男性の更年期障害!症状の改善には運動が効く!?

 

『若いころは、もっと踏ん張りが、きいたのに、
最近、すぐに疲れてしまって、バテバテ…。』

 

栄養ドリンクや、総合ビタミン剤を試してみる、
けれど、あまり、効果が実感できない…。

 

原因がわからず、モヤモヤしていた頃に、
たまたま開かれた、同窓会で、ある先輩から、
「俺と症状が似ているな。」と言われました。

 

その先輩は、「男性の更年期障害(LOH症候群)」
で、治療を受けている、とのことでした。

 

その治療とは、泌尿器科で、男性ホルモンの、
注射をしてもらったり、漢方薬を処方してもらう、
などの方法だそうです。

 

そして、病院では治療だけでなく、合わせて、
生活習慣の見直しをするように、言われて、
実践しているそうです。

 

私は、症状がすこしでも軽くなるなら、と思い、
昔話もそこそこに、先輩から、生活習慣の
見直しについて、根掘り葉掘り聞いて
みました。

 

そして、生活習慣の改善として、『やった
ほうが、いいよ』と言われたことの、
ひとつが、『運動』です。

 

 
スポンサード リンク

 

運動は更年期障害に効果アリ

 

男性の更年期障害は、男性ホルモンである、
「テストステロン」の分泌量が減少して、
いろいろな症状が現われます。

 

更年期障害の症状の改善に、効果がある、
のが、「適度な運動」をすることです。

 

ウォーキングなどの有酸素運動も、筋トレなどの、
無酸素運動も、運動によって、テストステロンの
値を上昇させることが、知られています。

 

また、運動不足になると、内臓脂肪がたまり
ますが、内臓脂肪が多い状態は、テストステロン
の値が、減少する原因になります。

 

内臓脂肪と男性ホルモン「テストステロン」は、
シーソーの関係にあります。

000920

 

生活習慣を改善して、運動するようになって、
内臓脂肪が減ってくると、テストステロンの、
値が上昇してくるからです。

 

病院で、男性ホルモンを補充する治療を、
受けていても、運動不足がちであることが、
治療の効果を半減させてしまいかねません。

 

症状を、早く少しでも、改善するためにも、
生活の中に、運動する習慣を取り入れましょう。

 

おすすめの運動は?

 

運動をする、といっても、人によって得意、
不得意がある、と思います。

 

また、短期的にやったから、効果がすぐ出る、
というものではなく、習慣にして、続けることが、
大事です。

 

手軽にできて、続けやすく、更年期障害に、
効果のある運動としては、無酸素運動よりも、
ウォーキングなどの「有酸素運動」をお勧め
します。

 

その理由として、激しい運動をたまに行うよりも、
短時間でも継続して、体を動かすほうが効果が、
あるからです。

 

また、ウォーキング、水泳などの有酸素運動は、
呼吸を深くするので、血液循環も良くなり、
更年期障害の症状を、改善してくれます。

 

激しい運動は、ストレスが高くなって、ホルモン
の分泌を、減らしてしまい、逆効果になるので、
症状の改善には向いていません。

 

軽めの運動でも、やりすぎると、同じように、
ストレスが高くなるので、注意が必要です。

 

「運動が良いのは、わかるけど、忙しくて…」

「ウォーキングをやったけど、続かなかった」

 

そんな人への、お勧めは、ラジオ体操です。
わずか数分ですが、体への負担も少なく、
室内でできるので、続けやすいでしょう。

「ラジオ体操」に関する記事はこちら

 
スポンサード リンク

 

運動は睡眠にも効果アリ

 

男性ホルモン「テストステロン」の数値は、
朝に高く、夕方にかけて低くなります。

 

減ったテストステロンは、夜間、寝ている間に、
分泌されて、朝には回復した状態になります。

 

そのため、「質の良い睡眠」「十分に睡眠を
とる」ことが、大事になります。

 

寝る前に、ウォーキングなどの軽めの運動を、
することで、体を適度に疲れさせることになり、
眠りやすくなります。

プリント

 

また、ウォーキングなどの、リズミカルな、
有酸素運動は、セロトニンというホルモンの、
分泌を高めてくれます。

 

セロトニンは、睡眠を誘導するメラトニン
という、ホルモンのもとになっています。


運動によって、セロトニンの分泌が増えれば、
質の良い睡眠に、つながることになります。

 

運動によってストレスを減らす

 

ストレスが高まると、自律神経のバランスが、
くずれた状態になります。

 

自律神経のアンバランスな状態は、交感神経を、
優位にさせて、心血管や胃腸の調子を悪くして、
更年期障害の症状を悪化させます。

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

適度で、リズミカルな有酸素運動をすることで、
セロトニンが分泌されますが、セロトニンは、
自律神経をコントロールする、働きがあります。

 

セロトニンの分泌が、減ると、ストレスが
増えて、男性ホルモン「テストステロン」の、
分泌が減ります。

 

運動によって、セロトニンの分泌が増えると、
ストレスが減って、「テストステロン」の、
分泌が高まり、更年期障害の症状の、改善に、
つながります。

 

運動をして良いサイクルを

 

このように、有酸素運動を続けることによって、
男性の更年期障害の症状が、改善されて、
きます。

 

そして、運動の効果だけではなく、質の良い、
睡眠がとれたり、ストレスが減ることでも、
症状が改善されるので、メリットは「大」です。

 

面倒くさがりで、運動が好きではない、私ですが、
仕事が休みの日を中心に、朝早く起き、近くの
森林公園で、ウォーキングを始めてみました。

124779

 

夜には、自然と眠くなって、早めに寝るように、
なり、熟睡できるので、慢性的な疲労感も、
少なくなってきました。

 

少しずつでも、症状が軽くなった感じがすると、
気持ちも楽になり、良いサイクルに入ってきた
と実感しています。

 

すでに更年期障害の治療を、受けている人は、
もちろん、治療は受けていないけれど、男性の
更年期障害の症状に悩んでいる、という人は、
意識して『運動』することをお勧めします。

 

 
スポンサード リンク

 

コメントを残す