地震への備え!あると便利な日用品!用意しておきたいものは?

 

地震への備え…すべて市販の防災グッズで、備えようとしていませんか?

 

何から何まで買ってそろえなくても、いざというときには、普段何気なく使っている日用品が、とても便利な防災グッズとして役に立つんです。

 

大地震が起きて自宅が被災してしまい、しばらくの間、避難生活を送ることになった…

かろうじて倒壊は免れたけれど、ライフランが止まってしまっている中、自宅で復旧を待ちながら生活する…

 

そのような場合、支援物資が行きわたりライフラインが復旧するまでには、ある程度の時間がかかります。

 

その間、不足している必需品の代わりとして、普段身近にある日用品をうまく使い避難生活を乗り切りましょう!

 

いざ、地震などの大災害が起きてから困らないために、事前に読んで知っておけばに立つものばかりです。

 

そんな、災害時にあると困らない、便利な日用品と使い道について紹介したいと思います。

 

 
スポンサード リンク


 

ふだん、家の中にあるもの

 

大地震などの災害のあと生活物資が乏しく、ライフラインが止まっている中で、実は身近にけっこう役に立つ日用品があります。

 

それは…

  • 段ボール
  • 新聞紙
  • ゴミ袋
  • ラップ
  • ガムテープ(布)
  • エアキャップ

などです。

 

普段何気なく使っていたり、ゴミとして捨てていたりするものばかりで、特別なものはありません。

 

何ひとつ特別なものはありませんが、いざというときに使い方を知ってさえいれば、命を守ってくれたり健康状態の維持に役立つものです。

 

非常用持ち出し袋には体調維持のための備えを!

 

ポリタンク、バケツの代わりに

 

段ボールの中にゴミ袋などの大きいポリ袋を敷けば、ポリタンクやバケツの代わりとして、給水所から水を運んだり貯めておくのに使えます。

NHK 備える防災「水を運ぶ工夫」

 

この時に、出来れば厚手の「ダブル」と呼ばれる段ボールと、ガムテープがあると便利です。

 

水を入れて運ぶときに底が抜けてしまったり、破れるのを防ぐためです。

 

段ボール ダブル

全国段ボール工業組合連合会HPより

 

「ダブル」の段ボールは家電や青果、引越しなどで使われることが多く、二層の張り合わなので、通販などの箱に比べて強度があります。

 

「ダブル」の段ボールを見かけたら、捨てずに取っておくと良いでしょう。

 

箱の底が抜けないようにテープで補強をすると安心ですが、この補強用のテープは、紙のガムテープより、布製のテープを備えておくことをお勧めします。

 

布テープのほうが接着力が高く、接着面が多少汚れていてもよく付きますし、少し力が加わった程度では切れにくいからです。




 

簡易トイレの代わりに

 

ダンボールの中にゴミ袋を敷いて、新聞紙を丸めたものを袋に詰めると、簡易トイレの代わりとして使えます。

 

下水道はインフラの中でも一番復旧に時間がかかり、東日本大震災で3か月、液状化がひどかった地域ではもっとかかっています。

 

外に設置された簡易トイレは混み合ったり、汚れや詰まりがひどく、トイレに行くのを我慢しがちで、体調を崩した人が少なくありませんでした。

 

洋式トイレであれば、段ボールではなく便器に直接袋を敷いて、新聞紙を詰めて使うこともできます。

 

動画:災害時に役立つ知恵袋~段ボールトイレ/神奈川新聞(カナロコ)

 

何回か使用した後は袋の口をしばり、後にゴミとして処分します。

 

このときニオイの問題を少なくするために、消臭スプレーを備えておくと困りません。

 

また最近は家庭ごみの有料化によって、半透明のゴミ袋を使う自治体が増えていますが、中身が気になって嫌だという場合に備えて、黒のゴミ袋を準備しておくとよいと思います。

 

防寒着、雨具の代わりに

 

真冬の季節に電気もガスもない中では、寒さによって体力を奪われてしまいます。

 

防寒着が十分にない場合は、新聞紙、ゴミ袋に、首を通す穴をあけてかぶると、防寒着のかわりになります。

 

防災みやざき「新聞紙でつくる防災グッズ 防寒着」

 

ゴミ袋がない場合は新聞紙を何枚かかぶって、その上からラップを巻いても体温を保つことができます。

 

またゴミ袋は雨の中、屋外で救助を待つ状況になった場合などに、レインウェア(雨合羽)代わりになります。

 

 
スポンサード リンク


 

新聞紙とラップで食器の代わりに

 

家にある食器などがすべて割れてしまったとか、持ち出したものの中に、食器になるものがないという場合には、新聞紙とラップ食器の代わりになります。

 

コップや皿にする折り方を覚えておき、あとは使うごとに中にラップをしいて食器にします。

 

新聞紙の代わりに、曲げやすい薄手の段ボールとガムテープで食器をつくることもできますし、ラップの代わりにビニール袋やアルミホイルも使えます。

 

防災みやざき「新聞紙でつくる防災グッズ 皿」

 

また食器がある場合に、使うごとにラップを敷いて使えば食器を洗う必要がなく、水が自由に使えない場合に便利です。

 

家庭用のラップは20mか50mのものが多いのですが、我が家では災害時に使うことを考えて100mのものを3本備えています。

 

100メートルのラップは、ホームセンターで1本300円前後で販売されています。

 

避難に備えて枕元に置いておくのに最適な靴とは?

 

段ボールとエアキャップで防寒、防雨

 

建物の倒壊は免れたけれど、窓ガラスが破損ていて、寒気や雨が吹き込んでひどい…。

 

本来はブルーシートがあれば、屋根の破損まで含めて対応できますが、ない場合には段ボールとエアキャップで、ある程度代用できます。

 

破損の大きさにもよりますが、割れた場所にダンボールとエアキャップ(通称「プチプチ」)を布テープで貼りつけて、応急の修理をします。

 

acaircap

 

他にも、段ボール2~3枚の間にエアキャップや新聞紙を敷けば、マットレスの代わりなります。

 

ダンボールをつなぎ合わせて囲いのように立てれば、避難所でのパーテーションとしても使えます。




 

場所を決めて準備、使い方を練習

 

新聞紙、段ボール…ふだん身近にあるものばかりですが、ちょうど資源ゴミの日に捨てたばっかり…。

 

先週ラップを切らしたけれど、買い置きまったく無い…。

 

また家の中にはあっても、置き場所がバラバラで、家具が倒れたり物が散乱していて取りにいけない…。

 

使い方を知っていても、こういう状況だと、ざというときの備えにはなりません。

 

そこで、段ボールや新聞紙は資源ゴミで出す分とは別にして貯めて、ラップや布テープ、ゴミ袋なども普段使うものとは分けて、防災用に買い置きしておくとよいでしょう。

 

また「あると便利」と知っているだけでなく、実際に一度使い方や作り方を練習しておと、いざというときに困りません。

 

防寒着、レインウェアやパーテーションなどは、必要な量を知っておく意味でも、1回やっておくと良いと思います。

 

食器については折り方、作り方を実際に知っておいたほうが、戸惑うことがないと思います。

 

子供さんがいる家庭では、実際に練習することで、防災への意識づけや、家庭で大災害について話をする大事な機会になります。

 

東日本大震災以降、各地で大地震の確率が高まっています。自分自身や、大切な家族を守るためにも、気づいたときに防災への備えをするようにしましょう。

 

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す