秋が旬の食材!残暑疲れの体に効くものは?

 

9月と言えば、暦の上ではすっかりですね。

 

9月の行事や暦を思い出してみると…
十五夜(中秋の名月)、秋のお彼岸、秋分の日。

 

二十四節季では、
いよいよ秋も本格的となり、野草に白露が
宿りはじめる頃『白露(はくろ)』も、9月です。

 

しかし…近年の9月はまだまだ『夏』

 

平成25年(2013年)の最高気温30℃以上の日、
いわゆる“真夏日”
東京で8日、名古屋17日、大阪15日!!
ですから。

 

このままだと、地球温暖化の影響はますます強くなって、
日本の四季から『秋』がなくなってしまうんじゃないか?
なんて思ってしまいますね。

 
スポンサード リンク



 

秋の旬の食材といえば…

 

秋の旬の食材というと何を思い浮かべますか?
さんま、松茸、茄子、さつまいも、栗、かぼちゃ、
果物もありますね~、ぶどう、柿、梨…。

 

まさに食欲の秋、美味しいものばかりです。

 

aki

 

意外と思わるかもしれませんが、
秋の旬の食材に“菊”があるって、知ってました?

 

料理で使われる食材で“菊”というと、
刺身のつまなどに添えられる“つま菊”は、
よく目にしますよね。

 

でも、実は“つま菊”以外にも、
山形産の『もってのほか』や、新潟産の『かきのもと』など
食材として“食べる菊”があるんです。

 

そして菊は暦の上でも、
秋にとても関係がある食材なんです。

 

“菊の節句”って何?

 

9月に、“菊の節句”があるの知ってました?
桃の節句、端午の節句なら知っているけれど、
菊の節句って何?と思われる方も多いでしょう。

 

陰陽思想の陽の数である“9”が重なることから、
9月9日は重陽と呼ばれ、縁起の良い日とされ、
古代中国では、菊の香りを映した菊酒を飲んで、
邪気を払い長命を願う風習がありました。

 

古代中国で、延命長寿の花とされた“菊”を用いて
長寿を祈る重陽の節句は、
別名を“菊の節句”と呼ばれています。

 

江戸時代まで重陽の節句には、
庶民の間でもいろいろな行事が
行われてきたのです。

 

明治時代以降、旧暦から新暦に変わり、
菊が盛んに咲く季節がずれてしまったこともあって、
重陽の節句はなじみが薄くなってしまいましたが、
菊はまさに秋が旬なんですね。

 
スポンサード リンク



 

菊を使った料理で秋を感じる

 

よく『旬のものが体に良い』といわれます。

 

例えば秋の旬の食材だと、
サンマには胃腸を温め、疲労を取り除く効果、
茄子には体の熱を冷ましたり、血流を良くする効果が
あるといわれています。

 

旬のものを食べることで、
ミネラルやビタミンなどの栄養素を
上手に取り入れる。

 

そして、四季にあわせて体のバランスを整え
健康を保つ…
そんな先人の知恵が、つまっていたんです。

 

食用菊の『もってのほか』、『かきのもと』などは
10月からが収穫時期になります。

 

黄菊などの品種は、ハウス栽培なので
年間を通して出荷されています。

 

Pink Chrysanthemum

 

菊を使った、目にも鮮やかな菊ちらし(寿司)
菊のお浸し菊の酢の物などをメニューに取り入れて
みてはいかがでしょうか?

 

9月というと、まだまだ
冷たいビールが恋しい季節ですが、
冷酒に菊の花びらを浮かべて“菊酒”
いただく…

 

なんとも、涼しげで風情がありますね。

 

“菊”は、ビタミンやミネラルが比較的多く、
解毒効果やアンチエイジング効果があるので、
暑さで疲れた体には“効く”ようです。

 

秋の旬の食材をうまく取り入れて、
夏バテ気味の体を上手にケアしたいですね。

 

そして昔の風習、習わし、由来を知り、
普段の生活に上手に取り入れて、
季節感を味わってみませんか?

 
スポンサード リンク



 

コメントを残す