
  • 新しく加入した健康保険証
  • 本人確認ができるもの(マイナンバーカード、免許証など)
  • マイナンバーが確認出来るもの(マイナンバー通知カードなど)
  • 認印

などです。

 

郵送で、手続きをする場合は…

  • 「異動届」
  • 健康保険証のコピー(新しく加入した分)
  • 国民健康保険者証

の3点を、「健康保険課」「年金保険課」などの窓口あてに送ります。




 

いつ手続きすればよいのか?

 

子供が、健康保険の扶養から外れるのは、就職して、新しく、健康保険に加入した日です。「異動届」を提出して、手続きをするのは、 の日以降、で大丈夫です。

 

各健康保険では、「◎△日以内に手続きする」という期限は、はっきりとは出ていませんが、あらたに健康保険に加入したら、早めに済ませましょう。

 

国民健康保険の場合は、「事実が発生した日か ら必ず14日以内」ということで、「会社の健康保険に加入してから、14日以内」に、手続きが、必要です。

 

 
スポンサード リンク


 

健康保険料は安くなるの?

子供が就職して、健康保険の扶養から、外れた場合、毎月の健康保険料は、安くなるのでしょうか?

 

私は、子供の扶養をはずす「異動届」を提出した後、「来月から、少し給料の手取りが、増えるかな~♪」などと、期待していました。

 

しかし…!

翌月の給料、その次の月の給料も、健康保険料は、まったく変わりませんでした…。

 

実は…健康保険は、「被保険者本人に、かかっているもの」なので、被扶養者(子供)が、扶養から、はずれても、保険料は変わらないのです。

 

 

国民健康保険の場合は、その世帯ごとに、加入する人の年齢や、所得で、保険料が計算されているので、子供がはずれれば、保険料は安くな ります。

 

万が一、忘れていて、手続きが遅くなった場合、「異動届」を提出すれば、健康保険に加入した後も払っていた、国民健康保険の保険料は、戻ってきます。




 

注意することは?

 

子供が就職して、健康保険の扶養から、はずす手続きをする、「切り替え」の時期に、注意しなければいけないことが、ひとつあります!

 

それは…!病院や薬局に行くときに、間違えて、それまで使っていた、健康保険証を、使ってしまうことです。

 

会社に入社して、すでに健康保険へ加入していても、健康保険証が出来あがっていないことが、あります。そんなときに、「知らずに」または「うっかり」、前の保険証を使わないように、本人に、話しておくようにしましょう。

 

「異動届」を提出していなくても、すでに、就職した会社で、あらたに健康保険に加入していると、それまで入っていた健康保険を使うことはできないからです。

 

 

間違って使った場合…

すぐにわかった場合は、あらたに健康保険に、加入していることを、連絡すれば、対応してもらえる場合もあります。

が…、

病院や薬局の事務処理に、間に合わない場合は、健康保険や国民健康保険から、病院などに支払われた「医療費の7割分」を、自分で立て替えて、返すことになります。

 

その「7割分」を振り込むと、領収書が発行されますが、その領収書を、新しく加入した健康保険に提出して、「7割分」が戻ってきます。

 

診療の内容によっては、いったん自分で支払う、「7割分」の金額も大きくなるので、保険証を、間違って使わないように、注意しましょう。

 




 

手続きを忘れていることに気がついたら…

 

いざ、子供が就職することになると、本人だけでなく、家族も、新生活の準備や、年度替わりの時期で、バタバタしたり、意外と忙しいものです。

 

家族も、健康保険の扶養をはずす、手続きを忘れていて、子供が就職してから、ひと月以上たって、慌てて、手続きすることも、少なくありません。

 

 

もしも、健康保険の被扶養者から、はずす手続を、していないことに気がついたら…

  • 保険証を失くさず、持っているか、確認する
  • 就職先の健康保険に加入した後(就職後)に、今までの保険証を使っていないか、確認
  • もし、使っていた場合は、健康保険(組合)に、連絡をして、精算の方法などを聞く
  • 古い保険証を使った病院や、薬局にも連絡をする
  • 同時に、手続用紙(紛失の場合は紛失届も)取り寄せて、手続きをする

ようにしましょう。

 

私の職場では、定期的に、「医療費のおしらせ」が、個人あてに、配布されます。手続きをした後から、気がついたのですが、その「医療費のお知らせ」には、「退職や扶養でなくなってからも、引き続き保険証を使ってしまうと…」と注意書きが出ていたのです。

 

 

ふだん、こういう配布物は、自分には、あまり関係ないと思って、目を通すことなく、捨ててしまっていました。

 

「診療費の7割分」の立て替えてなど、自分のお金に関係することなので、健康保険などの、福利厚生に関係するものには、必ず、目を通すようにすることをお勧めします。

 

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す