確定申告の医療費控除!過去の分は申告できる?何年前まで可能?

 

3年前のものでも、申告できるでしょ??
 早くゴミ箱から、拾いなさいよ!』

 

昨年の年末のことです。大掃除の最中に、
思いっきり、妻から、怒られました…。

 

3年前の病院の領収書が、出てきたのですが、
もう、確定申告はできないと思い、丸めて、
捨てたところを、見られていたのです…。

 

『えッ?そうなの?』

 

知りませんでした…。

 

医療費控除が、3年前の分でも、申告できる、
とは…。

 

すごい勢いで、怒られたので、さっさと申告の、
準備をしないと、また、怒られると思い、
確定申告で、過去の分の、医療費控除を受ける、
場合について、調べてみました。

 

 
スポンサード リンク


 

過去の医療費は何年前まで申告できる?

 

失くした、捨てた、と思っていた、以前に、
病院でもらった領収書が、出てきた!!

 

そういう場合に、医療費控除を受けるとしたら、
何年前の分まで、申告することが、出来るので
しょうか?

 

aciryou2

 

会社員など、給与所得の対象の人は、医療費
控除の申告は、「還付申告」という、手続きに、
なります。

 

「還付申告」
翌年1月1日から、5年間、申告が可能

 

事業所得など給与所得以外の人は、「更正の
請求」、という手続きになります。

 

「更正の請求」
申告期限(翌年3月15日)から、5年以内

 

 

平成28年に、医療費控除を、確定申告する場合、
平成23年から、平成27年の5年間に、支払った分
が、対象になります。

 

過去の分はいつまでに提出するの?

 

給与所得の人は、医療費を支払った年の、翌年、
1月1日から、申告できますので、土日、祝日、
年末年始などの、税務署の閉庁日を除けば、
いつでも、提出できます。

 

給与所得以外の人は、去年の医療費控除に、
ついては、2月中旬から、3月中旬の、通常の、
確定申告と、一緒に提出します。

 

すでに、確定申告を済ませた年の、医療費控除
は、「更正の請求」になるので、通常の確定
申告の時期に関係なく、閉庁日を除いて、
いつでも申告できます。

 

過去の医療費控除を、申告する場合に、5年前
の支払いの分は、給与所得の人と、給与所得
以外の人とで、提出できる期限が、違うので、
注意が必要です。

 

平成24年に支払った医療費の申告期限
給与所得の人

平成29年1月1日

から

12月31日まで

給与所得以外の人

平成29年3月15日

まで

 

aciryou

 

提出期限ですが、

  • 税務署の開庁日に窓口に提出
  • 期限内であれば、郵便の消印があれば有効
  • 閉庁日でも、期限内であれば、税務署にある、
     「夜間文書収受箱」に投函すれば、有効

です。

 

過去の分を合算できる?

 

しまい込んで、どこへやったか、わからなかった、
医療費の領収書が、見つかった!

 

確か、医療費控除は、10万円超(所得が200万円
未満の人は、所得の5%超)が、控除の対象に、
なるはず…。

 

出てきた領収書は、3年前の医療費が9万円、
2年前の医療費が8万円で、合わせれば、10万円
(所得が200万円未満の人は、所得の5%)を、
超えているから、大丈夫…?

 

こんな場合は、医療費控除を、申告することが、
出来るでしょうか?

 

残念ながら、何年間かの分を、合算して、
医療費控除を受けることは、できません。

 

医療費控除として、申告できるのは、あくまでも、
それぞれ、1年間の医療費が、10万円以上(または
5%)を、超えた分についてで、その金額に、
満たない場合は、控除の対象には、なりません。

 

 
スポンサード リンク


 

医療費控除の申告に必要な書類は?

 

過去の分の医療費控除について、
まとめてみると…

  • 過去5年までの分が、申告できる
  • 5年前の分は、給与所得の人と、
    それ以外の人では、提出の期限が
    違うので注意!
  • 数年分を合算して、申告はできない
    あくまでも、それぞれの年で10万円超
    (所得200万円未満の人は5%超)

でした。

 

以上の点に、間違いがなく、領収書が、
そろい、医療費控除を申告できる、金額の、
基準をクリアしていれば、いよいよ申告
です。

 

確定申告の用紙(申告書)は、税務署でもらえ
ますが、国税庁のホームページからも、ダウン
ロード、できるように、なっています。

 

sinkokusyo

 

申告書は、「平成何年分」の申告なのか、記入
するように、なっているので、医療費を支払った、
を書き入れます。

 

そして、医療費の支払先が、多い場合、また、
医療費控除の金額が高額な、場合は、「医療費の
明細書」
を記入して、申告書と一緒に提出します。

 

この「医療費の明細書」も、税務署でもらう、
国税庁のホームページから、ダウンロードする、
どちらも可能です。

 

iryouhimeisai

税務署でもらえる「医療費の明細書」は、封筒に、
なっているので、そのまま、領収書を入れる、
ことができて、便利です。

 

また、サラリーマンなど、給与所得の人は、
医療費控除を受ける年の、源泉徴収票も、
忘れずに、用意しておきましょう。

 

医療費関係の領収書は大事に!

 

確定申告で、医療費控除を、申告するのを、
忘れていたとしても、5年以内なら、後からでも、
申告できるので、時間的に猶予があります。

 

そして、万が一、領収書が見当たらない…と、
いうような場合には、その病院や薬局で、
「年間領収書」などの書類を、発行してもらい、
申告をする方法が、あります。

 

医療費控除の領収書を紛失した場合は、こちらの記事へ

 

でも、やはり、病院、薬局の領収書、市販薬の
レシートなどは、毎年、大事に保管しておく

ようにするのが、一番です!

 

私は、年末の出来事があってから、書類ケースを、
用意して、医療費の関係の、領収書、レシートは、
そこに、保管しておくことにしました。

 

領収書がそろっていれば、郵送で確定申告を、
済ますことも、出来ます。

 

また直接、税務署に行く場合でも、領収書が、
そろっていれば、説明や、申告できるかどうか、
などのやり取りがないので、その分、提出も、
スムーズに済みます。

 

早く提出できれば、その分、還付金も早く、
受け取ることが、できます。

 

そして、何より、妻から、小言を言われて、
怒られないで、済むので、安心です(笑)。

 

 
スポンサード リンク


 

コメントを残す